佐渡島庸平(コルク代表)

コルク代表・佐渡島のnoteアカウントです。noteマガジン『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』、noteサークル『コルク佐渡島の文学を語ろう』をやってます。編集者・経営者として感じる日々の気づきや、文学作品の味わい方などを記事にしています。

コルク代表の佐渡島庸平が主催する文学サークルです。文学はひとりで楽しむより、仲間と楽しんだほうが、確実に味わいが深くなります。ここでは、古今東西の作品を題材に文学の嗜み方を語っていきます。月に1回、読書会も実施!文学を楽しもう!

佐渡島庸平(コルク代表)

コルク代表・佐渡島のnoteアカウントです。noteマガジン『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』、noteサークル『コルク佐渡島の文学を語ろう』をやってます。編集者・経営者として感じる日々の気づきや、文学作品の味わい方などを記事にしています。

メンバーシップに加入する

コルク代表の佐渡島庸平が主催する文学サークルです。文学はひとりで楽しむより、仲間と楽しんだほうが、確実に味わいが深くなります。ここでは、古今東西の作品を題材に文学の嗜み方を語っていきます。月に1回、読書会も実施!文学を楽しもう!

  • 「文学を語ろう!」サークル会員

    ¥3,500 / 月

    コルク佐渡島の「文学を語ろう!」のサークル会員です!月に1回の読書会への参加。また、限定掲示板へ参加できます。

    • 活動期間に応じたバッジを表示
    • 月1開催の「佐渡島と文学を語らう読書会」へ参加(都内・人数制限あり)
    • 「佐渡島と文学を語らう読書会」の内容を動画で閲覧可能
    • サークルの掲示板に参加可能

マガジン

  • コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』

    『宇宙兄弟』『ドラゴン桜』などのマンガ・小説の編集者でありながら、ベンチャー起業の経営者でもあり、3人の息子の父親でもあるコルク代表・佐渡島庸平の思考を「おすそ分け」していくマガジンです。表では書きづらい個人的な話を含め、日々の日記、マンガや小説の編集の裏側、ここだけの対談レポート記事などを公開していきます。 詳しくは:https://www.sady-editor.com/n/ncaf941f64a0d

  • 東京マンガレビュアーズ厳選おすすめ漫画レビュー

    • 28本

    東京マンガレビュアーズの三桁を超えるレビューの中でも、面白い!これは売れた!など、特徴的なレビューを編集部で厳選してまとめていきます。ぜひご覧ください。

  • 水曜のマンガ道【サディ×しーげる マンガ編集者談議】

    • 4本

    毎週水曜日、夜22時からyoutubeで生配信中!マンガ家さんやマンガ家を目指す方のための番組「水曜のマンガ道」。その中でも毎月第1週目に行われているマンガ編集者佐渡島庸平さん×鈴木重毅さんの対談を、MCであるなっちゃんが気まぐれに記事化しています。

  • 病みを聞いてくれ

    • 3本

    市原が佐渡島さんに医療情報発信についてのあれこれを送り付けて読んでもらうためのマガジンです。

  • コルク佐渡島氏が考える「価値」

    • 8本

    NVICが京都大学経済学部において、開設している寄附講義「企業価値創造と評価」。2019年度6月に行われた、株式会社コルク代表取締役の佐渡島庸平氏による「コルクの企業精神と役割」と題した講義の様子に、講義を聴いたNVIC奥野からの佐渡島さんへの手紙、そして佐渡島さんからの返信を加えた特別編集版をマガジンにまとめお伝えします。

ウィジェット

  • 商品画像

    観察力の鍛え方 一流のクリエイターは世界をどう見ているのか (SB新書)

    佐渡島庸平
  • 商品画像

    WE ARE LONELY, BUT NOT ALONE. 〜現代の孤独と持続可能な経済圏としてのコミュニティ〜 (NewsPicks Book)

    佐渡島 庸平
  • 商品画像

    ぼくらの仮説が世界をつくる

    佐渡島 庸平
  • 商品画像

    居心地の1丁目1番地 〜それが分かると人生は少し自由になる

    コルクラボ

記事一覧

正解主義の「では」派と、なぜなぜ主義の「とは」派

「では派」「とは派」という考えが好きで、頭の中でよくそのことについての思考を転がす。 この「では派・とは派」は、何者でもなく、何者にもなる予定がない男・石川善樹…

500

どれも中途半端はダメじゃない! 若新雄純さんに聞く、人生を面白くする"掛け合わせ"の考え

何者かにならなければ…と焦る人が、最近増えた気がする。 変化が激しく、先行きの見えない社会で、不安を抱くことは自然だ。誰かから求められる何者かになることで、安心…

500

お金を何に支払ってもらうのが幸せか?

