佐渡島庸平(コルク代表)

コルク代表・佐渡島のnoteアカウントです。noteマガジン『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』、noteサークル『コルク佐渡島の文学を語ろう』をやってます。編集者・経営者として感じる日々の気づきや、文学作品の味わい方などを記事にしています。

メンバーシップに参加

コルク代表の佐渡島庸平が主催する文学サークルです。文学はひとりで楽しむより、仲間と楽しんだほうが、確実に味わいが深くなります。ここでは、古今東西の作品を題材に文学の嗜み方を語っていきます。月に1回、読書会も実施!文学を楽しもう!

「文学を語ろう!」サークル会員

¥3,500 / 月

佐渡島庸平(コルク代表)

コルク代表・佐渡島のnoteアカウントです。noteマガジン『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』、noteサークル『コルク佐渡島の文学を語ろう』をやってます。編集者・経営者として感じる日々の気づきや、文学作品の味わい方などを記事にしています。

メンバーシップに加入する

コルク代表の佐渡島庸平が主催する文学サークルです。文学はひとりで楽しむより、仲間と楽しんだほうが、確実に味わいが深くなります。ここでは、古今東西の作品を題材に文学の嗜み方を語っていきます。月に1回、読書会も実施!文学を楽しもう!

  • 「文学を語ろう!」サークル会員

    ¥3,500 / 月

マガジン

  • コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』

    『宇宙兄弟』『ドラゴン桜』などのマンガ・小説の編集者でありながら、ベンチャー起業の経営者でもあり、3人の息子の父親でもあるコルク代表・佐渡島庸平の思考を「おすそ分け」していくマガジンです。表では書きづらい個人的な話を含め、日々の日記、マンガや小説の編集の裏側、ここだけの対談レポート記事などを公開していきます。 詳しくは:https://www.sady-editor.com/n/ncaf941f64a0d

  • 東京マンガレビュアーズ厳選おすすめ漫画レビュー

    • 28本

    東京マンガレビュアーズの三桁を超えるレビューの中でも、面白い!これは売れた!など、特徴的なレビューを編集部で厳選してまとめていきます。ぜひご覧ください。

  • 水曜のマンガ道【サディ×しーげる マンガ編集者談議】

    • 4本

    毎週水曜日、夜22時からyoutubeで生配信中!マンガ家さんやマンガ家を目指す方のための番組「水曜のマンガ道」。その中でも毎月第1週目に行われているマンガ編集者佐渡島庸平さん×鈴木重毅さんの対談を、MCであるなっちゃんが気まぐれに記事化しています。

  • 病みを聞いてくれ

    • 3本

    市原が佐渡島さんに医療情報発信についてのあれこれを送り付けて読んでもらうためのマガジンです。

  • コルク佐渡島氏が考える「価値」

    • 8本

    NVICが京都大学経済学部において、開設している寄附講義「企業価値創造と評価」。2019年度6月に行われた、株式会社コルク代表取締役の佐渡島庸平氏による「コルクの企業精神と役割」と題した講義の様子に、講義を聴いたNVIC奥野からの佐渡島さんへの手紙、そして佐渡島さんからの返信を加えた特別編集版をマガジンにまとめお伝えします。

ウィジェット

  • 商品画像

    観察力の鍛え方 一流のクリエイターは世界をどう見ているのか (SB新書)

    佐渡島庸平
  • 商品画像

    WE ARE LONELY, BUT NOT ALONE. 〜現代の孤独と持続可能な経済圏としてのコミュニティ〜 (NewsPicks Book)

    佐渡島 庸平
  • 商品画像

    ぼくらの仮説が世界をつくる

    佐渡島 庸平
  • 商品画像

    居心地の1丁目1番地 〜それが分かると人生は少し自由になる

    コルクラボ
    • コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』

    • 東京マンガレビュアーズ厳選おすすめ漫画レビュー

      • 28本
    • 水曜のマンガ道【サディ×しーげる マンガ編集者談議】

      • 4本
    • 病みを聞いてくれ

      • 3本
    • コルク佐渡島氏が考える「価値」

      • 8本
  • 商品画像

    観察力の鍛え方 一流のクリエイターは世界をどう見ているのか (SB新書)

