佐渡島庸平/コルク代表

2002年に講談社に入社し、週刊モーニング編集部に所属。『バガボンド』(井上雄彦)、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)などの編集を担当する。2012年に講談社を退社し、作家のエージェント会社、コルクを設立。

親が死んだ日の夜に読めるマンガはあるか?『ポテン生活』ーー

親が死んだ日の夜に、どんなマンガを読めるだろう? 面白いマンガ、元気になるマンガ、恋したくなるマンガなどなど、素晴らしいマンガはたくさんあるけど、自分の親が死ん...

部活は毎年『Zero to One』。スタートアップ経営者はビジネス本を捨てて、『キャプテン』からリーダーシップを学べ!!

本は、鏡だ。 読みながら自然と浮かび上がってくる感想は、自分の心の状況を教えてくれる。『キャプテン』という作品に没頭しながら、僕は、僕自身について学んでいた。 ...

ラフからだって18番グリーンにはつながっている。『黄金のラフ』

ニヤニヤしちゃう。 『黄金のラフ』の主人公・藤本のバカっぷりは、にやけずにはいられない。 ワクワしちゃう。どんな時もバーディーを狙う無謀さに、いつのまにかかっこよ...