週刊!編集者・佐渡島の『好きのおすそ分け』

5
ノート

「美しさ」に挑戦している人は誰だ?

僕がほとんどの新人作家に言う言葉がある。 「何が伝えたいの?わかりやすく!」 世間では、わかりやすく!わかりやすく!という言葉が連呼されている...

500

「おもしろい」は消費されるが、「カッコいい」は時代を超える。

凄まじいスピードでコンテンツが消費され消えていく。 丁寧にプロが作れば、注目される時代は終わってしまった。 一時的な熱狂を起こすコンテンツがあ...

500

運命に抗う 『ある男』について

「運命」という言葉を検索すると、田山花袋の「運命に従うものを勇者という」言葉に出会った。  運命に従う人は確かに勇者だ。 『マトリックス』の主...

300

作家の進化

平野啓一郎の『ある男』が、9月28日、発売になる。 『マチネの終わりに』の発売から、約2年。平野啓一郎が丁寧に紡いだ物語だ。  平野啓一郎とい...

300

小説が、今の時代にできること(平野啓一郎の新作をめぐって)

変化に合わせて、自分のやっていることの意味の問い直し(アップデート)が迫られている時代だ。  「本の出版がやりたいことか?」と問いかけ、「物語...

300