    佐渡島庸平
  • 商品画像

    WE ARE LONELY, BUT NOT ALONE. 〜現代の孤独と持続可能な経済圏としてのコミュニティ〜 (NewsPicks Book)

    佐渡島 庸平
  • 商品画像

    ぼくらの仮説が世界をつくる

    佐渡島 庸平
  • 商品画像

    居心地の1丁目1番地 〜それが分かると人生は少し自由になる

    コルクラボ

最近の記事

  • 固定された記事

はじめましての人へ。 noteマガジン『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』のお品書き

こんにちは、コルク代表の佐渡島庸平です。 はじめましての方へ、簡単な自己紹介から。 僕は2002年に講談社に入社し、週刊モーニング編集部にて、『バガボンド』『ドラゴン桜』『働きマン』『宇宙兄弟』などのマンガや、伊坂幸太郎さんの『モダンタイムス』、平野啓一郎さんの『空白を満たしなさい』などの編集を担当した後、講談社を退社し、2012年にクリエイターのクリエーター・エージェンシー『コルク』を創業しました。 コルクには、様々なクリエーターが所属しています。小山宙哉さん、三田紀

    • 「本物」と思えるものと、ただ「上手い」だけの差は何か?

      何かを見たり、聞いたりした時に、「これは本物だ」と、否応なく感じる時がある。 この「本物だ」という感覚は何なのか?「本物」とそれ以外を分けるものはなんなのか。さらに、技術が高く、簡単に到達できない作品でありながら、「上手い」とは感じるものの、「本物」だとは思わない時がある。なぜその作品、作家は、「上手い」を超えれないのだろう。 クリエイターや作品を見極める編集者として、この問いによく向き合う。 facebookのタイムラインにたくさんSNOWの『AIアバター』を見ている

      • 「Badを食わせる」が、学びたい気持ちを育む

        どうやったら、『学びたい』『自らを成長させたい』という気持ちを自然と育むことができるか。 育成に関わるなかで、ずっと考えている問いだ。 以前、『目標を自分ごとにする鍵は、振り返り』というnoteで、上司はメンバーの「目標設定」「目標管理」ではなく、「振り返り」に寄り添うことが大切ではないかと書いた。 振り返りを行うと、様々な感情を認識することができる。喜びや憧れもあれば、迷いや不安もある。そして、なぜ自分がその感情になったかを掘り下げていくと、「もっとこうないたい」「次

        • 「言葉」をそろえるために、「動作」からそろえる

          「チームとして戦っていく」 そのことをすごく意識している。 以前に投稿したnoteで、仲山進也さんが書いた『アオアシに学ぶ「考える葦」の育ち方』の内容を引用し、チームの思考力を高め、意思疎通が成立したチームワークを生むには、3つの「そろえる」が大事という話を書いた。 この「頭(解釈)をそろえる」というのが難しい。会話をして、そろえていくしかない。しかし、言葉がずれる。会話して、わかりあったはずなのに、動きが違うものになってしまう。たとえ同じ言葉を使っていたとしても、その

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』
          佐渡島庸平(コルク代表) 他
          ¥800 / 月
        • 東京マンガレビュアーズ厳選おすすめ漫画レビュー
          東京マンガレビュアーズ 他
        • 水曜のマンガ道【サディ×しーげる マンガ編集者談議】
          なっちゃん(コニシナツコ) 他
        • 病みを聞いてくれ
          Shin Ichihara/Dr. Yandel 他
        • コルク佐渡島氏が考える「価値」
          【NVIC】農林中金バリューインベストメンツ 他

        メンバーシップ

        投稿をすべて見る すべて見る
        • 文学サークルの歩き方

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 【動画】『回転木馬のデッドヒート』について

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 【動画】読書会の振り返り(『孔子』読書会0116)

