佐渡島庸平(コルク代表)

コルク代表・佐渡島のnoteアカウントです。noteマガジン『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』、noteサークル『コルク佐渡島の文学を語ろう』をやってます。編集者・経営者として感じる日々の気づきや、文学作品の味わい方などを記事にしています。

メンバーシップに参加

コルク代表の佐渡島庸平が主催する文学サークルです。文学はひとりで楽しむより、仲間と楽しんだほうが、確実に味わいが深くなります。ここでは、古今東西の作品を題材に文学の嗜み方を語っていきます。月に1回、読書会も実施!文学を楽しもう!

「文学を語ろう!」サークル会員

¥3,500 / 月
  • 活動期間に応じたバッジを表示
  • メンバー限定掲示板を閲覧できます
  • 月1開催の「佐渡島と文学を語らう読書会」へ参加(都内・人数制限あり)
  • 「佐渡島と文学を語らう読書会」の内容を動画で閲覧可能
  • サークルの掲示板に参加可能

佐渡島庸平(コルク代表)

コルク代表・佐渡島のnoteアカウントです。noteマガジン『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』、noteサークル『コルク佐渡島の文学を語ろう』をやってます。編集者・経営者として感じる日々の気づきや、文学作品の味わい方などを記事にしています。

メンバーシップに加入する

コルク代表の佐渡島庸平が主催する文学サークルです。文学はひとりで楽しむより、仲間と楽しんだほうが、確実に味わいが深くなります。ここでは、古今東西の作品を題材に文学の嗜み方を語っていきます。月に1回、読書会も実施!文学を楽しもう!

  • 「文学を語ろう!」サークル会員

    ¥3,500 / 月

    コルク佐渡島の「文学を語ろう!」のサークル会員です!月に1回の読書会への参加。また、限定掲示板へ参加できます。

    • 活動期間に応じたバッジを表示
    • メンバー限定掲示板を閲覧できます
    • 月1開催の「佐渡島と文学を語らう読書会」へ参加(都内・人数制限あり)
    • 「佐渡島と文学を語らう読書会」の内容を動画で閲覧可能
    • サークルの掲示板に参加可能

マガジン

  • コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』

    『宇宙兄弟』『ドラゴン桜』などのマンガ・小説の編集者でありながら、ベンチャー起業の経営者でもあり、3人の息子の父親でもあるコルク代表・佐渡島庸平の思考を「おすそ分け」していくマガジンです。表では書きづらい個人的な話を含め、日々の日記、マンガや小説の編集の裏側、ここだけの対談レポート記事などを公開していきます。 詳しくは:https://www.sady-editor.com/n/ncaf941f64a0d

  • 東京マンガレビュアーズ厳選おすすめ漫画レビュー

    • 28本

    東京マンガレビュアーズの三桁を超えるレビューの中でも、面白い!これは売れた!など、特徴的なレビューを編集部で厳選してまとめていきます。ぜひご覧ください。

  • 水曜のマンガ道【サディ×しーげる マンガ編集者談議】

    • 4本

    毎週水曜日、夜22時からyoutubeで生配信中!マンガ家さんやマンガ家を目指す方のための番組「水曜のマンガ道」。その中でも毎月第1週目に行われているマンガ編集者佐渡島庸平さん×鈴木重毅さんの対談を、MCであるなっちゃんが気まぐれに記事化しています。

  • 病みを聞いてくれ

    • 3本

    市原が佐渡島さんに医療情報発信についてのあれこれを送り付けて読んでもらうためのマガジンです。

  • コルク佐渡島氏が考える「価値」

    • 8本

    NVICが京都大学経済学部において、開設している寄附講義「企業価値創造と評価」。2019年度6月に行われた、株式会社コルク代表取締役の佐渡島庸平氏による「コルクの企業精神と役割」と題した講義の様子に、講義を聴いたNVIC奥野からの佐渡島さんへの手紙、そして佐渡島さんからの返信を加えた特別編集版をマガジンにまとめお伝えします。

ウィジェット

  • 商品画像

    観察力の鍛え方 一流のクリエイターは世界をどう見ているのか (SB新書)

    佐渡島庸平
  • 商品画像

    WE ARE LONELY, BUT NOT ALONE. 〜現代の孤独と持続可能な経済圏としてのコミュニティ〜 (NewsPicks Book)

