見出し画像

弱者に寄り添うキャラクター

 新人作家とベテラン作家は、生み出そうと挑戦するキャラクターの種類が違う。

 新人は、多くの人の記憶に残る強いキャラクターを生み出そうとする。そうしないと、作家として生き残っていけないからだ。しかし、強いキャラクターは、多くの人の憧れを生むが、弱者に寄り添うことはない。

 編集者をしていると、様々な方向から意見が届く。中にはびっくりするような感想もある。『働きマン』を読んで仕事をやる勇気をもらったという感想がほとんどだが、自分が仕事をできてないという現実をつくつけられてしんどくなった、という感想も来る。そのような感想の対応をしたら『働きマン』は別の作品になってしまう。しかし、作家は、そのような読者の心にも届く作品を描きたいと思う。そのような試行錯誤の中でできた作品が、『オチビサン』だ。詳細は、安野モヨコのこのインタビューを読むとよくわかる。

 ベテランになると、弱者と寄り添えるキャラクターを生み出そうとする。そちらの方がずっと難しいし、人生経験がないと描けない。作家のキャリアをつくっていくうえで、挑戦しがいのある課題だ。

 今、平野啓一郎と『マチネの終わりに』の次に書く作品について打ち合わせをしている。打ち合わせの最中に、平野啓一郎は「小説がどのように弱者に寄り添うのか」ということを何度も口にする。それで、僕も強く意識するようになった。確かに『空白を満たしなさい』は自殺に悩む人たち、自殺遺族に寄り添った作品だし、『マチネの終わりに』も40歳を過ぎて自分の生き方を見失ったギタリストの話だ。弱者に寄り添うためには想像力が必要とされる。そして、作家自身の精神的な強さも。弱い人を弾くのは、強さではなく、それを受け止めきれない弱さと想像力の欠如だ。

 保毛尾田保毛男の件が話題になった。それに対する批判への批判を見かけた。そこの議論に僕は参加するつもりはない。ただ、弱者への配慮が足りないという批判を受けたら、それはどれだけ必死に考えた結果だとしても、クリエイティビティの敗北だと思う。批判し返すのではなく、そのような弱者の気持ちをも想像した作品へと昇華させようと努力することが、作品に向き合う姿勢ではないか。作品との向き合い方は、人それぞれだが、僕は常にそのような姿勢で作品と向き合いたいと思っている。

 毎週、水曜日にブログをアップしています。いつもサポートや購入ありがとうございます!このブログをきっかけに僕がサポートしている作家を読む人が増えるのが嬉しいです。

 僕のTwitterアカウントは、@sadycorkです。フォローよろしくお願いします。

 今週の購入用のおまけ記事は、『宇宙兄弟』の小山宙哉が弱者に寄り添っている作家だと感じた時のエピソードを。

 確実に毎回購入してくださる方がいるので、月定額で安く購入できる仕組みも入れてみました。いつも購入して応援してくださる方は、そちらをどうぞ!僕もこの記事のアップを休めなくなるように自分で自分を追い込んでみました。(笑)

この続きをみるには

この続き: 832文字
記事を購入する

数量限定で販売中

残り 32 / 50

弱者に寄り添うキャラクター

佐渡島庸平(コルク代表)

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

購入&サポート、いつもありがとうございます!すごく嬉しいです。 サポートいただいた分を使って、僕も他の人のよかった記事にどんどんサポート返しをしています!

その反応が、自己分析のきっかけになります!
85
コルク代表・佐渡島のnoteアカウントです。noteマガジン『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』、noteサークル『コルク佐渡島の文学を語ろう』をやってます。編集者・経営者として感じる日々の気づきや、文学作品の味わい方などを記事にしています。

こちらでもピックアップされています

コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』
コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』
  • ¥800 / 月
  • 初月無料

『宇宙兄弟』『ドラゴン桜』などのマンガ・小説の編集者でありながら、ベンチャー起業の経営者でもあり、3人の息子の父親でもあるコルク代表・佐渡島庸平の思考を「おすそ分け」していくマガジンです。表では書きづらい個人的な話を含め、日々の日記、マンガや小説の編集の裏側、ここだけの対談レポート記事などを公開していきます。 詳しくは:https://www.sady-editor.com/n/ncaf941f64a0d

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。