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 【読書会】2/6(月)19時半~『回転木馬のデッドヒート』(村上春樹)

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 文学サークルの歩き方

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 【動画】『回転木馬のデッドヒート』について

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 【動画】読書会の振り返り(『孔子』読書会0116)

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 【読書会】2/6(月)19時半~『回転木馬のデッドヒート』(村上春樹)

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          他者と関係を深めるための、「期待」のあり方とは何か

          「人を育てるとは、期待しないこと」 一昨年、このタイトルのnoteを書いた。「これくらいの成果を出してほしい」「ここをもっと伸ばしてほしい」と思っている段階で、自分勝手に都合よく相手をコントロールしようとしている。それは、期待ではなく、巧妙な管理はないか。それを「期待」という言葉に包んでしまっていないか。 どうやって期待を手放し、相手を信頼し、見守るに徹するか。ぼくのnoteでは、この問いについて繰り返し書いてきた。 だが、「期待を手放す」という響きは、他人の成長に興味

          関係性の深め方

          新年のはじまりの抱負は、「Do」ではなく「Be」で立てる。そのことを昨年は意識した。 具体的な行動の「Do」を抱負として定めると、変化が連続する中で、柔軟さを損ねてしまう可能性がある。変化にどのような態度で臨んでいきたいかと「Be」を意識した方が、のびのびと今を楽しめるのではないかと考えたからだ。 そして、昨年の年始、ぼくは「判断保留の態度」を抱負に掲げた。 すぐに反応しない。すぐにジャッジしない。「自分は既にわかっている」と思わず、判断保留の態度で、観察を続ける。

          私はどこから来たのか、私は何者か、私はどこへ行くのか

          自分にとって、今年はどんな一年だったかを振り返っていきたい。 ぼくは小学生の頃からずっと「自分は何者なのだろう?」と問い続けてきた。そして、「何者かにならなくてはいけない」と自分で自分で駆り立ててきた。 灘に行っても、東大に行っても、講談社に行っても、起業しても、ぼくは自分が何者かわからなかった。プロフィールに書く言葉は手に入る。でも、何者かであるという実感が手に入らない。そして、今年は何者かになろうと、自分を駆り立てるのをやめた年だった。 外を見るのをやめた。やめよう

          無意識に生じる「被害者意識」を、どう捨てるか

          平野啓一郎の「分人主義」とともに、ぼくの人生観やものごとの考え方を大きく変えたものがある。 アドラー心理学だ。 アドラー心理学では「他者は仲間である」と認識することが重要だと言う。人は他者に対し基本的には悪意を持っていないし、こちらが悪意を持たなければ、仲間になれる可能性がある。 この時に必要なのは「自分が変わらなければ、相手も変わらない」という考え方だ。相手は自分の仲間なのだと信頼し、自らを変えていく。コルクでは「さらけだす」を行動指針に定めているが、「さらけだす」の

          今年を象徴するテーマ「喪が明ける」

          「作家は炭鉱のカナリアである」 これは、ぼくの大好きな作家であるカート・ヴォネガットの言葉だ。 昔、イギリスやアメリカの炭鉱員が地下に降りるとき、行列の先頭の人はカナリアのカゴを持って炭鉱に入った。カナリアは人間に感知できない無色無臭の有毒物質に反応する。カナリアの歌声が止まることは、炭鉱内に有害ガスが蔓延していることを意味し、炭鉱員たちはいち早く危険地域を避けることができた。 カート・ヴォネガットは、炭鉱のカナリアのように、作家とは時代の空気をいち早く感知する生き物だ

          創業から10年。目指す経営者像が全く変わった

          コルクを創業してから10年が経った。 この10年で、僕の中で経営者像が大きく変わった。創業当時、経営者とは何をする人なのかを僕は全くわかっていなかった。今もわかっているかはわからない。でも、10年前の自分は、全くわかっていなかったことだけは、わかるようになった。同様に、「リーダーがどんな存在なのか」も、以前とは全く違う考え方をするようになった。 創業時からコルクは、「プロフェッショナルな編集者集団」になりたいと思っていた。メディアを運営する編集者ではなく、クリエイターの創