    佐渡島 庸平
  • 商品画像

    ぼくらの仮説が世界をつくる

    佐渡島 庸平
  • 商品画像

    居心地の1丁目1番地 〜それが分かると人生は少し自由になる

    コルクラボ
    • コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』

    • 東京マンガレビュアーズ厳選おすすめ漫画レビュー

      • 28本
    • 水曜のマンガ道【サディ×しーげる マンガ編集者談議】

      • 4本
    • 病みを聞いてくれ

      • 3本
    • コルク佐渡島氏が考える「価値」

      • 8本
  • 商品画像

    観察力の鍛え方 一流のクリエイターは世界をどう見ているのか (SB新書)

    佐渡島庸平
  • 商品画像

    WE ARE LONELY, BUT NOT ALONE. 〜現代の孤独と持続可能な経済圏としてのコミュニティ〜 (NewsPicks Book)

    佐渡島 庸平
  • 商品画像

    ぼくらの仮説が世界をつくる

    佐渡島 庸平
  • 商品画像

    居心地の1丁目1番地 〜それが分かると人生は少し自由になる

    コルクラボ

最近の記事

固定された記事

はじめましての人へ。 noteマガジン『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』のお品書き

こんにちは、コルク代表の佐渡島庸平です。 はじめましての方へ、簡単な自己紹介から。 僕は2002年に講談社に入社し、週刊モーニング編集部にて、『バガボンド』『ドラゴン桜』『働きマン』『宇宙兄弟』などのマンガや、伊坂幸太郎さんの『モダンタイムス』、平野啓一郎さんの『空白を満たしなさい』などの編集を担当した後、講談社を退社し、2012年にクリエイターのクリエーター・エージェンシー『コルク』を創業しました。 コルクには、様々なクリエーターが所属しています。小山宙哉さん、三田紀

スキ
387
    • 「若いうちは、量をこなすべき」は本当か?

      仕事において「若いうちは、量をこなすべき」とよく言われる。 量が質に転換するからだ。多くの仕事をこなして経験を積んでいけば、自然と仕事の質が上がっていく。質を上げようとじっくりやっていても、再現性は身につかない。だから、「若い時の苦労は、買ってでもせよ」とも言われるのだろう。 ぼく自身、この考え方に同意してきた。コルクの行動指針のひとつに「やりすぎる」があるが、これもまずは量をやりすぎることをイメージしてきた。量をやりすぎるなかで、質をやりすぎるようになっていく。社員にそ

      スキ
      223
      • 「学校どうだった?」と、子どもに聞いてはいけない理由

        問いを相手に投げかけることで、思考の整理を助け、自分で気づきを得るための鏡となる。それが、ぼくが編集者として目指している姿だ。 問いを投げかけるうえで重要なのは、タイミングだ。その問いを相手が受け入れる準備ができていない時に、問いを投げかけても、思考の整理は進まない。場合によっては、「なぜ、そんな質問を投げかけてくるんだろう」と反発を生む可能性すらある。 じっくりと相手を観察し、自分のペースではなく、相手のペースにあわせる。問いを投げかけるのが上手い人は、タイミングの見極

        スキ
        123
        • アイデアを生みだす組織に必要な土台

          どうやったら、いいアイデアを生み出し続ける組織になるか。会社を経営するうえで、常に考え続けている「問い」だ。 先日、知り合いの経営者からこんな話を聞いた。いいアイデアを企画する社員の特徴を調べてみたところ、産休や育休から復帰したばかりの人たちから、いいアイデアが生まれている傾向が判明したそうだ。 産休や育休によって、新しい環境に身を置いたことで、視点が変わる。それによってアイデアが生まれるのだろう。色々と試行錯誤をしながら実行している人事施策や研修より、会社と全く関係のな

          スキ
          56

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』
          佐渡島庸平(コルク代表) 他
          ¥800 / 月
        • 東京マンガレビュアーズ厳選おすすめ漫画レビュー
          東京マンガレビュアーズ 他
        • 水曜のマンガ道【サディ×しーげる マンガ編集者談議】
          なっちゃん(コニシナツコ) 他
        • 病みを聞いてくれ
          Shin Ichihara/Dr. Yandel 他
        • コルク佐渡島氏が考える「価値」
          【NVIC】農林中金バリューインベストメンツ 他

        メンバーシップ

        投稿をすべて見る すべて見る
        • 文学サークルの歩き方

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 【読書会】10月3日(月)19時半~『ある男』平野啓一郎

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 【読書会:初の漫画回!】11月7日『あすなろ坂』里中満智子

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 【動画】「ある男」を楽しむ3つのポイント

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 【動画】文学作品にできることとは?(『ある男』読書会に向けて)

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 【動画】『あちらにいる鬼』読書会の振り返り

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 【12日16時〜16時半】『ある男』事前動画をサークル内公開収録します!遊びに来てね!

