佐渡島庸平/コルク代表

2002年に講談社に入社し、週刊モーニング編集部に所属。『バガボンド』(井上雄彦)、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)などの編集を担当する。2012年に講談社を退社し、作家のエージェント会社、コルクを設立。

「やりたいこと」が見つからない君へ。桜木として、高校生に語ったこと

先日、進学校として有名な聖光学院で、生徒たちに講演をした。 『ドラゴン桜』の桜木としてだ。ちなみに、聖光学院は、『ドラゴン桜2』の龍山高校の建物のモデルにもなっ...

500

週刊!編集者・佐渡島の『... マガジンの購入者だけが見れます。

最高の夜の記憶

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

「プロフェッショナルとは?」 今問われたら、なんと答えるか。

「プロフェッショナルとは?」 この問いを、5年前にNHKの『プロフェッショナル 仕事の流儀』にでた時に聞かれた。 あなたは、この問いにどう答えるだろうか。 「プロフ...

500

僕が妻と喧嘩をする理由

僕と妻は、ほとんど喧嘩をしない。 だけど、ごくたまにする。する時はたいてい同じで、何かを購入する時だ。 僕は、何か欲しいものがある時、まず買う。その商品を選ぶ理...

500

経営者になってわかる「学校の仕組み」のスゴさ

人は常に人間関係に悩む。 人が集まると必ずと言ってもいいほど揉め事が起きる。どうやったら人は仲良くなるのか。経営者の仕事は、人と人が仲良く協力しあう仕組みを作る...

500

「小説」と「映画」の幸福な関係

いよいよ今週の金曜日、映画『マチネの終わりに』が公開になる。 先日、国際フォーラムで行われた完成披露試写会で3回目となる鑑賞をした。何度も観ているにも関わらず、...

500