コルク佐渡島の好きのおすそわけ -深く感じる文学の嗜み方-

11
記事

「向き合う」は大げさなことではない。ケンカで学んだ人との向き合い方

息子が3人になり、一番大変なことは、ケンカだ。 3人とともに休日を過ごすと、とにかく疲れる。工事中の部屋に住んでいるような気分だ。工事であれば...

500

締め切りのうまい使い方

締め切りは、創作の女神と言われる。 そして、編集者の重要な仕事の一つとして、締め切りの管理というものがある。作家にどのように締め切りを伝えるか...

500

鍛えるべきは美意識と観察力。 クリエーターとして表現を磨くための「マインドセット」...

編集者として新人マンガ家を担当する時に、必ずぶち当たる壁がある。それは、どうやって「表現力」を上達させるかだ。 どんなに面白いストーリーを考え...

1,200

編集者の仕事をアップグレードする!

この1年間で、僕の編集者観は一変した。 編集者としての振る舞い方も、全く変わった。 そして、今、着実に手応えを感じている。 20代の僕が、今の僕の...

500

僕たち、「恥」の意味も知らずに恥ずかしがっていました。 【恥からはじまる「感情」論...

怒り、喜び、悲しみ、誇り――。 私たちの行動や思考を、無意識のうちに支配する「感情」。 誰もが振り回される「感情」とは、そもそも何なのか? 編集...

「コピーライターが100個もコピーを書く意味って分かります?」  田中泰延さんと語る"...

編集者として「人を惹きつける文章」とは何かを常に考えている。 そんな僕が注目している書き手のひとりが、初の著作『読みたいことを、書けばいい。』...

500

自己認識を深める鏡の探し方

誰かのことを、「セコい」とか「ずるい」とか、思ったことがあるだろうか? 僕は、ある。そして、ちょっと時間が経って、実はセコかったり、ずるかった...

500

「インスタントなビジネス本は、あなたを特別な存在にしない」 北野唯我さんと語る"ファ...

経営とは何か? 経営者のあり方とは? この問いを深く考えさせられる一冊と出会った。 北野唯我さんの最新作『分断を生むエジソン』だ。 この本では、...

500

極端なことを、真剣に考えてみる価値

いい企画は、世の中の見え方をがらっと変える。 新人マンガ家とたくさんの新連載の準備をしているため、いろんな企画を「あーでもない」「こーでもない...

500

コルク佐渡島のコンテンツ履歴 (19.12)

毎週水曜日の記事の有料部分でやっていた「僕が買った本・マンガ」と「僕が観た映画」。今月より「コルク佐渡島のコンテンツ履歴」として、先月の内容を...

500