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 【読書会】9月5日(月)19時半~『あちらにいる鬼』 井上荒野

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 文学サークルの歩き方

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 【読書会】10月3日(月)19時半~『ある男』平野啓一郎

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 【読書会:初の漫画回!】11月7日『あすなろ坂』里中満智子

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 【動画】「ある男」を楽しむ3つのポイント

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 【動画】文学作品にできることとは?(『ある男』読書会に向けて)

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 【動画】『あちらにいる鬼』読書会の振り返り

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 【12日16時〜16時半】『ある男』事前動画をサークル内公開収録します!遊びに来てね!

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 【読書会】9月5日(月)19時半~『あちらにいる鬼』 井上荒野

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          「見守る」とは、自分がいなくなった時の準備

          期待を手放し、相手を信頼し、ただただ見守る。子育てにおいても、経営においても、「見守る」を徹底していきたいと心がけている。 先々月、『強要された我慢で、人は育たない。 叱るをどう手放すか』というタイトルのnoteを書いたが、「叱る」という行為は「見守る」の真逆をいく行為だ。他人から強要されたことで、人は育たない。相手のためを思って叱ったとしても、多くの場合は自己満足の域を出ない。 結果を求めてもダメだし、焦ってもダメだし、怒ってもダメ。どうやって「見守る」を実践していくか

          スキ
          101

          「他人は自分を映す鏡」の意味について再考

          ぼくが20代後半の頃、とある尊敬するマンガ家から「他人とは、自分を映す鏡でしかないから。みんな、ぼくをみて、アドバイスしてくれてるわけじゃない。ぼくという鏡に映った自分をみて意見を言ってる。」と言われた。 当時のぼくは、その意味するところがうまく理解できなかったのだが、その言葉は胸にずっと残り続けていた。「他人は自分を映す鏡」という言葉の意味は、それ以来何度も考えるようになった。 例えば、「あの人はいつも無愛想だ」と思ったとする。でも、それは自分が相手に無愛想に接している

          スキ
          112

          自分に自信を持つために、考えるべき問い

          ぼくは他人から「自信があるように見える」とよく言われる。「どうやったら、そんな風に振る舞えるのか?」と聞かれることも。 「自分ならできる!きっと成功する!」といった具合に、自分を信じているわけでもない。成功すると信じれている状態が、自信がある状態だとするならば、なぜ周りからは自信があると思われるのか。 以前に投稿した『人生の推進力は、勇気ではなく、わかったつもり』というnoteにも書いたが、根拠なき自信は何かに挑戦する際の原動力になる。わかったつもりになって、自信満々に踏

          スキ
          238

          二次創作がもたらす、滑らかな成長

          先日、コミックマーケットが開催された。今回で100回目の開催を迎えるコミケだが、世間一般のニュースでも報じられるようになり、今や夏の風物詩と化しつつある。 コミケといえば「二次創作」の販売だが、二次創作の世界で定期的に話題となるのが「著作権」に関する問題だ。基本的に、コミケなどの同人誌即売会で販売されている二次創作物のほとんどは無許諾で販売されている。 著作権侵害は著作権者が声を上げることで成立する事案で、二次創作の内容に悪意があると著作権者が判断すれば、著作権侵害で告訴

          スキ
          68

          振り返りのゴールは、目標設定ではなく、視点を得ること

          クリエイターとして上達を続けるため、何が必要なのか? この『基本信仰こそ、思考停止の元凶』というnoteに詳しく書いたが、クリエイターとして長期的に成長していくために、どういう姿勢が必要なのか。ここ最近は、そんな抽象的なことばかりをマンガ家たちと話している。 どんな職業でも、最初は「型」を覚えることが必要だ。それによって、ある程度のパフォーマンスを継続的に発揮できるようになる。では、基礎を覚えた後に、どうやったら守破離の「離」を実行し続けられるのか。 上達し続けるために

          スキ
          143

          AIの技術進化で、創作はどう変わるか

          AIが画像を生成してくれる『Midjourney』が話題になっている。 コマンドを使って、作成したい画像の内容を英語で指示すると、1分前後でAIがお題に沿った画像が作成される。ぼくも今回の盛り上がりで初めて存在を知ったけど、そのクオリティの高さに驚いた。 いきなりすごい解説を深津さんが書いてくれているので、詳細を知りたい人はこちらのnoteを。 AIが画像生成してくれるサービスはこれまでもあったけど、一定の画力が必要とされた。それが『Midjourney』では、言葉だけ

          スキ
          47

          チームの思考力を高める、3つの「そろえる」とは?

