見出し画像

リアクションを設計する

創造するとは、どんな行為なのか?

すべての創作物は、尊い。子供が描いた絵は尊い。ネット上に溢れている、たくさんの人のたくさんの言葉。どれも尊い。でも、僕はそれらの多くには関わらない。そのような創作物と、僕が関わろうとする創作物の間には何があるのか?

ネットの記事とある本をほぼ同時期に読む中で、その間にあるものを言語化することができた。

リアクションが設計されているかどうかだ。

脳科学者の中野さん、コピーライターの佐々木さん、simpleshowの吉田さんの鼎談のログミーの記事の中にこんな話がある。

『次の土曜空いてますか?』。この伝え方じゃどうなるかわかりません。
『めったに予約の取れないイタリアン、今なら今週の金曜か土曜に取れるんです。予定どうですか?』こう伝えたら大成功!
『AとB、どちらがいい?』と聞かれると、人はついどちらかを選んでしまうもの。コツは選ばれてもいいもの2つを用意すること。

『中の人などいない@NHK広報のツイートはなぜユルい?』の中にこんな文章があった。

私がツイートする番組情報は、あくまでも普通の会話をするためのきっかけ。そうか!みんなが話しやすくなる材料をツイートすればいいんだ!

どちらもリアクションをどう設計するかを意識する話だ。

作家は、心の中に、自分が考えたことを外に吐き出したいという創作意欲を抱えている。その創作意欲だけなら、日記、プライベートで楽しむものにすぎない。その気持ちを外に吐き出すことで、社会を、触れた人を、どう変えたいのか。そこまで設計して、かなりの部分、設計通りの反応を引き出してこそ、プロの創作物だ。さらに、その作品に含まれる余白によって、作者も設計してなかったリアクションもうまれると、さらにいい。

『宇宙兄弟』の感想で、「夜空を見上げて、月をみることが増えた」「ムッタ、ヒビトみたいに挑戦してみようと思います」そんな感想がくると、本当にうれしい。

『マチネの終わりに』で、「先が気になってページをめくる手がとまらなかったのだけど、美しい物語で読み終えたくもなかった」という感想がくるのも、すごくうれしい。

どちらも打ち合わせの時に、こんな感想がくるといいなと作者と話していたからだ。

作品とは、それ単体で存在できない。リアクションも含めて、一つの作品だ。リアクションを想定してないものは、趣味になってしまう。

毎週金曜日の朝9:00〜10:00は新しい才能と出会うための持ち込みの時間としてあけている。

リアクションを設計しながら作品を作りたい人は、ぜひ、応募してほしい。

僕のツイッター@sadycorkに直接話しかけてくれれば、時間枠を抑えます。

毎回、サポートというリアクションをいただくことで、このブログも楽しく続けることができています!ありがとうございます!!




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

購入&サポート、いつもありがとうございます!すごく嬉しいです。 サポートいただいた分を使って、僕も他の人のよかった記事にどんどんサポート返しをしています!

その反応が、自己分析のきっかけになります!
67

佐渡島庸平/コルク代表

2002年に講談社に入社し、週刊モーニング編集部に所属。『バガボンド』(井上雄彦)、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)などの編集を担当する。2012年に講談社を退社し、作家のエージェント会社、コルクを設立。

コルク佐渡島、note加藤のコンテンツ会議

コルク代表・佐渡島庸平、noteやcakesの運営会社ピースオブケイクの代表・加藤貞顕が、その週にふれたコンテンツについて書いていきます。毎週水曜日更新(予定)!
1つ のマガジンに含まれています

コメント2件

こんばんは。^^
前回の記事に引き続き、今回の記事も大変勉強させていただきました。佐渡島さんの書かれた「ぼくらの仮説が世界をつくる」と、「コルクを抜く」も最後まで読みました。
まだまだ試行錯誤で人生の迷走中ですが、迷走ながらも失敗を糧に、実践を続けたいと思います。
いつも、勉強させていただき、ありがとうございます。


赤城 春輔
リアクションを設計するのは、仕事だけ。
それをコミットしなければ成立しないから、お金をもらう価値が提供できる。
プライベートでは、「見た人どう思うかな(о´∀`о)」
本当はそのチャレンジを仕事にしたいし、一緒にチャレンジしてくれるお客さんと付き合いたい。
実際そうできていた時期もあったけど、今はそれを善しとしない環境で仕事してる。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。