佐渡島庸平(コルク代表)

コルク代表・佐渡島のnoteアカウントです。noteマガジン『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』、noteサークル『コルク佐渡島の文学を語ろう』をやってます。編集者・経営者として感じる日々の気づきや、文学作品の味わい方などを記事にしています。

目標を自分ごとにする鍵は、振り返り

春が来た。3月は、会社で「来期の個人目標」を設定する人が多いだろう。 目標を立てて、計画を執行する。何かを達成するために、それは揺るがない真理だとぼくは思ってい…

500

ぼくのマンガ編集者の師匠

ぼくに「あまり悩んだりしなそう」と言ってくる人がいる。おそらく、そのように声をかけてくる人とぼくとは、悩むところや種類がすごく違う。 人はみんな悩む。そして、そ…

500

感情のプレイリストの時代には、"読み切り"の価値が見直される

音楽との出会い方や楽しみ方が、SpotifyやApple Musicが普及したことで大きく変わった。 その変化を見ていて、マンガや小説など、出版業界が扱ってきたコンテンツのこれか…

500

相手を面白がるには”対話”が必要。 篠原信さんに聞く、メンバーを能動的にする接し方

人を育てるのには難しい。相手のためを思ったアドバイスが、かえって相手の意欲を削いでしまうこともあるし、最悪の場合、指示待ち人間にしてしまう可能性もある。 どうや…

人の心を動かすのは、技術ではなく衝動

本を読む時、ぼくらは、物語の背後にいる作者と出会う。 作者は、プロであるために、技術を磨く。しかし技術は、作者の衝動、情熱を伝えるための手段でしかない。技術は、…

500