マガジンのカバー画像

コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』

『宇宙兄弟』『ドラゴン桜』などのマンガ・小説の編集者でありながら、ベンチャー起業の経営者でもあり、3人の息子の父親でもあるコルク代表・佐渡島庸平の思考を「おすそ分け」していくマガ… もっと読む
表では書きづらい個人的な話を含め、日々の日記、僕が取り組んでいるマンガや小説の編集の裏側、気になる… もっと詳しく
¥800 / 月 初月無料
運営しているクリエイター

記事一覧

「若いうちは、量をこなすべき」は本当か?

仕事において「若いうちは、量をこなすべき」とよく言われる。 量が質に転換するからだ。多く…

「学校どうだった?」と、子どもに聞いてはいけない理由

問いを相手に投げかけることで、思考の整理を助け、自分で気づきを得るための鏡となる。それが…

アイデアを生みだす組織に必要な土台

どうやったら、いいアイデアを生み出し続ける組織になるか。会社を経営するうえで、常に考え続…

「見守る」とは、自分がいなくなった時の準備

期待を手放し、相手を信頼し、ただただ見守る。子育てにおいても、経営においても、「見守る」…

「他人は自分を映す鏡」の意味について再考

ぼくが20代後半の頃、とある尊敬するマンガ家から「他人とは、自分を映す鏡でしかないから。み…

自分に自信を持つために、考えるべき問い

ぼくは他人から「自信があるように見える」とよく言われる。「どうやったら、そんな風に振る舞…

二次創作がもたらす、滑らかな成長

先日、コミックマーケットが開催された。今回で100回目の開催を迎えるコミケだが、世間一般のニュースでも報じられるようになり、今や夏の風物詩と化しつつある。 コミケといえば「二次創作」の販売だが、二次創作の世界で定期的に話題となるのが「著作権」に関する問題だ。基本的に、コミケなどの同人誌即売会で販売されている二次創作物のほとんどは無許諾で販売されている。 著作権侵害は著作権者が声を上げることで成立する事案で、二次創作の内容に悪意があると著作権者が判断すれば、著作権侵害で告訴

スキ
68

振り返りのゴールは、目標設定ではなく、視点を得ること

クリエイターとして上達を続けるため、何が必要なのか? この『基本信仰こそ、思考停止の元凶…

AIの技術進化で、創作はどう変わるか

AIが画像を生成してくれる『Midjourney』が話題になっている。 コマンドを使って、作成したい…

チームの思考力を高める、3つの「そろえる」とは?

「個人の才能頼みではなく、チームとして戦っていく」 2年くらい前から、コルクの新人マンガ…

強要された我慢で、人は育たない。 「叱る」をどう手放すか。

「人を育てるとは、期待しないこと」 去年、このタイトルのnoteを書いた。期待を手放し、相手…

先人そのものではなく、先人の見ていた「対象」を見る

去年あたりから、「引き継ぐ」という言葉について、よく考えるようになった。 以前に投稿した…

ジョハリの窓から、「さらけだす」を再考

コルクでは行動指針のひとつに「さらけだす」を掲げている。 価値観の違うもの同士が協力しあ…

意外と知られてない、「修行」の本当の意味

言葉について理解を深めていくと、自分の思考を見直すキッカケになる。 多くの人は「修行」という言葉を使う時、何かしらのスキルを獲得するために鍛錬することをイメージすると思う。職人になるために修行するとか、武芸を極めるために修行するとか。ぼく自身、そういう風に捉えていた。 だが、語源を調べていくと、そうでないことがわかる。「修行」とは仏教における精神鍛錬に関する用語のひとつで、財産・名誉・性欲といった人間的な欲望から解放され、生きていること自体に満足感を得られる状態を追求する

スキ
101