画像1

六本木の街で奇跡的な再会【ラジオ日記(7/2)】

佐渡島庸平
00:00 | 00:30

※試聴版。オリジナル版(05:55)は購入後に視聴可能。

水曜日に公開している僕の『思考note』の、有料部分では僕の日記を公開しています。ただ、週一のペースで振り返ると、記憶が色褪せていくので、毎晩夜に今日の出来事や気づきを語る音声配信をはじめました!
みんながくれるコメントいつも読んでます!もしよかったらみんなもコメント欄で「振り返り」をしてみてほしい!
記事を購入する

六本木の街で奇跡的な再会【ラジオ日記(7/2)】

佐渡島庸平(コルク代表)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

購入&サポート、いつもありがとうございます!すごく嬉しいです。 サポートいただいた分を使って、僕も他の人のよかった記事にどんどんサポート返しをしています!

その反応が、自己分析のきっかけになります!
14
コルク代表・佐渡島のnoteアカウントです。noteマガジン『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』、noteサークル『コルク佐渡島の文学を語ろう』をやってます。編集者・経営者として感じる日々の気づきや、文学作品の味わい方などを記事にしています。

こちらでもピックアップされています

コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』
コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』
  • ¥800 / 月
  • 初月無料

『宇宙兄弟』『ドラゴン桜』などのマンガ・小説の編集者でありながら、ベンチャー起業の経営者でもあり、3人の息子の父親でもあるコルク代表・佐渡島庸平の思考を「おすそ分け」していくマガジンです。表では書きづらい個人的な話を含め、日々の日記、マンガや小説の編集の裏側、ここだけの対談レポート記事などを公開していきます。 詳しくは:https://www.sady-editor.com/n/ncaf941f64a0d

コメント (4)
【7/2振り返り】
子どもと宿題やらない、やりなさいで夕食後にもめ、不毛なイライラ時間を過ごしてしまった。そもそも私は宿題はやるべき、やらなくてはいけないとは思っていないのでやりなさいを言うこと自体がストレス。漢字は毎日やったほうがいいと思っているけど、算数の計算はある程度できるので、週末にじっくりやるのでもいい気がしている。あと学校からの宿題(教材)でなくてもよいと思ってい。)子どもにはママはやらなくてもいいと思うし、やらない選択をするのは自由だけど、それは先生に自分で言うように伝えた。宿題やるのが目的になるのは何かおかしいなと思う。かつやらせないのは親がいけない、みたいな風習がいやだなと改めて思った。気づき?としては親子共にやりたくない、やらなくてもいいと思っていることをやらせる意味は本当にあるのかちゃんと考えないといけないな、、、ってこと。
今日はあるアーティストのライブ音源を聴いていた。昨年リリースされたアルバムのワンマンライブの音源で、アルバムに参加しているアーティストの殆どが出演していた。曲は全て生バンド形式で再現されていた。
このアルバムに参加しているアーティストは皆coolだ。曲もどれもcoolだ。それだからか、私はこのアルバムをサラッと聴いただけで、リピートすることはなかった。
けれど、ライブ音源では印象が違った。歌い手の声から生命力を感じる。その生きた声から発せられるメロディ、リズム、歌詞は現場に居る人だけでなく、データ越しで私にも感動を与えた。
アルバムの主宰者には、その界隈では誰もが知るヒット曲がある。ただ、私はその曲にあまり心を掴まれなかった。私にとっては"良曲とされてる曲"という認識だった。しかし、生きた音はその印象すら変えてしまった。私の体は自然と揺れていた。
これこそライブの価値だ。私は作品としてパッケージされたアルバムはリピートしないが、このライブ音源は明日も意識的にリピートしているだろう。
アーティストという生き物は、社会的に外れた人ばかりだ。私は彼らの能力にリスペクトしながらも、同じ社会で生きる人としては毛嫌いしていた。けれど、このライブ音源を聴き、それで良いじゃんと思えた。この瞬間(ライブ)の為であれば、他は堕落していても構わない。なんだったら、ライブしてる時こそ彼等がLIVEしている瞬間なであり、それ以外の場面では死んでいて当然じゃないか。音楽を楽しむ上で、アーティストの私生活にまで目をやる必要はないのだ。

こんな事を感じれた自分が嬉しく、今日という日に意味を感じることができた。
7/2ラジオ日記の感想
自分にとって最適な打ち合わせのやり方をみつけていてよいなと思った。散歩しながらだと集中して実りある打ち合わせが出来るという感覚(確信?)が更なるよい循環を産んでいるようにみえる。また、出来事とそれに伴うワクワク、嬉しいなどのポジティブ感情を掴めているからそこにフォーカスが当たっていてよい連鎖になっていると感じた。ベストな状態を探し続ける姿勢はとても素敵!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。