佐渡島庸平(コルク代表)

コルク代表・佐渡島のnoteアカウントです。noteマガジン『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』、noteサークル『コルク佐渡島の文学を語ろう』をやってます。編集者・経営者として感じる日々の気づきや、文学作品の味わい方などを記事にしています。

ゆっくりと動き考えることの難しさ

40歳を迎える頃から、「ゆっくり」を意識するようになった。 20代・30代の頃は、いかに早く、効率的に動けるかを追求してきた。「タイム・イズ・マネー」が原理原則の資本…

500

日常に埋め込まれた"暗号"を、どう掘り起こすか?

編集者とは、世間がまだ気づいていない「面白い」を発見する仕事だ。 だが、「面白い」は青い鳥のようなもので、「面白い企画はないかな?」と追い求めていると、なかなか…

500

人生を通じて、自分は何を「引き継ぎ」たいか?

去年あたりから、「受け継ぐ」「引き継ぐ」という言葉について、よく考えるようになった。 ぼくは、新人マンガ家に「好きのおすそ分け」としてマンガを描こうと、よく伝え…

500

「Do」ではなく、「Be」で抱負を立てる

ぼくは「今年は〇〇をしよう」という目標を意識的に立てない。 年始に目標を立てることに、以前から心理的な抵抗感があったのだけど、なぜか自分でもわからなかった。天邪…

500