見出し画像

「おもしろい」は消費されるが、「カッコいい」は時代を超える。

凄まじいスピードでコンテンツが消費され消えていく。

丁寧にプロが作れば、注目される時代は終わってしまった。

一時的な熱狂を起こすコンテンツがあったとしても、次々と人々の関心は移り変わっていく。大きく話題になった映画、小説、アニメなどの作品も、数年が経つと、ほとんどの人はうっすらとしか記憶していない。

そんな時代において、記憶に残る作品を作るためには、「カッコいい」とは何かを考えることが非常に重要になる。

「カッコいいもの」とは、簡単に消費されないからだ。

僕にそのことを気づかせてくれたのが、小説家の平野啓一郎さんが新しく出版する新書『カッコいいとは何か?』だ。

平野さんは、物語を生み出すだけでなく、現代に必要な思考も生み出す哲学者のようにも僕は感じる。

小説『決壊』で、社会的な地位を得ていても心は満たされていなく、「何か」が起きてしまえば、たちまち全てが決壊してしまう危うさを秘めた主人公を描いた。

そして『決壊』を書き終えた後、「そういう人間が社会で生きていくためには、どうすればいいのか?」と考えながら、『ドーン』、『空白を満たしなさい』という小説を書きながら、たどり着いたのが『分人主義』だ。

自分のことが嫌いという人も、自分の分人を一つずつ考えてみると、誰それといる時の自分(分人)や、好みの作品を読んでいる時の自分(分人)は好きだと言えることがある。好きな分人が一つでも二つでもあれば、そこを足場に生きていけばいい。

分人主義とは、自分を愛することができる状態になるための、マイナスからゼロに戻すための思考法と言える。

では、ゼロからプラスへと、人を高みへと持っていくものとは何かを考えたときに、平野さんは、はじめ『憧れ論』というものを書こうとしていた。

人は何かに憧れることによって、もっと先に行こうと思って努力ができる。だから、憧れとは何かを解き明かしたいと。憧れについて思考を深めていくなかで、「カッコいい」と思うから憧れるということがわかってきた。

平野さんは、思索をする時に、自分の頭の中だけで考えることはしない。「カッコいい」という概念の歴史を調べにかかり、膨大な資料を用意し、それを読み込み、そこを元に自分の思索を深めた。

「カッコいい」とは、民主主義と資本主義とが組み合わされた世界で、法外な動員力と消費刺激力を持つものだということがわかった。「カッコいい」と思える対象となると、資本主義的にも成功するし、政治的にも成功する。

例えば、ナチスが、なぜ政治的にあれだけ成功したのかというと、もともとアーティストを目指していたヒトラーが、カッコいいデザイン、カッコいい演説をかなり意識的に取り入れていたからだ。政治は「カッコいい」という要素がなかなか取り入れられない分野だっただけに、それを誰よりもうまく取り入れたことにより、あれだけの人気を得てしまった。

今でもアートの世界でナチスのデザインが使われたりするのは、そこに思想的な共鳴があるのではなく、カッコいいデザインが時代を超えて生き残っているからだ。「カッコいい」は時代を超える力を持っている。

新書『カッコいいとは何か?』は、小説家というよりも、哲学者・学者・平野啓一郎による著作といった方がしっくりくるかもしれない。

この「カッコいい」という概念を解き明かすことへの挑戦は、小説家・平野啓一郎にとっても、重要な意味を持っていたと、編集者としては思っている。

これまでの平野さんの小説は、味わい深かさが魅力だった。そこに、「カッコいい」という要素が加わり、新たな境地へとたどり着く作品が生まれるのではないか。

「カッコいい」を理解することが、これからの時代はより大切になる。

「おもしろいもの」や「役に立つもの」は簡単に消費されていってしまう。でも、「カッコいいもの」は消費されない。

ぜひ、「はじめに」を読んでみてほしい!そして、早速、ゲラを読んだ人から、こんな熱い感想も出てきている。

ぜひ、ツイッターやnoteで「#カッコいいとは何か」で、自分が何をカッコいいと思っているか教えてほしい。

---✂---

いつもマガジンを読んでくださり、ありがとうございます!

ここから先のマガジン購読者向けの限定公開部分では、以下の内容を記載しています。

◉公開日記
◉鑑賞した映画やドラマの感想共有
◉購入した書籍の紹介と寸評
◉おたよりへの回答

また、『まぐまぐ』というメールマガジンサービスでも「週刊!編集者・佐渡島の好きのおすそ分け」の配信を始めました。noteで配信している内容が全て読めるメルマガです。初月は無料なので、試し読みしてみたいという方は、登録してみてください!

定期購読いただいている人がいることが、マガジン継続の支えになっています。ありがとうございます!

この続きをみるには

この続き:3,006文字/画像1枚
記事を購入する

「おもしろい」は消費されるが、「カッコいい」は時代を超える。

佐渡島庸平/コルク代表

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

購入&サポート、いつもありがとうございます!すごく嬉しいです。 サポートいただいた分を使って、僕も他の人のよかった記事にどんどんサポート返しをしています!

その反応が、自己分析のきっかけになります!
177

佐渡島庸平/コルク代表

2002年に講談社に入社し、週刊モーニング編集部に所属。『バガボンド』(井上雄彦)、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)などの編集を担当する。2012年に講談社を退社し、作家のエージェント会社、コルクを設立。

週刊!編集者・佐渡島の『好きのおすそ分け』

コルク代表・佐渡島が、「コンテンツのDJ」として自分の好きを届けていくマガジンです!編集者や経営者としての日々の気づき、注目しているクリエーターや作品、影響を受けた話などを配信していきます。また、マガジン購読者限定の特別コンテンツとして、有料者限定記事、公開日記、製作途中の...
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。