佐渡島庸平(コルク代表)

コルク代表・佐渡島のnoteアカウントです。noteマガジン『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』、noteサークル『コルク佐渡島の文学を語ろう』をやってます。編集者・経営者として感じる日々の気づきや、文学作品の味わい方などを記事にしています。

メンバーシップに参加

コルク代表の佐渡島庸平が主催する文学サークルです。文学はひとりで楽しむより、仲間と楽しんだほうが、確実に味わいが深くなります。ここでは、古今東西の作品を題材に文学の嗜み方を語っていきます。月に1回、読書会も実施!文学を楽しもう!

「文学を語ろう!」サークル会員

¥3,500 / 月

佐渡島庸平(コルク代表)

コルク代表・佐渡島のnoteアカウントです。noteマガジン『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』、noteサークル『コルク佐渡島の文学を語ろう』をやってます。編集者・経営者として感じる日々の気づきや、文学作品の味わい方などを記事にしています。

メンバーシップに加入する

コルク代表の佐渡島庸平が主催する文学サークルです。文学はひとりで楽しむより、仲間と楽しんだほうが、確実に味わいが深くなります。ここでは、古今東西の作品を題材に文学の嗜み方を語っていきます。月に1回、読書会も実施!文学を楽しもう!

  • 「文学を語ろう!」サークル会員

    ¥3,500 / 月

マガジン

  • コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』

    『宇宙兄弟』『ドラゴン桜』などのマンガ・小説の編集者でありながら、ベンチャー起業の経営者でもあり、3人の息子の父親でもあるコルク代表・佐渡島庸平の思考を「おすそ分け」していくマガジンです。表では書きづらい個人的な話を含め、日々の日記、マンガや小説の編集の裏側、ここだけの対談レポート記事などを公開していきます。 詳しくは:https://www.sady-editor.com/n/ncaf941f64a0d

  • 東京マンガレビュアーズ厳選おすすめ漫画レビュー

    • 28本

    東京マンガレビュアーズの三桁を超えるレビューの中でも、面白い!これは売れた!など、特徴的なレビューを編集部で厳選してまとめていきます。ぜひご覧ください。

  • 水曜のマンガ道【サディ×しーげる マンガ編集者談議】

    • 4本

    毎週水曜日、夜22時からyoutubeで生配信中!マンガ家さんやマンガ家を目指す方のための番組「水曜のマンガ道」。その中でも毎月第1週目に行われているマンガ編集者佐渡島庸平さん×鈴木重毅さんの対談を、MCであるなっちゃんが気まぐれに記事化しています。

  • 病みを聞いてくれ

    • 3本

    市原が佐渡島さんに医療情報発信についてのあれこれを送り付けて読んでもらうためのマガジンです。

  • コルク佐渡島氏が考える「価値」

    • 8本

    NVICが京都大学経済学部において、開設している寄附講義「企業価値創造と評価」。2019年度6月に行われた、株式会社コルク代表取締役の佐渡島庸平氏による「コルクの企業精神と役割」と題した講義の様子に、講義を聴いたNVIC奥野からの佐渡島さんへの手紙、そして佐渡島さんからの返信を加えた特別編集版をマガジンにまとめお伝えします。

ウィジェット

  • 商品画像

    観察力の鍛え方 一流のクリエイターは世界をどう見ているのか (SB新書)

    佐渡島庸平
  • 商品画像

    WE ARE LONELY, BUT NOT ALONE. 〜現代の孤独と持続可能な経済圏としてのコミュニティ〜 (NewsPicks Book)

    佐渡島 庸平
  • 商品画像

    ぼくらの仮説が世界をつくる

    佐渡島 庸平
  • 商品画像

    居心地の1丁目1番地 〜それが分かると人生は少し自由になる

    コルクラボ

記事一覧

「誇り」にすがるか、鼓舞するか。それが問題だ。【恥からはじまる「感情」論考 #4】

怒り、喜び、悲しみ、誇り――。 私たちの行動や思考を、無意識のうちに支配する「感情」。 誰もが振り回される「感情」とは、そもそも何なのか? 編集者・研究者・マンガ…

不安も自信も、すべては「妄想」

「不安でうまく行動できない。どうしたら自信を持てますか?」 こういう相談をよくもらう。 僕自身も同じ悩みにずっと向き合ってきていた。そして最近は、そもそもの問い…

500

【マンガ専科本先出しnote】イラストを学ぶために必要なことはセンスではない

前回に続き、「コルクラボマンガ専科」でお伝えをしている講義の内容をお届けします。今回は、「イラスト」について解説します。イラスト力をアップするにはどうしたらよい…

500

【マンガ専科本先出しnote】絵の上達を図るポイントは「暗記」!