          「個人の才能頼みではなく、チームとして戦っていく」 2年くらい前から、コルクの新人マンガ家の育成を、この方針に変えた。縦スクロールマンガは、スタジオによって制作されるのが世界の潮流で、日本がマンガ先進国だからと今までのやり方を踏襲していては、韓国・中国との競争に負けると感じたからだ。 以前、『2021年版、編集者をアップグレードする挑戦』というnoteに詳しく書いたが、圧倒的な天才でない限り、ひとりで創造性を育み続けるのは限界がある。刺激を与え合い、成長しあえる関係を周囲

          スキ
          79

          強要された我慢で、人は育たない。 「叱る」をどう手放すか。

          「人を育てるとは、期待しないこと」 去年、このタイトルのnoteを書いた。期待を手放し、相手を信頼し、ただただ見守る。子育てにおいても、経営者としても、「見守る」を徹底していきたいと心がけている。 ただ、全てが全て、見守ったほうがいいかというと悩ましい。 ぼくが特に悩んでいるのは、子育てにおいて、子ども達に多少の我慢を覚えさせたほうがいいのではないかということだ。 基本的に、ぼくは子どもたちの自主性を重んじたいと思っている。それによって、子どもたちが失敗を経験したり、

          スキ
          143

          先人そのものではなく、先人の見ていた「対象」を見る

          去年あたりから、「引き継ぐ」という言葉について、よく考えるようになった。 以前に投稿した『人生を通じて、自分は何を「引き継ぎ」たいか?』というnoteにも書いたが、全く新しい何かをゼロから創りだすことは基本的に起こり得ないとぼくは考えている。 創作にしても、ビジネスや研究の世界にしても、先人たちからの影響を受けて、現在の自分たちは世界を見ている。自分たちに影響を与えた先人たちには、彼らに影響を与えた先人たちが更にいて、その繋がりは歴史の中でどこまでも続いていく。 自分は

          スキ
          72

          ジョハリの窓から、「さらけだす」を再考

          コルクでは行動指針のひとつに「さらけだす」を掲げている。 価値観の違うもの同士が協力しあい、居心地のいい場所を築くためには、お互いの前提となるものをさらけだしていくしかない。 どうやったら「さらけだす」が滑らかに起こるのか。先月、『心理的安全性と、短文コミュニケーション』というnoteを書いたが、この問いについて、ずっと考えている。 『EO(Entrepreneur’s Organization)』という起業家同士が学ぶ合うコミュニティに、ぼくは数年前から参加しているの

          スキ
          81

          意外と知られてない、「修行」の本当の意味

          言葉について理解を深めていくと、自分の思考を見直すキッカケになる。 多くの人は「修行」という言葉を使う時、何かしらのスキルを獲得するために鍛錬することをイメージすると思う。職人になるために修行するとか、武芸を極めるために修行するとか。ぼく自身、そういう風に捉えていた。 だが、語源を調べていくと、そうでないことがわかる。「修行」とは仏教における精神鍛錬に関する用語のひとつで、財産・名誉・性欲といった人間的な欲望から解放され、生きていること自体に満足感を得られる状態を追求する

          スキ
          101

          思考の癖の発見に、『4行日記』がオススメ

          2年前から、毎晩「今日の自分」を振り返ることを習慣としてきた。 振り返りを行うと、様々な自分の感情を認識することができる。喜びや憧れもあれば、迷いや反省もある。そして、なぜ自分がその感情になったのかを掘り下げて考えてみる。 すると、「もっと、こうなりたい」とか、「次は、こうしたい」といった気持ちが自然と湧いてくる。これは、目標のために必要と思ったことではなく、自然と湧いてきた動機だ。振り返りを日常的に行うことで、自分の欲望の輪郭を捉え、自分への解像度が高まる。 ある種、

          スキ
          145