損なわれた人間が抱える荷物の重さとは?
見出し画像

損なわれた人間が抱える荷物の重さとは?

文学の奥深さに、ひとりではまっていくのは難しい。

サウナやワインと一緒で、水先案内人に楽しみ方を習いながら、仲間と作品について語り合うことで、気づくと作品を読む解像度が上がっていく。

そこで、noteのサークル機能を利用して、文学サークル『コルク佐渡島の文学を語ろう』を、今年の2月からはじめた。

この文学サークルでは、一冊の本を決めて、感想や気づきを共有し合う「読者会」を毎月開催している。これまでの読書会で選書した本はこちら。

<3月>

<4月>

<5月>

そして、6月の読書会では、村上春樹さんが翻訳をした、ティム・オブライエン『本当の戦争の話をしよう』について、みんなで語り合った。

村上さんと同世代で、翻訳を通じて、その存在を日本に広めたいと村上さんが思う作家であるティム・オブライエン。5月に村上春樹さんの『風の歌を聴け』を取り上げたこともあり、作品のテーマとして共通する部分も多い、この作品を今回はピックアップした。

せっかくなので、読者会で僕が話した『本当の戦争の話をしよう』の感想について、有料noteマガジン『コルク佐渡島の好きのおすそわけ』の読者に共有したいと思う。

===

この続きをみるには

この続き: 3,877文字
記事を購入する

損なわれた人間が抱える荷物の重さとは?

佐渡島庸平(コルク代表)

500円

この記事が参加している募集

読書感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
佐渡島庸平(コルク代表)

購入&サポート、いつもありがとうございます!すごく嬉しいです。 サポートいただいた分を使って、僕も他の人のよかった記事にどんどんサポート返しをしています!

ありがとう!コメントももらえると嬉しいです!
コルク代表・佐渡島のnoteアカウントです。noteマガジン『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』、noteサークル『コルク佐渡島の文学を語ろう』をやってます。編集者・経営者として感じる日々の気づきや、文学作品の味わい方などを記事にしています。