佐渡島庸平/コルク代表

2002年に講談社に入社し、週刊モーニング編集部に所属。『バガボンド』(井上雄彦)、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)などの編集を担当する。2012年に講談社を退社し、作家のエージェント会社、コルクを設立。

「そんなに火事を起こしたいのかな?」『め組の大吾』

なぜ、自分はこんな仕事をしているのだろう? 社会人になったばかりの時に、誰もが抱く疑問だろう。予想していた仕事のイメージと、本来の仕事のイメージが違いすぎて、戸...

海外で圧倒的に賞賛される漫画家・谷口ジロー『「坊ちゃん」の時代』

フランスやイタリアで最も有名な漫画家といえば、谷口ジローである。谷口ジローの作品は、多くの人に読まれているので、フランスのエンターテイメント小説の中の描写に普通...

海賊との戦い方

北風と太陽の話を、僕はよく思い出す。                         『きたかぜとたいよう―イソップ童話』(西村書店) イソップ童話の「北風と太陽」のことだ...

コルクとトルク

9月29日の23:15、もしかしたら事件が起こるかもしれない。ひとりの男がTBS『情熱大陸』に登場する。彼は言う。「この番組内で新しいテレビのかたちを提案する」と。い...

仲間を見つけた!

「人はなぜ生きるのだろう?」 幼少時代から、僕は何度も自分にそう問いかけた。 当たり前だけど、自分の中に答えはなく、僕は答えを本の中に追い求めた。本の中には、僕...

どうやったらリーダーになれるのか?

アメリカのビジネススクールの名門・ウォートン校で、世界中から集ったエリートたちが競い合って受講する授業がある。受けられるのは、年間たった25名のみ。ウォートン校...