マガジンのカバー画像

コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』

『宇宙兄弟』『ドラゴン桜』などのマンガ・小説の編集者でありながら、ベンチャー起業の経営者でもあり、3人の息子の父親でもあるコルク代表・佐渡島庸平の思考を「おすそ分け」していくマガ… もっと読む
表では書きづらい個人的な話を含め、日々の日記、僕が取り組んでいるマンガや小説の編集の裏側、気になる… もっと詳しく
¥800 / 月 初月無料
運営しているクリエイター

2020年5月の記事一覧

【note先出しラジオ】村上春樹さんの新作『猫を棄てる』について語る

00:00 | 00:30

※試聴版です。オリジナル版(10:55)は購入後に視聴できます。

水曜日に公開している僕の『思考note』は、ライターの井手さん(いでっち)に言葉で伝えて、文…

200

「あいまい」のススメ

多くの人は絶対の中で、生きようとしている。絶対を持つと見かけの強さを手に入れられるからだ…

500

勝たんと打つべからず。負けじと打つべきなり

古典には、まるで昨日書かれたような普遍性がある。文体の古さをのぞくと、結局、僕はここに書…

500

判断保留の態度で、疑問をいかに楽しめるか? 若新雄純さんと手塚マキさんに聞く、社…

編集者にとって欠かせないもの。それは、社会への観察力だ。 起こっている事象から、社会の変…

500

日常を冒険に変える「小確幸」を探せ。

先月からLINEマンガではじまった、僕が担当編集をしている新連載マンガ『コッペくん』。 冒険…

学校の宿題は、無理にやらせなくてもOK? 親野智可等先生に聞く、休校中の子供への接…

新型コロナウイルス感染拡大の影響を最も大きく受けている現場のひとつが、保育や教育分野、ま…

500

【note先出しラジオ】「あいまい」って、本当に悪いこと!?あいまいな生き方のススメ

購入後に全編(08:10)を視聴することができます。

スキ
28
有料
200

順風満帆なキャリアなんてどこにもない。 川田十夢さんと谷尻誠さんに聞く、世界に繋…

優れている人には、いわゆる天才型と秀才型がいる。 何でもすぐできるようになる天才型タイプ…

500

プロであることが足枷となる時代

「これからの時代に必要とされる能力やスキルは何ですか?」 講演会などに登壇すると、よく聞…

500

コルク佐渡島のコンテンツ履歴 (20.04)

僕の読んだ本や、観た映画・ドラマを感想つきで紹介する『コンテンツ履歴』。 「Stay Home」…

500

【note先出しラジオ】コロナへの対応で改めて感じる、アンラーニングの重要性

00:00 | 00:30

※試聴版です。オリジナル版(11:51)は購入後に視聴できます。

水曜日に公開している僕の『思考note』は、ライターの井手さん(いでっち)に言葉で伝えて、文…

200

観察力がある人は「タイミングの見極め」が上手い。 【観察本プロジェクト #02】

一流のクリエーターや経営者に会うと、ふとした会話の際に「そんなところまで見ていたのか!」…

500

息子も他人? 「人はなぜ揉めるのか」

 「自分がされて嫌なことは他の人にしない。自分がされたら嬉しいことを他の人にもする」 こ…

500

「どうせ自分なんか…」との向き合い方

僕には3人の息子がいる。 外出自粛により子供たちと家で過ごす時間が増えているが、大変なのはケンカが絶えないこと。ケンカ中は、まるで工事中の部屋に住んでいるような気分だ。工事であれば、耳を塞いでなんとか耐えてやりすごすしかないが、子供のケンカはまきこまれる。なぜか、両方が僕を殴り出すなんてことになることもある。 一緒にいる時間が増えて、ケンカ以上に気になったことがある。それは、子供たちが「自分はダメな奴」と思っている点だ。 長男の口癖は「どうせ自分なんか」だ。 ケンカを

スキ
328
有料
500