見出し画像

”憧れ”ではなく、”参加”を生む物語を

映像の20世紀から、ネットワークの21世紀へ。

情報技術の発展で、「他人の物語」から「自分の物語」へと価値が移行したことをを、宇野さんは『遅いインターネット』で指摘している。

僕も、10年前と今では、コンテンツをつくる際の考え方が随分変わった。

『宇宙兄弟』の連載開始時、小山さんに期待していたのは、とにかく深い人間描写だった。読者が主人公たちの物語を追いたくなる。そんなキャラクターを描くことができれば、作品は世の中に受け入れられる。その結果、生まれたのがムッタでありヒビトだった。

もちろん今でも人間描写が重要なのは変わりない。だが、それだけでは「他人の物語」の領域から抜け出すことはできない。

では、どうしたら「自分の物語」へと結びつくコンテンツとなるのか?

それは、物語に読者が「参加」できる要素を加えることだ。

音楽を例にするとわかりやすいかもしれない。近年ヒットしている楽曲の多くは、その曲で誰でもマネできるダンスを踊れたり、そのダンス動画をSNSにアップしたりと、その楽曲を媒介に「参加」できるものばかりだ。もともと音楽はカラオケで歌うなど、参加の要素の強いものだったが、その色合いが濃くなっている。コンテンツは、「参加」へのチケットととも言えるし、言い訳にもなっている。

SNSで人気のインフルエンサーを見ても同様だ。うまい人、すごい人がインフルエンサーになるのではない。

Instagramで「インスタ映え」する投稿を続けるだけでは、フォロワーを増えない。料理でも、メイクでも、ファッションでも、人気を集めているインフルエンサーの多くは、フォロワーが投稿された写真を見て「自分もそれをマネてみたい」と思える人たちだ。

これまでの時代、素人では簡単にマネのできないクオリティを届けることが「プロ」と呼ばれ、尊敬されてきた。だが今は、素人でも簡単にマネができ、自分の物語を充実したものにするためのネタを提供する人が、親しみを持たれ、人気になる。

現在は、ただ質が高いものを提供しても、勝てない時代だ。

考えてみたら、主人公のセリフやポーズをマネしたり、キャラクターを落書きできるマンガが、昔から人気だった。子供が好きになるには、参加の要素がないといけない。「かめはめ波」や「お前はすでに死んでいる」など、人気作には必ずと読者の記憶に残り、思わずマネたくなる要素が含まれている。

マンガが大人のものになり、そのような要素が少ないマンガもヒットしだした。僕は青年誌の担当だったので、マネをしたくなる要素を作品に入れ込むよりも、人間描写の深さ、物語の複雑さのほうを優先に編集をしていた。

『ドラゴン桜』というと、「バカとブスは東大に行け」というセリフを覚えている人が多い。実はこれは、マンガにはない。阿部寛さんによるドラマ版のセリフだ。このセリフは、ドラゴン桜を世間に広めるのに大きく貢献した。

マンガをどのようにして、「他人の物語」から「自分の物語」にするのか。プラットホームの変化もあるだろう。facebookやTwitterは、いいねのあり方を変えることで、情報への参加の具合を調整している。でも、マンガの内容自体も緩やかに変化していく必要がある。

読者が声に出したくなる印象的なセリフはあるか?マネしたくなるポーズはあるか?キャラクターを描いてみたくなる絵になっているか?

今まではチェックポイントとして優先順位が低かったことが、高くなってきている。新人マンガ家と一緒に作っている作品は、読者がゆるくでも参加できるかどうかを強く意識している。

コルクは「物語の力で、一人一人の世界を変える」をミッションに掲げている。このミッションを作った時、「自分の物語」という概念に対して意識的ではなかったが、他人の物語から自分の物語へと移行している時代にふさわしいミッションになっていると思う。

ドラゴン桜2は、1とどこかが違うのか? 1は情報が主体だった。一方、2は、スタディサプリやミンチャレなどすぐに使えるアプリが推薦され、Twitterを使ったり、YouTubeを使ったり、読者がすぐにやってみれる勉強法が紹介される。

また、今回のテーマについて、Youtubeでも話をしてみた。コチラも観てもらえると嬉しい(チャンネル登録、コメントも大歓迎!)。

***

今週も読んでくれて、ありがとう!

この先の有料部分では、「僕の日記」をシェア。僕の思考の原材料を公開します。

月800円の『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』マガジンの購読者になると、毎週水曜日に更新される記事の有料部分だけでなく、不定期にでる有料記事も含まれるので、金額的には随分お得です。


この続きをみるには

この続き: 2,925文字 / 画像1枚
記事を購入する

”憧れ”ではなく、”参加”を生む物語を

佐渡島庸平(コルク代表)

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

購入&サポート、いつもありがとうございます!すごく嬉しいです。 サポートいただいた分を使って、僕も他の人のよかった記事にどんどんサポート返しをしています!

その反応が、自己分析のきっかけになります!
98
コルク代表・佐渡島のnoteアカウントです。noteマガジン『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』、noteサークル『コルク佐渡島の文学を語ろう』をやってます。編集者・経営者として感じる日々の気づきや、文学作品の味わい方などを記事にしています。

この記事が入っているマガジン

コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』
コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』
  • ¥800 / 月
  • 初月無料

『宇宙兄弟』『ドラゴン桜』などのマンガ・小説の編集者でありながら、ベンチャー起業の経営者でもあり、3人の息子の父親でもあるコルク代表・佐渡島庸平の思考を「おすそ分け」していくマガジンです。表では書きづらい個人的な話を含め、日々の日記、マンガや小説の編集の裏側、ここだけの対談レポート記事などを公開していきます。 詳しくは:https://www.sady-editor.com/n/ncaf941f64a0d

コメント (2)
参加する要素を、上手く設計できるといろんなコンテンツが盛り上がりそう!
自分もこんなふうに生活していきたいなって感じてもらえる視点を持って発信していきまーす✨
3月6日の話。サディの話を読んでいるだけで、私も同じ景色を見ている気になり、心が苦しくなった。彼は、どんなことを感じたんだろう。
同じ音楽家であるが故に、ベートーベンの心の痛みまで、時空を超えて、とても近く、伝わる。

わたしは、いま、耳の聞こえない保育士さんと出会い、カメラを向けている。
彼女が、自分の耳が聞こえないと気づいたのは、実際に聞こえなくなってから、しばらくたってからだったと話してくれた。
ベートーベンも、きっと同じだったのではないだろうか。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。