見出し画像

閉じた場所が持つ意味

売り切れ

僕は今まで日記をつけたことがない。

つけても数週間で確実に終わってしまう。一人語りがうまくできないのだ。僕は、僕自身のことを楽しまない。だから、自分のために日記をつけることができない。

noteの定額課金はすごく不思議な場所を僕に用意してくれている。

ここにいる人には、自分の日常を話してみようと気になれて、自然と継続している。そして、自分でも振り返りができて、継続していることが楽しい。

何かを書き続けるには、読者の存在が必要で、ここには、ツイッターやフェイスブックとは明らかに違う空間だ。

じつはすべての行為がインタラクティブなのだと思うけど、リアルだとそのインタラクティブさが繊細すぎて、見落とされている。ネットになる時に、そこが漏れ落ちているのだけど、些細すぎて、漏れ落ちていることになかなか気づけない。

noteの有料部分が書く人に与える不思議な安心感を味わうために、noteをブログ的に使っている人も、あえて有料部分を使ってみるといいと思う。

この続きをみるには

この続き: 2,297文字
記事を購入する

閉じた場所が持つ意味

佐渡島庸平(コルク代表)

300円

この記事が参加している募集

コンテンツ会議

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
佐渡島庸平(コルク代表)

購入&サポート、いつもありがとうございます!すごく嬉しいです。 サポートいただいた分を使って、僕も他の人のよかった記事にどんどんサポート返しをしています!

その反応が、自己分析のきっかけになります!
54
コルク代表・佐渡島のnoteアカウントです。noteマガジン『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』、noteサークル『コルク佐渡島の文学を語ろう』をやってます。編集者・経営者として感じる日々の気づきや、文学作品の味わい方などを記事にしています。