佐渡島庸平(コルク代表)

コルク代表・佐渡島のnoteアカウントです。noteマガジン『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』、noteサークル『コルク佐渡島の文学を語ろう』をやってます。編集者・経営者として感じる日々の気づきや、文学作品の味わい方などを記事にしています。

作家の進化

平野啓一郎の『ある男』が、9月28日、発売になる。 『マチネの終わりに』の発売から、約2年。平野啓一郎が丁寧に紡いだ物語だ。  平野啓一郎というと『日蝕』のイメ...

300

絵の具が変えた世界

僕は、今、コンテンツが大きく変化する時代だと感じている。それで先日、著作権の専門家と特に議題を決めずに話し合う時間をとった。その時、「絵の具」の話を聞いて、衝撃...

300
残り7/10

具体→抽象→具体で生まれる物語

今までの編集者の仕事は、作家が物語という「言語コンテンツ」を作るのをサポートすることであった。 世の中は、具体的な出来事に溢れている。その無数ある具体的な出来事...

300
残り0/10