トークイベント_0509

どんな境遇の人でも選択肢が得られる社会へ。 乙武さんと小説『ヒゲとナプキン』について話す。

★コルクラボのイベントレポートになります。
(執筆:代 麻理子 / 写真・編集:井手 桂司

「実現したい社会があります。それは、どんな境遇の人でも、なるべく平等な機会や選択肢が得られる社会です。境遇はくじ引きのようなもの。本人が望まずに引いたくじにより、差がつくのはおかしい」

こう語るのは、作家の乙武洋匡さん

98年に出版された『五体不満足』の後、メディアを中心に活躍された乙武さん。現在は、車椅子の青年が歌舞伎町のホストクラブで働くという大胆な設定の『車輪の上』に続き、『ヒゲとナプキン』という小説を執筆中です。

佐渡島さんはその編集を担当しています。

乙武さんの原稿を受け取る度に、マイノリティの人たちの感情がものすごくリアルに描写されていると感動するそうです。

乙武さんは、こう言います。

「人間とは黒か白かで判断できるような存在ではないと思っています。グレー、いやもっと言えば、まだら模様なのがリアルな人間。僕だからこそできることを探し、取り組み続けたいです」

社会的マイノリティであり続けた乙武さんが、小説に取り組む理由とは、なんなのでしょうか。

コルクラボでは、乙武さんと佐渡島さんの対談を行いました。今回は、そのダイジェストをお伝えします。

画像1

【乙武洋匡(おとたけ・ひろただ)さん】1976年、東京都生まれ。大学在学中に出版した『五体不満足』がベストセラーに。卒業後はスポーツライターとして活躍。その後、教育に強い関心を抱き、新宿区教育委員会非常勤職員「子どもの生き方パートナー」、杉並区立杉並第四小学校教諭を経て、2013年2月には東京都教育委員に就任。教員時代の経験をもとに書いた初の小説『だいじょうぶ3組』は映画化され、自身も出演。続編小説『ありがとう3組』も刊行された。おもな著書に『だから、僕は学校へ行く!』、『オトことば。』、『オトタケ先生の3つの授業』など。2014年4月には、地域密着を目指すゴミ拾いNPO「グリーンバード新宿」を立ち上げ、代表に就任する。三児の父。電動車椅子で、これまで50ヵ国近くを訪問。

------✂------

こちらのイベントレポートは、有料マガジン購読者限定の記事となります。また、コルクラボのメンバーは、コミュニティの掲示板から記事を読むことが可能です。

この続きをみるには

この続き:7,045文字/画像7枚
記事を購入する

どんな境遇の人でも選択肢が得られる社会へ。 乙武さんと小説『ヒゲとナプキン』について話す。

佐渡島庸平/コルク代表

500円

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

購入&サポート、いつもありがとうございます!すごく嬉しいです。 サポートいただいた分を使って、僕も他の人のよかった記事にどんどんサポート返しをしています!

ありがとう!コメントももらえると嬉しいです!
41

佐渡島庸平/コルク代表

2002年に講談社に入社し、週刊モーニング編集部に所属。『バガボンド』(井上雄彦)、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)などの編集を担当する。2012年に講談社を退社し、作家のエージェント会社、コルクを設立。

週刊!編集者・佐渡島の『好きのおすそ分け』

コルク代表・佐渡島が、「コンテンツのDJ」として自分の好きを届けていくマガジンです!編集者や経営者としての日々の気づき、注目しているクリエーターや作品、影響を受けた話などを配信していきます。また、マガジン購読者限定の特別コンテンツとして、有料者限定記事、公開日記、製作途中の...
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。