トークイベント

自由な働き方はメンタル不調に陥りやすい? 産業医の大室先生と「健全な働き方」について話す。

★コルクラボのイベントレポートとなります。
(執筆:代 麻理子 / 写真・編集:井手 桂司

現在、『自由な働き方』という言葉のもと、複業・兼業・テレワークなど、様々な働き方を受け入れる企業が増えています。

ただ、個人に働き方の裁量が増えた一方、新しい問題も発生しています。

ノートPCやスマホで四六時中仕事ができる環境になったことで、私たちは人類史上最も脳が疲れる生活を送っています。そこに人間関係やトラブルなどでストレスが加わると、コップから水があふれるように、人はうつ状態になり、最悪自殺に追い込まれるケースもあります。

これまでは、会社が社員の健康もメンタルも管理をしてくれていましたが、『個の時代』と呼ばれるこれからの社会では、個々人で自分の心身をマネジメントする意識を持つ必要がありそうです。

そこでコルクラボでは、「健全な働き方」をテーマに、多くの企業で産業医を務めてきた大室正志さん佐渡島さんの対談を行いました。今回は、そのダイジェストをお伝えします。

画像1

大室 正志さん。大室産業医事務所代表。産業医科大学医学部医学科卒業。産業医実務研修センター、ジョンソン・エンド・ジョンソン統括産業医、医療法人社団同友会 産業保健部門を経て現職。専門は産業医学実務のほかメンタルヘルス対策、インフルエンザ対策、健康リスク低減など。現在、日系大手企業や独立行政法人など約30社の産業医業務に従事。著書『産業医が見る過労自殺企業の内側』(集英社新書)

------✂------

こちらのイベントレポートは、有料マガジン購読者限定の記事となります。また、コルクラボのメンバーは、コミュニティの掲示板から記事を読むことが可能です。

この続きをみるには

この続き: 5,437文字 / 画像11枚
記事を購入する

自由な働き方はメンタル不調に陥りやすい? 産業医の大室先生と「健全な働き方」について話す。

佐渡島庸平(コルク代表)

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

購入&サポート、いつもありがとうございます!すごく嬉しいです。 サポートいただいた分を使って、僕も他の人のよかった記事にどんどんサポート返しをしています!

その反応が、自己分析のきっかけになります!
53
コルク代表・佐渡島のnoteアカウントです。noteマガジン『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』、noteサークル『コルク佐渡島の文学を語ろう』をやってます。編集者・経営者として感じる日々の気づきや、文学作品の味わい方などを記事にしています。

この記事が入っているマガジン

コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』
コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』
  • ¥800 / 月
  • 初月無料

『宇宙兄弟』『ドラゴン桜』などのマンガ・小説の編集者でありながら、ベンチャー起業の経営者でもあり、3人の息子の父親でもあるコルク代表・佐渡島庸平の思考を「おすそ分け」していくマガジンです。表では書きづらい個人的な話を含め、日々の日記、マンガや小説の編集の裏側、ここだけの対談レポート記事などを公開していきます。 詳しくは:https://www.sady-editor.com/n/ncaf941f64a0d

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。