見出し画像

絵の具が変えた世界

  僕は、今、コンテンツが大きく変化する時代だと感じている。それで先日、著作権の専門家と特に議題を決めずに話し合う時間をとった。その時、「絵の具」の話を聞いて、衝撃を受けた。

 絵を描こうと思ったら、今の人は何をするのか? YouTubeで検索をして描き方を教えている人の動画をみて、真似て描くだろう。それで、pixivに投稿するかもしれない。

 pixivで毎日、他の人の投稿を見ていて、それを繰り返しているうちに、自分にもちょっと描けるかもしれないと感じて、描き始める人もいるだろう。

 今の時代は、絵の描き方がすぐにわかるだけでなく、絵を描こうかなという気持ちにする装置もたくさんある。

 昔の人は、どうだったのか? 時間をとって想像してみたことがなかったけど、ペン、絵の具、紙を用意して描いていたのだろうと漠然と想像していた。

 でも、違う。

 ペンをはじめとした描く道具を作れた人だけが、絵を描くことができた。絵が描けるとは、絵の具を作れる、絵の具を作る工房を持っているということがセットだった。

 絵の具を作るという作業が大変だった時、出てくる絵は、似通っていた。絵の具がチューブに入り、外でも使えるようになった時、印象派が生まれた。

 技術革新で、一部の人だけに専有されていた技術が解放されて、民主化された時、そのジャンルは、一気に花ひらく。

 絵の具を作った人は、著作権を主張しなかった。でも、絵の進化に大きな影響を与えた。

 絵は民主化された。でも、漫画はどうだ?

 漫画家は、脚本、演出、撮影、美術などなど、映画のすべてを一人でやってしまう総合芸術だ。だから、漫画家はすごい!と、僕は主張してきた。

 しかし、これは、視点を変えると、絵の具を作るところから絵を描いていてすごい!と褒めているのと変わらないかもしれない。

 漫画の絵の具に当たるものは何だろう? それがあれば、漫画がもっと民主化されて、今まで予想もしなかったような漫画が出てくるかもしれない。編集者として漫画というメディアを愛している時、僕がやることは、絵の具を見つけるという行為なのかもしれないと最近は考えている。

 いつもサポート&定期購読ありがとうございます。週刊連載を続ける作家の人のすごさが、このブログを初めて昔以上にわかるようになった。締め切りを守るのも、毎週、質を安定して書くのもすごく難しい。

 今回のブログも、はじめは抽象度が高くて、伝わるようにするために何度も書き直してしまった。新人作家には、伝わらなくても、出し続ける習慣を作ることが一番大事。伝わらないのをアップしても、読んでもらえないだけで、何も失わない。自意識が邪魔しているだけと、言っているのだけど、自分で実行するのは難しい。

 この後は、日記になります。

この続きをみるには

この続き: 2,449文字
記事を購入する

数量限定で販売中

残り 7 / 10

絵の具が変えた世界

佐渡島庸平(コルク代表)

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

購入&サポート、いつもありがとうございます!すごく嬉しいです。 サポートいただいた分を使って、僕も他の人のよかった記事にどんどんサポート返しをしています!

その反応が、自己分析のきっかけになります!
115
コルク代表・佐渡島のnoteアカウントです。noteマガジン『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』、noteサークル『コルク佐渡島の文学を語ろう』をやってます。編集者・経営者として感じる日々の気づきや、文学作品の味わい方などを記事にしています。

この記事が入っているマガジン

コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』
コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』
  • ¥800 / 月
  • 初月無料

『宇宙兄弟』『ドラゴン桜』などのマンガ・小説の編集者でありながら、ベンチャー起業の経営者でもあり、3人の息子の父親でもあるコルク代表・佐渡島庸平の思考を「おすそ分け」していくマガジンです。表では書きづらい個人的な話を含め、日々の日記、マンガや小説の編集の裏側、ここだけの対談レポート記事などを公開していきます。 詳しくは:https://www.sady-editor.com/n/ncaf941f64a0d

コメント (2)
絵の具を見る目が変わりますね。いつも「自分が取り組んでいる分野だったらどうだろう?」と考えることができるヒントをもらっています。NPO未来ラボでのコメント、嬉しかったです。ありがとうございました!
アイマス、初音ミク、ニコ動が歌に与えた影響と同じ感じなんですかね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。