プロに無償で仕事を依頼することの是非を論じる投稿をよく目にする。 「友達だからといって、タダ同然で依頼するなんて非常識」 「技術を磨くのに時間とお金がかかってい…

500

神様にフェイントをかけてみる!

日常を楽しくするマイルール。 ぼくの場合は、「乗っかってみる」だ。 人は誰しも心の中に偏見を持っている。ぼくが知っている自分自身の姿も、ぼくの偏見が反映されてい…

500

世界に驚きを生み出す、「とは」思考でいこう!【恥からはじまる「感情」論考 #5】

怒り、喜び、悲しみ、誇り――。 私たちの行動や思考を、無意識のうちに支配する「感情」。 誰もが振り回される「感情」とは、そもそも何なのか? 編集者・研究者・マンガ…

「もう、おっさんだからさぁ」って僕が言う理由

最近「もう、おっさんだからさぁ」と言う時がある。 以前は違った。 自分を「おっさん」と見なすことは、自分の成長を止めるかなと思ってた。気持ちを若く保ち、挑戦し続…

500
正解主義の「では」派と、なぜなぜ主義の「とは」派

正解主義の「では」派と、なぜなぜ主義の「とは」派

「では派」「とは派」という考えが好きで、頭の中でよくそのことについての思考を転がす。

この「では派・とは派」は、何者でもなく、何者にもなる予定がない男・石川善樹が言い出した。(予防医学者という肩書きから、このような新しい肩書きにしたいらしいので、周知のお手伝い)

・では派→「○○では?」と事例を紹介する人たち
・とは派→「△△とは?」と自問する人たち

では派は、「ハーバードでは…」「ハリウッ

もっとみる
どれも中途半端はダメじゃない! 若新雄純さんに聞く、人生を面白くする"掛け合わせ"の考え

どれも中途半端はダメじゃない! 若新雄純さんに聞く、人生を面白くする"掛け合わせ"の考え

何者かにならなければ…と焦る人が、最近増えた気がする。

変化が激しく、先行きの見えない社会で、不安を抱くことは自然だ。誰かから求められる何者かになることで、安心を得たいと思う人が増えるのは当然だろう。何者かになることは、自分の居場所をつくる行為でもある。

一方、自分は何者であるかを規定することは別の不安を呼ぶ。自分につけたラベルが剥がれ落ちないように、周囲の期待に応え続けないといけない。居場所

もっとみる
お金を何に支払ってもらうのが幸せか?

お金を何に支払ってもらうのが幸せか?

プロに無償で仕事を依頼することの是非を論じる投稿をよく目にする。

「友達だからといって、タダ同然で依頼するなんて非常識」
「技術を磨くのに時間とお金がかかっているのだから、無償は失礼」
「値引きや無償の依頼は、プロへの敬意がない」

大抵は、このような「プロにはお金を支払うべき」という論調が強い。

こういった投稿を見るたびに、ぼくの心はざわつく。もちろん僕だって「無償で本を編集してください」と

もっとみる
神様にフェイントをかけてみる!

神様にフェイントをかけてみる!

日常を楽しくするマイルール。

ぼくの場合は、「乗っかってみる」だ。

人は誰しも心の中に偏見を持っている。ぼくが知っている自分自身の姿も、ぼくの偏見が反映されている。自分を完全に理解することは不可能という前提で、少しでも多く理解したい。「己を知る」が起きると、人生は楽しくなっていく。

そして、自分の知らない「己を知る」一番の近道が、他人からのアドバイスに素直に乗っかってみることだ。

ぼく自身

もっとみる
世界に驚きを生み出す、「とは」思考でいこう!【恥からはじまる「感情」論考 #5】

世界に驚きを生み出す、「とは」思考でいこう!【恥からはじまる「感情」論考 #5】

怒り、喜び、悲しみ、誇り――。
私たちの行動や思考を、無意識のうちに支配する「感情」。

誰もが振り回される「感情」とは、そもそも何なのか?
編集者・研究者・マンガ家。
三者三様の視点から、感情の本質を探る!

連載第五回目のテーマは「驚き」。

・第一回「恥」の記事は、こちら
・第二回「罪」の記事は、こちら
・第三回「悲しみ」の記事は、こちら
・第四回「誇り」の記事は、こちら

さて、どんな会話

もっとみる
「もう、おっさんだからさぁ」って僕が言う理由

「もう、おっさんだからさぁ」って僕が言う理由

最近「もう、おっさんだからさぁ」と言う時がある。

以前は違った。

自分を「おっさん」と見なすことは、自分の成長を止めるかなと思ってた。気持ちを若く保ち、挑戦し続けるために、自分のことをおっさんとは思わない方がいい。自分の中では、20代の時とそんなに感覚が変わっていない。だから、若い気持ちのまま行動し続けようと考えていた。

でも、最近、その僕の姿勢は、コミュニケーションの障害になっているかもし

もっとみる