佐渡島庸平/コルク代表

2002年に講談社に入社し、週刊モーニング編集部に所属。『バガボンド』(井上雄彦)、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)などの編集を担当する。2012年に講談社を退社し、作家のエージェント会社、コルクを設立。

価値観が回帰する

僕はマスメディアの出身だったことでたくさんの恩恵を受けた。しかし、同時にたくさんの思考の癖を身につけてしまった。その時に身につけた癖で、今の時代にそぐわないと思...

300
残り0/20

魂が乾いてる人たち

久しぶりに海外ドラマにはまった。海外ドラマって、1、2話は面白くみても5話くらいでお腹いっぱいになって観るのをやめてしまうことが多い。  『サバイバー 宿命の...

300
残り17/30

「期待しない」から作れる仕組み

多くの人は、この本を、素敵な試みをする会社の本として読むだろう。しかし、僕は打ちのめされた。経営者としての圧倒的な実力差を、終始感じさせられたからだ。  小松成...

300
残り24/50

行きと帰りは、景色が違う

吉田勝次さんとの出会いは強烈だった。コルクで一緒に仕事をしているアナログゲームクリエイターのしんどうさんの紹介だった。しんどうさんは、吉田さんが、世界一義理堅い...

300
残り21/30