コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』

人の心を動かすのは、技術ではなく衝動

本を読む時、ぼくらは、物語の背後にいる作者と出会う。 作者は、プロであるために、技術を磨…

500

リアルかオンラインか…は、的外れな問い

Clubhouseやポコチャは、なぜ流行っているのだろう? オフィスは、リアルとオンライン、どち…

500

取材がうまい人は何が違うのか?

編集者をやっていると、欠かせないのが「取材」だ。 マンガ編集者というと、華やかな響きがあ…

500

その人の本質は、お金の使い方に表れる

「あの人は成功しているよね」 そんな風に僕らが言うとき、うまく稼いでいる人を指しているこ…

500

40歳を超えると、"原点"に触れたくなる?

平野啓一郎の『マチネの終わりに』の中にこんな一節がある。 「人は、変えられるのは未来だけ…

500

Netflix と"金は天下の回りもの"

「金は天下の回りもの」 よく聞く言葉だが、この意味をどう解釈しているだろうか? ぼくは、…

500

2021年版、『編集者』をアップグレードする挑戦

2019年、2020年、そして2021年 ぼくの編集者観は、年を経るごとに変化を続けている。 数年前…

500

「想像できる」という傲慢、「想像しよう」とする謙虚

コーチングを学んでいると、「わかる」という言葉は簡単に使ってはいけないことを学ぶ。「わか…

500

本質を追求すれば、チャンスは何度でも訪れる

物語の力で、一人一人の世界を変える。 ぼくら、コルクのミッションだ。 作品を読んで、読者…

500

疲労という"麻薬"を、どう見える化するか?

不安から逃れるため、多くの人が意識せずに使用している麻薬がある。 それは「疲労」だ。 大…

500