スクリーンショット_2019-10-01_18

読むための本? 持つための本?

『コルクインディーズ』の裏側を伝えていく連載。4回目となる今回は、「本のあり方」について話をしたい。

コルクインディーズでは、コルク自ら出版をする時もある。現在は、コルクインディーズを応援してくれている一部書店と、コルクインディーズのECサイトで購入できる。

第1弾は、やじまけんじの『コッペくんとしんぱいいぬ』と月本千景の『つきのもと』だ。

『コッペくん』の価格は2000円。高いのには理由がある。

表紙のコッペくんを触るとフワフワしていて、クマの毛みたいになっているのだ。『つきのもと』も作品のテイストにあわせた凝りかたで1000円する。

画像1

装丁に凝っているとはいえ、新人のやじま君のはじめての単行本で、いきなり2,000円の価格設定は強気だと思うかもしれない。出版の常識ならば、絶対にこのような本は作らない。

僕も、一般的に流通しているマンガの単行本に近い600〜800円くらいの価格で売り出したほうがいいんじゃないかと悩んだ。

でも、それは僕が今までの常識に縛られているだけで、こだわることを優先して2000円の本にした。『コッペくん』の電子版は、紙本と同じデザインだと魅力が伝わらないので、違うデザインにした。

なぜ、そう決断をしたのか。その理由は……

この続きをみるには

この続き:1,667文字/画像7枚
記事を購入する

読むための本? 持つための本?

佐渡島庸平(コルク代表)

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

購入&サポート、いつもありがとうございます!すごく嬉しいです。 サポートいただいた分を使って、僕も他の人のよかった記事にどんどんサポート返しをしています!

その反応が、自己分析のきっかけになります!
36
コルク代表・佐渡島のnoteアカウントです。noteマガジン『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』、noteサークル『コルク佐渡島の文学を語ろう』をやってます。編集者・経営者として感じる日々の気づきや、文学作品の味わい方などを記事にしています。

コメント1件

わたしは電子書籍よりも紙の本が好きでそしてまさに表紙が好きなかんじだとつい手にとってしまいます。

同じような内容の本を探しているときなどは表紙が好みのものを手にとって中を見て購入するか決めています。

読みきれていない本もありますが(いわゆる積ん読(^^;))
必要になったり読みたいと思うときに少しずつ読み進めたいと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。