見出し画像

マンガの制作を細分化する

ゼロから車を作ろうと思ったら、たくさんの試行錯誤が必要だが、もしも、もうすでに車がある社会で、車を作ろうと思ったら一番初めにやることは分解だ。分解して、研究して、分担して作業することで、再現性が高まる。

まずすることは、分解だ。

堀江さんは、こんな風にインタビューで答えていてマンガが最強のメディアになると予想している。

堀江さんと打ち合わせをすると、マンガで一番難しいところはどこ?と質問される。そこがわかって、研究すれば、もっとたくさんのいいマンガを作れるようになるはずだと。

同じ日にメタップスの佐藤さんと打ち合わせをした。佐藤さんは、タイムバンクでクリエイターが食べていけるようになる仕組みをつくりたい。それを率先して自分がやるために、原作を書いてみようというのだ。それで、マンガを作るという行為がどんな要素でできるのかを教えて欲しいという。

ビジネスの仕組みを理解している二人が、同日に、マンガの分解の仕方を質問されたというのが、非常に興味深かった。マンガの制作が民主化される時代がきていることの象徴のように、僕は感じた。

「営業」も人間力だから、仕組み化できないといわれていた。「経営」もだ。でも、それを細分化し、チームでできるようにした企業が、新しい世界を切り開いた。「営業」はリクルートだし、「経営」はマッキンゼーだ。

マンガはまず、

設定

キャクラクター

の二つを考えるところから始まる。

設定がよくできている作品は、宣伝がしやすい。その設定を一言聞くだけで、面白そう!と感じるからだ。プロデューサー主導タイプの作品は、設定がよくできている。

キャラクターを作り出すのが、難しい。魅力的な人物とは、完璧なわけでないからだ。欠点を持ちながら、何かを成し遂げる特別な能力のある人。そういう人を創造しなくてはいけない。

次に必要なのは、

美術

キャクターデザイン

だ。設定、キャラクターをより具体にしていく。

そして、

ストーリーの原案、あらすじ

ストーリーの脚本


ストーリーの演出

作画

今までのマンガでは、この6つの工程、すべてを一人の作家がやっている。たまに、原作とマンガに別れる時があるが、それは、1、3、4を原作が担い、他をマンガ家が担当している。

ドラゴン桜2では、1〜5を三田さんが担い、6だけ完全に外部に任せるというやり方を試みている。

僕が新人作家を発掘する時は、1のキャラクターを生み出せるか、5のストーリーの演出をできるかを、チェックポイントにしている。それ以外の工程はさらに細分化できるので、他の人でも再現可能だと思うのだが、1、5は、まだ細分化するための言語化ができていない。暗黙知が多い領域だ。

様々な職人技の歴史をみていると、細分化する行為は、その技への冒涜とみなされる。寿司職人の技術に対して、堀江さんが疑問を呈した時も同じだった。『トヨタ物語』を読みながら再確認したのだが、トヨタが職人の技術を細分化し、理解し、工場での作業へと変えた時も同じような反発を受けていた。

細分化するためには、その対象のことを深く理解しなくてはいけない。細分化して、多くの人が関われるようにすることは、その対象を愛しているが故の行為だと思っている。

イラストは、Pixivなどの力によって、民主化された。マンガはまだまだだ。これから、多くの人が参加して、くだらないものもたくさん増えて、たくさんの試行錯誤が繰り返されて、本当の民主化が起きて、マンガは進化するのではないか。

貸本が雑誌になり、週刊連載という仕組みがマンガを進化させた。同じように、細分化され、たくさんの人が得意なところで関わっていくことで、マンガは進化していく。そうやってできたマンガを読みたい、編集したいというのが僕を突き動かす力だ。

細分化していった時に、協力しあう行為を「ラリー」と呼ぶとしっくりくるのではないかと考えている。

コルクBooksは、マンガの民主化をCTOの萬田と徹底的に議論してできたサイトだ。まだα版だが、ここからより面白いプラットフォームにしていきたい。
https://corkbooks.com/


いつも購入&サポートでの応援ありがとうございます!

購入してくださっているみなさん、今回アップが遅れてすみません。購入部分は今回も日記になります。


この続きをみるには

この続き: 2,206文字
記事を購入する

数量限定で販売中

残り 8 / 15

マンガの制作を細分化する

佐渡島庸平(コルク代表)

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

購入&サポート、いつもありがとうございます!すごく嬉しいです。 サポートいただいた分を使って、僕も他の人のよかった記事にどんどんサポート返しをしています!

その反応が、自己分析のきっかけになります!
102
コルク代表・佐渡島のnoteアカウントです。noteマガジン『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』、noteサークル『コルク佐渡島の文学を語ろう』をやってます。編集者・経営者として感じる日々の気づきや、文学作品の味わい方などを記事にしています。

こちらでもピックアップされています

コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』
コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』
  • ¥800 / 月
  • 初月無料

『宇宙兄弟』『ドラゴン桜』などのマンガ・小説の編集者でありながら、ベンチャー起業の経営者でもあり、3人の息子の父親でもあるコルク代表・佐渡島庸平の思考を「おすそ分け」していくマガジンです。表では書きづらい個人的な話を含め、日々の日記、マンガや小説の編集の裏側、ここだけの対談レポート記事などを公開していきます。 詳しくは:https://www.sady-editor.com/n/ncaf941f64a0d

コメント (3)
ホンダのF1のチームの人に聞いたことがあるけど、科学を導入した分業体制で勝ちきれると思っていたら、どうしても一個人の全体を見渡したクリエイティブがないと勝ちきれない部分があるという。第2期のホンダのF1チームは、全て科学で分業できるという仮説で行動して、まだ結果がついて来ていない。自動車業界の人たちでも形式知にできない領域がまだあるというのが面白い。マンガの世界はどうなるんだろう。
細分化!ちょっとうまく表現できないのですが、佐渡島さんのこのnoteを毎週読んでいてピン!とくることがあり、仕事の新しいステップが踏み出せそうです。
マンガ製作の細分化(どこに持っていったらよいのかを一緒に考えてくれるエージェントがいない問題を含めて)とても興味があります。

細分化した作業でうまくいく部分と、一個人が全体を見回す、という作業部分の両方が
必要なのでは、と私は思っています。そういう意味では。映画やドラマってそういう作り方ですよね。

全体と個の両綸が互いに正確に機能したとき、「細分化する」ことに優位性が出てくるのではないかと思います。
何かを学習するとき、人によってサイクルが違うのだけれど、
ほとんどの人はそれに気づかないし、考えない。
脳やAI(統括)が手足(技術やノウハウ)を与えてやらないと、発達が遅れる、みたいなことなんじゃないかと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。