「コルクラボマンガ専科」でお伝えをしている講義の内容をお届けします。前回の「イラストを学ぶために必要なことはセンスではない!」につづき、より具体的に「イラスト力…

500

贈与が溢れて、出来上がっている居場所

物語を作るとは、「アンサング・ヒーロー」の活躍を描くことだ。 『世界は贈与でできている』を読んでから、そんな捉え方をするようになった。 アンサング・ヒーローとは…

500

いい作品には、必ず「いい問い」がある。安斎勇樹さんと考える、問いのデザイン

いい作品とは何か? それは、世の中に「問い」を投げかけるものだと、ぼくは思う。 安野モヨコの『働きマン』は、「働くこと」の意味を問い直した作品だ。 連載開始前、…

500
「誇り」にすがるか、鼓舞するか。それが問題だ。【恥からはじまる「感情」論考 #4】

「誇り」にすがるか、鼓舞するか。それが問題だ。【恥からはじまる「感情」論考 #4】

怒り、喜び、悲しみ、誇り――。
私たちの行動や思考を、無意識のうちに支配する「感情」。

誰もが振り回される「感情」とは、そもそも何なのか?
編集者・研究者・マンガ家。
三者三様の視点から、感情の本質を探る!

連載第四回目のテーマは「誇り」。

・第一回「恥」の記事は、こちら
・第二回「罪」の記事は、こちら
・第三回「悲しみ」の記事は、こちら

さて、どんな会話が繰り広げられたのでしょうか!?

もっとみる
不安も自信も、すべては「妄想」

不安も自信も、すべては「妄想」

「不安でうまく行動できない。どうしたら自信を持てますか?」

こういう相談をよくもらう。

僕自身も同じ悩みにずっと向き合ってきていた。そして最近は、そもそもの問いが間違っていたかもしれない、と考えるようになってきた。感情は、流れ、移ろいゆくものである。それを固定化された、安定したものに過ぎないと考えるようになったのだ。

ちょっと極端な物言いをしてしまうと、不安も自信も、どちらも妄想に過ぎない。

もっとみる
【マンガ専科本先出しnote】イラストを学ぶために必要なことはセンスではない

【マンガ専科本先出しnote】イラストを学ぶために必要なことはセンスではない

前回に続き、「コルクラボマンガ専科」でお伝えをしている講義の内容をお届けします。今回は、「イラスト」について解説します。イラスト力をアップするにはどうしたらよいかお伝えしていきましょう。

◆「センスがいい」とはなにか?よく「あの人は、センスがいいよね」というフレーズを耳にします。「センスがいい」「センスが悪い」というと、まるで持って生まれた才能のある・なしのように聞こえます。しかし、僕はそうでは

もっとみる
【マンガ専科本先出しnote】絵の上達を図るポイントは「暗記」!

【マンガ専科本先出しnote】絵の上達を図るポイントは「暗記」!

「コルクラボマンガ専科」でお伝えをしている講義の内容をお届けします。前回の「イラストを学ぶために必要なことはセンスではない!」につづき、より具体的に「イラスト力をアップする方法」についてお伝えしていきます!

絵の上達を図るポイントは「暗記」!◆必要情報を読み取るカクテルパーティー効果という言葉をご存知でしょうか? 
ガヤガヤとしたお店の中でも、自分が興味のある人とカクテルを交わしながらの会話はき

もっとみる
贈与が溢れて、出来上がっている居場所

贈与が溢れて、出来上がっている居場所

物語を作るとは、「アンサング・ヒーロー」の活躍を描くことだ。

『世界は贈与でできている』を読んでから、そんな捉え方をするようになった。

アンサング・ヒーローとは、人が気づかないところで社会の安定を保つために努力している人。

そして、渋谷と三軒茶屋にある小さなカフェ「マメヒコ」のオーナー井川さんは、アンサング・ヒーローだと僕は思っている。

井川さんは、映画を撮ったり、雑誌を出したり、演劇をし

もっとみる
いい作品には、必ず「いい問い」がある。安斎勇樹さんと考える、問いのデザイン

いい作品には、必ず「いい問い」がある。安斎勇樹さんと考える、問いのデザイン

いい作品とは何か?
それは、世の中に「問い」を投げかけるものだと、ぼくは思う。

安野モヨコの『働きマン』は、「働くこと」の意味を問い直した作品だ。

連載開始前、深夜まで一生懸命に働く人はカッコ悪くて、ワークライフバランスが整っている人のほうがカッコいいとされる空気が社会全体にあった。でも、果たして、必死にボロボロになるまで働く人は本当にカッコ悪いのか? そんな「問い」から企画がはじまった。作中

もっとみる