スクリーンショット_2019-08-25_23

音楽にも「編集」が必要だ。 編集者とミュージシャンが組む理由。

コンテンツが膨大に溢れた現在、エンタメのどの分野においても、コンテンツを届ける難易度は格段にあがっている。

特に音楽は、ここ10年間で環境が劇的に変わった。spotifyやApple musicなどの登場により、数千万曲を超える古今東西の楽曲に囲まれて生活できるようになった。

プロアマ問わず、楽曲が簡単に手元に届く時代において、僕は元ロードオブメジャーの北川けんいちさんの楽曲作りに今年から関わっている。

取り組みが開始してから約半年が経ち、先日コルクラボで、けんいちさんと対談を行った。主なテーマは「編集者として、僕がけんいちさんに魅力を感じる理由」。そのダイジェストを、コルクラボのライター部のメンバーがまとめてくれたので共有します。

〈ライター = 代 麻理子(コルクラボ)〉

画像1

北川けんいちさん。

高校生の頃からバンドを始め、2002年テレビ番組の企画にて、ボーカリストとして選出され、『ロードオブメジャー』が誕生。デビューシングル『大切なもの』は、ミリオンヒットとなる。インディーズバンド初のオリコン初登場1位を記録し、現在もまだこの記録は破られていない。その後も数々のヒット曲をリリースするが、2007年7月、ロードオブメジャー解散。解散3ヶ月後の10月には「北川賢一」からソロ名義『北川けんいち』としてソロ活動を開始。

***

「編集」とは、コンテンツとコンテクストを煮詰めること

画像2

佐渡島:
けんいちさんがボーカルを務めたロードオブメジャーの「大切なもの」は、90万部超えの大ヒットだったそうですね。

まずは、どのようにデビューしたかを教えていただけますか?

けんいちさん:
テレビ東京系の番組で、バンドメンバーをヘッドハンティングして、ひとつのバンドをつくる企画がありました。

それまでは全くの他人だった4人が集結し、100日間で全国50カ所を回ってライブをしました。発売したCDがオリコンで初登場50位以内に入れば「メジャーデビュー」、そうでなければ「即解散」という企画です。そこで、ボーカルとして選ばれ、デビューしました。

僕は番組以前から、地元である神戸でバンド活動をしていたのですが、それまでは曲づくりをしたことがなかったんですね。

この企画では、曲づくりから自分たちでやらなければならなかったのですが、僕ら全員が曲も歌詞もかいたことがないメンバーで(笑)。

そんなメンバー4人が集まり、試行錯誤しながらツアー中につくったのが、「大切なもの」という曲です。

佐渡島:
それがいきなり大ヒットしたのはすごいことですよね!

けんいちさん:
ただ、大ヒットと言われても、どこかずっと他人事というか…、自分たちがやったことではないような感じがしていたんですよね……。

それはなぜだろうと考えたら、テレビ番組の「企画力」が大きかったからではないかと思います。

佐渡島:
なるほど。「コンテンツ」を作ったのは自分たちだけど、それを届ける「コンテクスト」は番組が生み出しているので、自分たちでやりきっている実感が持ちにくかったのかもしれませんね。

僕は、プロの編集者を育成することを目的とした、『コルクラボ編集専科』というものを現在行なっています。

そこでは、ヒットを生むには「コンテンツを強くすること」「コンテクストを作ること」のふたつが大切だと伝えています。

コンテンツを「プレゼント」に例えるとすると、コンテクストは「プレゼントの送り方」。良いプレゼントを用意したとしても、送り方ひとつで受け手の印象は全く変わります。コンテンツとコンテクストの両方を煮詰めていくことが、「編集」なんですよね。


「コルクに所属してもらいたい」と思った理由

画像3

けんいちさん:
僕は今年の4月からコルクに所属しています。

ただ、佐渡島さんから「コルクに入りなよ」と言われた時、「どうして僕なんだろう?」と正直思いました。

ロードオブメジャー解散後、ソロ活動をしていたんですが、活動も徐々に減ってきて、ちょうどお声がけをしてくださった頃は「もう辞めよう」と思っていた時で……。

ライブをしても、「スベってしまったな…、ダメだと思われただろうな」と思ってしまったり。「あれもダメ、これもダメ」というネガティブな考えがぐるぐる頭の中をめぐってしまう状況でした。

「もう辞めて普通に働こうかな…」と妻に嘆くと、「普通に働くって、なんなの?あなたは音楽しかしてきてないよね。音楽がダメだから、普通に働くって、普通に働いてる人のことをナメてない? 」と言われました(笑)。

彼女がそう言ってくれて、自分の失敗に対する概念や、ソロとしての自分のスタイルを見直すきっかけになりました。

佐渡島:
僕が、「けんいちさんにコルクへ所属してもらいたい」と思った理由は、ふたつあります。

この続きをみるには

この続き:2,545文字/画像3枚
記事を購入する

音楽にも「編集」が必要だ。 編集者とミュージシャンが組む理由。

佐渡島庸平/コルク代表

500円

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

購入&サポート、いつもありがとうございます!すごく嬉しいです。 サポートいただいた分を使って、僕も他の人のよかった記事にどんどんサポート返しをしています!

ありがとう!コメントももらえると嬉しいです!
64

佐渡島庸平/コルク代表

2002年に講談社に入社し、週刊モーニング編集部に所属。『バガボンド』(井上雄彦)、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)などの編集を担当する。2012年に講談社を退社し、作家のエージェント会社、コルクを設立。

週刊!編集者・佐渡島の『好きのおすそ分け』

コルク代表・佐渡島が、「コンテンツのDJ」として自分の好きを届けていくマガジンです!編集者や経営者としての日々の気づき、注目しているクリエーターや作品、影響を受けた話などを配信していきます。また、マガジン購読者限定の特別コンテンツとして、有料者限定記事、公開日記、製作途中の...
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。