          「わかった」はコミュニケーションの失敗

          「わかる」という概念について、考え続けている。 まず、「わかった」という言葉を、自分に向けて使う時と他者とのコミュニケーションで使う時の2パターンにわけたい。 まずは、自分に向けての、内省的な「わかった」。 以前、こんなnoteも書いた『人生の推進力は、勇気ではなく、わかったつもり』。本当に何かをわかりきるなんてことはない。常に「わかったつもり」でしかない。 その「わかったつもり」の時に、根拠なき自信が生まれて、挑戦できる。それで、失敗を経験するなかで学びを得て、また

          編集者とは何か。その定義を改めて更新

          “わからないこと、あいまいなことを、そのまま伝えている作品を、ぼくは編集したい” 『観察力の鍛え方』の本の最後に、ぼくはこう書いた。 人間は誰しもが矛盾や葛藤といった明確に割り切れない「あいまいさ」を抱えながら生きている。ぼくはその「あいまいさ」に触れることが人間を知ることだと思っているし、「あいまいさ」を味わい尽くすことが人生を楽しむことだと考えている。 そして、文学とは人間が抱える「あいまいさ」をそのまま描き、同じような「あいまいさ」を抱えている人に寄り添っていく。

          人を成熟させる考え方、『ある男』の三勝四敗主義。

          平野啓一郎の小説『ある男』の映画が、11月18日(金)から公開される。 監督は『蜜蜂と遠雷』『愚行録』で知られる石川慶監督。担当編集者として企画から携わってきたけど、完成した映画を見て、本当に素晴らしい作品になっていると感じた。 この『ある男』とは、ある男の過去に迫っていく物語だ。 あらすじを簡単に説明すると、不慮の事故で夫を失った妻が、戸籍に登録されている人物と夫は別人であることを知る。愛したはずの夫は何者だったのか。身元調査の依頼を受けた主人公である弁護士の城戸は、

          沈黙は謙虚さを示すのか。相手を信頼するために自分にできること

          ここ数年の自分を振り返ると、30代の頃と比べて、仕事や子育てに向き合う考え方が随分と変わったと感じる。 そうした変化をもたらした要因のひとつになっているのが、4年ほど前から参加している『EO(Entrepreneur’s Organization)』という起業家同士が学ぶ合うコミュニティだ。 このEOの特徴的な活動が「フォーラム」で、同じメンバーで毎月集まり、1ヶ月の間に起きたことを共有しあう。そして、共有における大切な考え方として、「5%リフクレション」と「経験シェアリ

          人生を「旅」ではなく、「巡礼」と捉えてみる試み

          「人生とは旅である」とよく言われる。でも、最近のぼくは「人生とは巡礼である」という視点で様々な物事を捉え直してみている。 発端は石川善樹との雑談だ。旅行という概念は、明治以降に生まれた比較的新しい概念であるという話を、善樹から聞いた。 調べると、観光という言葉の語源は中国の易経の言葉「観国之光」で、国の光を観る。つまり、他の国の良い点を見て学んでくるという意味らしい。幕末にアメリカと条約を結ぶための使節団が乗った船の名前が「観光丸」で、日本で観光という言葉が使われた起源だ

          創作に携わる者として、どう自分を客観視するか

          クリエイターも、編集者もいかに自分を客観視するのかは重要なポイントだ。 作品を何度も読み直していると、もうこの作品が面白いのか、面白く思いたいのか、わからなくなってくる。頭の中にアイディアがある時は、絶対に客観視できない。客観視するためには、とにかくアウトプットするしかない。 しかし、作品を毎日のようにアウトプットすることは難しい。だから、作家も編集者も、作品の感想や毎日の振り返りをブログで文章にすることをよくアドバイスする。 作品を楽しんで読んでいるだけだと、読者から