コルク佐渡島の好きのおすそわけ -深く感じる文学の嗜み方-

9
記事

「コピーライターが100個もコピーを書く意味って分かります?」  田中泰延さんと語る"…

編集者として「人を惹きつける文章」とは何かを常に考えている。 そんな僕が注目している書き手のひとりが、初の著作『読みたいことを、書けばいい。』…

500

「インスタントなビジネス本は、あなたを特別な存在にしない」 北野唯我さんと語る"ファ…

経営とは何か? 経営者のあり方とは? この問いを深く考えさせられる一冊と出会った。 北野唯我さんの最新作『分断を生むエジソン』だ。 この本では、…

500

将来性は「3つの軸」から捉える。長期的な視野の養い方について、奥野一成さんに聞く。

編集者という仕事の一番、面白いところは、一流の人に会えるところだ。『インベスターZ』というお金についての漫画の編集をする中で、一流の投資家に取…

500

ネガティブも、突き詰めるとポジティブに。心配性な朝倉祐介さんが振れ幅の広い決断を下…

「強い者、頭の良い者が生き残るのではない。変化するものが生き残るのだ」 ダーウィンの有名な言葉だが、環境の変化を恐れず、やりたいことを次々と実…

500

悲しみとは何か。悲嘆を抱える人に、どう寄り添うべきなのか?

時代を超えて残り続けているものの一つに「宗教」がある。 現代を生きる僕たちにとって、宗教はあまり身近なものではないけれど、苦しいときに何かにす…

500

音楽にも「編集」が必要だ。 編集者とミュージシャンが組む理由。

コンテンツが膨大に溢れた現在、エンタメのどの分野においても、コンテンツを届ける難易度は格段にあがっている。 特に音楽は、ここ10年間で環境が劇的…

500

どんな境遇の人でも選択肢が得られる社会へ。 乙武さんと小説『ヒゲとナプキン』につい…

★コルクラボのイベントレポートになります。 (執筆:代 麻理子 / 写真・編集:井手 桂司) 「実現したい社会があります。それは、どんな境遇の人で…

500

最も辛い時こそ、人生の宝物と出会うチャンス。 経沢香保子さんと「困難の乗り越え方」…

「正しい努力をすれば何でも叶えられると信じていました。でも、子供の難病という自分のチカラだけではどうしようもない現実に直面して、考え方が変わっ…

500

自由な働き方はメンタル不調に陥りやすい? 産業医の大室先生と「健全な働き方」につい…

★コルクラボのイベントレポートとなります。 (執筆:代 麻理子 / 写真・編集:井手 桂司) 現在、『自由な働き方』という言葉のもと、複業・兼業・テ…

500