コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』

欲望に素直な息子を見て、思うこと。

福岡と東京の2拠点生活をはじめて、新しく生まれた習慣がある。 東京にいる時、ぼくは毎朝7…

500

"観察力"の鍛え方とは何か

いま、打ち合わせの合間の時間は、ほとんど全て本の執筆に費やしている。 これまで、ぼくは2…

500

成長の踊り場を、越えていくには?

自分の能力を大きく超えた挑戦をすると、人は不安になる。一方、能力が高いのに挑戦しないと退…

500

1番を目指すのではなく、基準値を上げる ── 『EN TEA』丸若裕俊さんが挑戦する、お…

伝統工芸を新たな視点で再構築・プロデュースして発信してきた人がいる。「日本伝統文化の再生…

作家の"本心"に迫る読書とは?

先週、平野啓一郎の『本心』が発売開始した。 ぼくは、平野啓一郎という作家の才能を多くの人…

500

第四章 勘違いのコミュニケーション

僕たちは生きている中で自分の言葉が相手に通じない経験をたくさんする。それはそこに「ズレ」…

200

愛する人の本当の心を、あなたは知っていますか?

「あなたにとって、愛って何なの?」 平野啓一郎の小説『かたちだけの愛』は、別れた妻が去り…

500

第三章 会話がもたらす孤独

僕たちは生きている中で自分の言葉が相手に通じない経験をたくさんする。それはそこに「ズレ」…

200

第二章 自由度は抽象度

 僕たちは生きている中で自分の言葉が相手に通じない経験をたくさんする。それはそこに「ズレ…

200

第一章 「言葉」という砂上の楼閣

 僕の話を聞いてよくわかるという人と全くわからないという人がいる。同じ話をして、なぜその…

200