見出し画像

安全・安心な場って誰が作る?

 世の中がどうなっていくのか分からず、漠然とした不安を抱えている人は多いだろう。技術の進歩も早すぎて理解が追いつかないし、トランプ大統領をはじめとし、世界中の政治家が何を考えているのか予想すらつかない。何が起きても不思議ではない。

 知らない中での想像は、お化けと戦うのと同じだ。ただただ不安が募る。相手も自分と同じだと想定すると、どうやっても相手の行動が理解できない。その行動の裏にある悪意を読み取ってしまう。

 相手が自分とは違う発想をする人だと理解し、その発想方法を理解さえできれば、不安は一気に減る。

 安全・安心な場とは、万人に共通のルールを作って、生み出すものではなく、万人が相互に理解し合っていると、そのような場になっていくのではないか。

 我々は、知らないこと、理解していないことにすら気づかず、いろいろな意思決定をしてしまっているのではないか。

 そんなことを考えさせられたのは、このインタビュー記事を読んでだった。

シリコンバレー在住のリベラルな僕がトランプ大統領支持者100人と話して理解した「アメリカのリアル」 

 記事は、本当にシンプル。反トランプの人が、トランプ支持者100人から丁寧に話を聞いているだけ。その行為によって、少なくとも記事の筆者には、「分断」と呼ばれる状況から、少しは「安全・安心」の場にアメリカが変わっただろう。

 コルクにはたった20人程度の人しかいない。しかし、社員から会社が「安心・安全」な場ではないと声があがる。その声に合わせて、ちょっと変更を加えると、別の社員から不満の声があがる。どのように制度設計をしていけばいいのか、頭を悩ませていたところだった。でも、記事を読み、やらなければいけないことがわかった。

 世の中に誰もが心地よい安全・安心な場などないのだ。それがあるとしたら、人間は画一的だという想定の元であり、全体主義的な思想に基づいている。多様性を認めながら、安全・安心な場を作るためには、個人が変わるしかない。個々人が相手を知るために、コミュニケーションをとりまくるのが、唯一の解決法だ。お互いを知っている。そして、相手との違いも理解している。そのことが、安心を生み出すのだ。無知が、不安を生む。

 一人の人間は、情報量がありすぎる。学歴など、履歴書にのる情報は、全体像の想像に役立たない。人の顔の特徴を似顔絵で理解するのと同じように、情報量をうまく減らした方が、その人への深い理解がしやすくなる。最近僕はストレングスファインダーとFFS理論の両方をつかっている。一旦、その二つだけまで、情報を減らす。そのうえで、その人の全体を理解しようと試みる。その結果、驚くほどコミュニケーションがスムーズになった。

 お互いが相手を理解するために、双方向に努力すること。それしか、安心・安全な場を作る方法はない。シンプルなのだけど、人類がなかなか実現できない難しい課題だ。すくなくとも、自分の身の回りだけでは実現したい。


僕のツイッターアカウントは@sadycork。フォローをお願いします!

いつもサポートをくださる方ありがとうございます!メッセージのやりとり楽しいです。

コンテンツ会議、参加者が増えているのも嬉しいです。水曜日にブログをアップするのをさぼれなくて、いいプレッシャーになっています。(笑)



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

購入&サポート、いつもありがとうございます!すごく嬉しいです。 サポートいただいた分を使って、僕も他の人のよかった記事にどんどんサポート返しをしています!

その反応が、自己分析のきっかけになります!
42

佐渡島庸平/コルク代表

2002年に講談社に入社し、週刊モーニング編集部に所属。『バガボンド』(井上雄彦)、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)などの編集を担当する。2012年に講談社を退社し、作家のエージェント会社、コルクを設立。

コルク佐渡島、note加藤のコンテンツ会議

コルク代表・佐渡島庸平、noteやcakesの運営会社ピースオブケイクの代表・加藤貞顕が、その週にふれたコンテンツについて書いていきます。毎週水曜日更新(予定)!

コメント4件

こんにちは。^^
記事を拝読しまして、一クラスが100人以上いた学生時代、現職の接客業、ボランティア参加の地元の会議を思い出しました。
その時々の知恵や周りからのアドバイス、方法、で何とか現在に至ります。
思い返したらどの試行錯誤も苦い結果も、後になれば大切な糧と経験です。^^


赤城 春輔
ズレてたら申し訳ないですが、今回記事で感じたのは「経営者と従業員の温度差」ですね。
例えば従業員は会社の赤字を知らないで、自分の給料について不満を漏らすみたいな局面です。

僕はそういう人々を見てていつも思うのは、会社側が業績だけじゃない会社の全体像を従業員にきちんと伝えるべきではないのかという事です。多分日本の大部分の従業員は会社の事なんて殆ど知らないんじゃないですかね?

そして従業員に会社の事を良く知って貰った上で、どうすれば不満を解消出来るのか提案して貰うというのはどうでしょう?
佐渡島さん個人だけの知恵じゃなくて、従業員皆の知恵を出し合えば全体の不満指数は減るんじゃなかと思うのですよね。
連投をすみません。
ふと、思い出したのですが、
学生時代、一クラスに100人以上クラスメイトがいた時、クラスの担任は、主担一人、副担二人の計三人がいました。学生数の分、作業が多いというのもありますが、
100人以上いると、一人の担任だけでは性格や相性が合わない・悩みを相談しにくい相性の学生が出てくるので、
副担合わせて担任が三人いる事で、クラスの全ての学生が担任三人の誰かに悩みを相談できる状態を作るよう、担任の誰かと性格や相性が合うように、
担任が三人置かれていました。

例えば、貴社のヘッドから数えて三人、貴社の社員皆さんの相談役として日常からコミュニケーションを取られるのはどうでしょうか?

過言かもしれません。失礼いたしました。
なんだかちょっと話が違うんですが、、
ここのところずっと自分の事を考えてまして。

究極の安全な場所って親(≒家庭)なんですよね。
わたしにはそれが無かった。
わたしはそれに漠然とした不安を抱えてた、っていうだけの話なんですが。

日本の精神医療は遅れているし、情報も遅い。地方は尚更。
気付けてよかったと思う反面、人生半ばまでそんな事言われても、と正直なところ思います。

タイトルにつられてついつい愚痴こぼしたくなりました。失礼しました。。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。