スクリーンショット_2020-02-10_8

いつか、この2人が世界を変える。僕が見込んだ才能たちを紹介。【佐渡島の部屋 #01】

現在、僕はマンガの新しい「つくり方」、マンガ家の新しい「あり方」を模索している。

雑誌で連載し、単行本を出すことだけが、マンガ家の全てじゃない。今の時代、作家だって、グッズをつくっていいし、イベントをやってもいいし、ファンクラブを持ってもいい。それぞれの個性に応じて、選択肢は無数に広がっている。

ただ、はじめに大切にすべきは「ファンにしっかりと届ける」ことだ。

マンガ家にとって一番いい形は、ファンと直接繋がって、ファンに応援してもらいながら、自分が描きたい作品で成功すること。そのためには、マンガ家自らが、作品に込めた想いや、作家としてどうありたいかをファンに自分の言葉で語ることが大切になる。

「作品」にファンがつくにとどまらず、「作家」にファンがつく。

この流れを、僕は実現させたいと思っている。そのための活動のひとつとして、一緒にやっているマンガ家を紹介するYoutube動画をはじめることにした。

その名も『コルク佐渡島の部屋』

今回、紹介するのは、今年春から新連載がはじまる予定の2人。やじまけんじつのだふむ

やじま君は『コッペくん』、つのだ君は『りさこのルール』というタイトルで連載をはじめる。このnoteを以前から読んでくれている人ならわかるかもしれないが、1年以上温め続けてきた作品がいよいよ公開!

2人と新連載の見どころを語ったので、こちらの動画を見てくれたら嬉しい!

<ゲストの詳細>
やじまけんじTwitterInstagramnote
※『コッペくんとしんぱいいぬ』と『猫のおふくちゃん 1 』が絶賛発売中!

つのだふむTwitterInstagramnote

また、noteマガジン『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』の有料読者の人には、以下にて『りさこのルール』と『コッペくん』の最新のネームを公開します!

記事のコメントで作品への感想をもらえると嬉しい!

この続きをみるには

この続き: 76文字 / 画像13枚
記事を購入する

いつか、この2人が世界を変える。僕が見込んだ才能たちを紹介。【佐渡島の部屋 #01】

佐渡島庸平(コルク代表)

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

購入&サポート、いつもありがとうございます!すごく嬉しいです。 サポートいただいた分を使って、僕も他の人のよかった記事にどんどんサポート返しをしています!

その反応が、自己分析のきっかけになります!
57
コルク代表・佐渡島のnoteアカウントです。noteマガジン『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』、noteサークル『コルク佐渡島の文学を語ろう』をやってます。編集者・経営者として感じる日々の気づきや、文学作品の味わい方などを記事にしています。

こちらでもピックアップされています

コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』
コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』
  • ¥800 / 月
  • 初月無料

『宇宙兄弟』『ドラゴン桜』などのマンガ・小説の編集者でありながら、ベンチャー起業の経営者でもあり、3人の息子の父親でもあるコルク代表・佐渡島庸平の思考を「おすそ分け」していくマガジンです。表では書きづらい個人的な話を含め、日々の日記、マンガや小説の編集の裏側、ここだけの対談レポート記事などを公開していきます。 詳しくは:https://www.sady-editor.com/n/ncaf941f64a0d

コメント (1)
『りさこのルール』
はじめの輝かしいシーンからだんだん(読者として)園田のイメージが崩れていく様子がおもしろかったです。「まだ落ちる?」ってくらい人間性が落ちていくのでフリーフォールかと思いました。園田をみる目が「他人」→「親近感」→「応援しなくちゃ」へと変化していきました。タムリの「ヴォン」が好きです

『コッペくん』
体が隠れるくらいの大きなリュック(冒険に使う道具がぎっしり入ってそう)の絵から、くるっとふり返り手をふるお父さん(やっぱりリュック重そう)。この2コマだけで、「あ、もうこの話は絶対にいい話だ」という信頼感が芽生えました。
ジロが頬杖をついたまま手を振るなど、ディテールが天才です。
ネームの時点で「アニメ化まだですか?」と思いました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。