佐渡島庸平(コルク代表)

コルク代表・佐渡島のnoteアカウントです。noteマガジン『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』、noteサークル『コルク佐渡島の文学を語ろう』をやってます。編集者・経営者として感じる日々の気づきや、文学作品の味わい方などを記事にしています。

さらけだす、何を?

先週、加藤さんは、こんな記事をあげた。「さらけだす、とか、したくないよ」  コルクの行動指針の一つ目は「さらけだす」で、そのことに対して加藤さんは、感じたことを…

漫画がノーベル賞を取る日はいつか?

いつもケイクスの加藤さんとは事前打ち合わせをしないので、自然と違う題材になる。しかし、今週は、同じ題材について語ってみようと思う。その方が、差が見えて面白いかも…

二度目の覚悟。今回の覚悟の方が難しかった。

コルクを辞めたスタッフとの、ある会話を最近よく思い出す。 「佐渡島さんのスピードに社員がついていけなかった時、どうしますか?」 「ベンチャーは、社長がスピードを…

恥ずかしくて、ほとんど人にしたことがない話

周りの人からみると大したことではなくても、なぜか恥ずかしくて言えないことというのが存在する。  コルクは、行動指針の一つ目を「さらけだす」とした。社員にさらけだ…

僕が楽しみにしているUMAたち!!

本や映画などクリエイターが時間をかけてつくった作品を、時間をかけて味わうことが僕は好きだ。でも、僕も世間の多くの人と同じように、断片的なコンテンツをみることに時…

作家は主人公を殺して、自分が生き延びる

僕はフランクで全ての感情を見せていると思われることが多いようだが、僕自身の認識では、感情を見せるのが下手だ。  コルクの行動指針の一つ目「さらけだす」は、社員だ…