見出し画像

「えっ、えっ、えぇっーー」の力

編集者の仕事は、作家の才能を「引き出す」ことだと僕は考えている。

どんなストーリーやキャラクターを作ればヒットが生まれるのかと、企画の「答え」を提案するのではない。より面白いアイディアが作家の心の中から出てくるように、作家が内省するきっかけとなる鏡のようなコーチが、今の僕が目指している編集者像だ。

そして、「変えてなくてはいけない」と感じる自分の課題がある。

僕の「話し方」と「聞き方」だ。

僕の長所は、遠慮せずに相手を深掘りし、相手が気づけていないことを引き出すところだ。そのことを、褒めてもらうことが多かったから、僕は「聞き方」がうまいのだと自己認識をしていた。

だが実際は、相性のいい作家の才能を偶然引き出せていただけはないか、と自分の長所を疑い始めた。出版社時代、付き合う作家は限定されていた。新人状態を自分で抜け出してきた、強い作家とだけ仕事をしていた。自分の力を発揮しやすい相手を、無意識に選んでいたかもしれない。

これまでの作家は、マスメディアの中の限られた席を勝ち取るための、ある種の「強さ」が求められていた。編集者からの質問で、深い内省をするきっかけになればいい。僕がどんどん質問するのは、新人を鍛えるトレーニングの一環だと思っていた。苦手をトレーニングで克服することでプロになる。

メディアには人が集まってきていた。厳しく接して、そこを勝ち抜く人と仕事をすればいい。

でも、ネットの時代は違う。多様性が輝く時代だ。強さは、もう求められていない。自分の好きなことをとことん伸ばせばいい。苦手は、自分が向き合いたいと思ったタイミングで向き合えばいい。編集者が向き合わせる必要はない。

より多様な個性を引き伸ばすためには、相手がドキッとする質問をするのではなく、寄り添っていくのがいいのではないか? そんな風に考えて、受容の仕方を試行錯誤していた。

相槌の打ち方だったり、うなづき方を工夫しているのだけど、なかなかしっくりこない。先日、ニッポン放送アナウンサーの吉田尚記さんと対談して、急に雲が晴れた感じがあった。

「驚く」のだ。

「えっ」と驚くのは、最高の受容だと。

自分の発言に対し、「なるほど」とリアクションされる場合と、「えっ!?」と驚かれる場合、どちらが続きを話したくなるか。

一見、「なるほど」は相づちとして相手を受容している言葉に聞こえるが、会話をまとめている。「なるほど」の後に、その話題を広げていくのは意外と難しい。「なるほど」や「確かに」といった相づちは、無難に会話を終わらせて、次の話題に移りたい時に使われることが多い。

一方、驚きの場合は、相手が話題に興味を持っていることが伝わってくるので、その先を話したくなる。相手を話しやすくする、自然なアシストが「えっ」という言葉だ。

子育てでは、自然とできている時があることを思い出した。

息子が絵を描いて近寄ってきたとき、「えっ、この絵は誰が描いたの!?すごいね」と驚く。本当に誰が描いているかわからないわけじゃない。演技で驚いている。でも、そのほうが、息子には僕の承認が伝わる。

論理的に評価されるより、感情で反応されたほうが、人は嬉しい。逆にいうと、感情で反応がないのに、論理的に褒められても人は喜ばないのだ。

「驚く」というのは、すごくわかりやすい感情の変化だ。

自分の感情を「反応」として相手にきちんと伝える。

これが僕に足りていないことだと気づき、最近は「驚く練習」をはじめた。発言に対して、意識的に大きく驚いてみる。些細なことでも驚いてみる。そんな練習だ。

自然発生的じゃないと感情はダメだという思い込みがあった。感情もコミュニケーションの道具として使う。感情を相手に伝える練習の第一歩として、驚きを伝えるのは、すごく有効だ。

寄り添うとは、感情を揃えること。一緒にいることでもないし、同じ考え方をすることでもない。感情を揃えることが大事なのだ。

「Conpassion」という単語があるけど、まさに「Passion」を揃えることが、寄り添うことなのだ。理性ではなく、感情で繋がる関係を築いていきたい。

***

今週も読んでくれて、ありがとう!
いいねやコメント、お待ちしています!!

この先の有料部分では「僕の日記」をシェア。僕の思考の原材料を公開します。

月800円の『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』マガジンの購読者になると、毎週水曜日に更新される記事の有料部分だけでなく、その他の有料記事も読めるようになります。マガジンの詳しい説明はこちらの記事で!


この続きをみるには

この続き: 5,316文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
表では書きづらい個人的な話を含め、日々の日記、僕が取り組んでいるマンガや小説の編集の裏側、気になる人との対談のレポート記事などを公開していきます。

『宇宙兄弟』『ドラゴン桜』などのマンガ・小説の編集者でありながら、ベンチャー起業の経営者でもあり、3人の息子の父親でもあるコルク代表・佐渡…

または、記事単体で購入する

「えっ、えっ、えぇっーー」の力

佐渡島庸平(コルク代表)

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

購入&サポート、いつもありがとうございます!すごく嬉しいです。 サポートいただいた分を使って、僕も他の人のよかった記事にどんどんサポート返しをしています!

ありがとう!コメントももらえると嬉しいです!
151
コルク代表・佐渡島のnoteアカウントです。noteマガジン『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』、noteサークル『コルク佐渡島の文学を語ろう』をやってます。編集者・経営者として感じる日々の気づきや、文学作品の味わい方などを記事にしています。

こちらでもピックアップされています

コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』
コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』
  • ¥800 / 月
  • 初月無料

『宇宙兄弟』『ドラゴン桜』などのマンガ・小説の編集者でありながら、ベンチャー起業の経営者でもあり、3人の息子の父親でもあるコルク代表・佐渡島庸平の思考を「おすそ分け」していくマガジンです。表では書きづらい個人的な話を含め、日々の日記、マンガや小説の編集の裏側、ここだけの対談レポート記事などを公開していきます。 詳しくは:https://www.sady-editor.com/n/ncaf941f64a0d

コメント (1)
佐渡島さんと話をしていると、ソクラテスや孔子と話をしている気がします。欧米ではソクラテスメソッドというのですが、話の中から新たな発見をする。これは佐渡島さん自身が答えを知る必要はない。でも、このメソッドの欠点は相手側が自分の考えについて自信を持っていないとダメなんですよね。考える事に自信を持っていない人だと続かない。その中で、「えっ」っていう驚きを加えることで、相手の自信に繋がるのかなと。参考になります!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。