見出し画像

教師という名の感情労働について

感情労働という言葉を知っているだろうか?

子育て、介護、保育士・教師などが、そのような仕事に当たる。

今までは、知識・スキルの時代だった。一方。感情労働と呼ばれる職種は、知識・スキルはそこまで必要としない。そのため、比較的つきやすい仕事だと世間では思われている。医者や弁護士の方が、難しい。しかし、その前提が崩れようとしている。知識やスキルは、AIやロボットへと移転されていく。そして、知識やスキルが必要とされていないと思われていた仕事の本質が、浮かび上がってきた。今までと価値の逆転が起き始めている。

教師という職業の感情労働としてすごさを僕が思い知ったのは、自分の息子の不登校を通してだった。

数ヶ月前から、小学3年生の息子が学校に行きたがらない。ドラゴン桜で、東大は簡単だ!というメッセージを何度も発していたのに、小学校に息子が普通に行くようにすることが難しくてできない。

僕なりに息子の感情を理解したいと接するのだけど、その理由が、どうにもわからない。誰かにイジメられているわけでもない。妻とも何度ともなく話し合って、色々と接し方を試してみた。厳しくなったり、リラックスさせるようにしてみたり。どれも全く効果がない。

そばにいるのに、息子のことが理解できない。

でも、息子が通う小学校の先生達は違う。

妻と僕が息子と何時間話しても、気持ちを変えることができないのに、担任の先生、校長先生が5分、10分、息子と話すと、表情があっという間に変わって、息子が「行ってみようかな」「やってみようかな」という気持ちになる。

夏休みに入る直前、学校にはどうしても行けなくなり、教室に行く前の中継所として校長室に行くことになった。毎朝、僕と一緒に校長室に行き、3人で5分くらいのおしゃべりをする。話が終わるころには、息子が「教室に行ってみよう」と思えるようになる。

校長先生は、何ひとつ言い聞かせようとしない。「今日は何時に起きたの?」とか、一言、二言、聞くだけ。あとは、息子が話すのを待つ。校長先生も担任の先生も、うまく動けない息子をめんどくさがらない。どんな状態でも受け入れるという安心感を与えてくれる。

校長先生の息子への接し方を見る度に、「相手を受け入れるとは、こういうことなのか」と、いつも深い感動を覚えてしまう。

あんなに家では騒いでいた息子も、校長先生と話すと素直になる。僕が何時間もかけてもできなかったことを、校長先生はたった数分でできてしまう。この姿を目の当たりにし、改めて「教師」という職業の奥深さを感じた。

教師の役割は2点ある。

知識の移転と感情労働。

今までは、知識の移転ばかりが注目されていた。教師が、ビジネス界を知らず、世間の感覚とずれていることが批判されることもある。

教師の感情労働の側面は、ほとんど注目されてなかったと思う。しかし、たくさんの子供と接し、話をしている中で、簡単に言語化できない感情労働のスキルが教師には溜まっている。

子供の心に寄り添う、教師の仕事は、これからどれだけ時代が変化しても、決してなくならない。僕は、今回のプライベートの経験を通じて、感情労働に従事する人たちへの評価が、社会全体で低すぎるということに気付かされた。知識であれば、誰もが簡単に突破できない試験を簡単に行うことができる。感情労働は、評価制度が作りにくい。できる人の能力が可視化されづらいせいで、評価自体がされないのはもったいなすぎる。

「エモい」についてもブログを書いたが、これからは感情の時代だ。感情労働の評価制度をどのように作っていくのか。それが、社会全体の課題なのだろう。

僕は先生たちのすごさに感動と感謝をしている。しかし、それを届ける方法が社会の中にない。

ドラゴン桜も、東大に受かるための勉強法が注目される。でも、読むと感動するのはなぜか? 知識には感動しないはずだ。それは、桜木が実は、感情労働も得意だからなのだと思う。水野・矢島、天野・早瀬に寄り添い、彼らを挑戦する気にさせるのがうまい。その様子に、読者は感動するのだ。

ドラゴン桜2の最新6巻も昨日発売になった。感情労働をする桜木。その視点でドラゴン桜を読み直してみると新しい発見があるかもしれない。

ドラゴン桜の編集を通じて、たくさんの教育の知識を僕は持っていた。だから、そんなに苦労しないと思っていたが考えが甘かった。でも、息子の不登校を通じて、ドラゴン桜自体の読み方が僕の中でアップデートされた。


編集という仕事は、担当作品によって、人生を変えられていく仕事だと改めて思う。

---✂---

いつもマガジンを読んでくださり、ありがとうございます!

ここから先のマガジン購読者向けの限定公開部分では、以下の内容を記載しています。

◉おたよりへの回答
◉公開日記
◉鑑賞した映画やドラマの感想共有
◉購入した書籍の紹介と寸評

また、『まぐまぐ』というメールマガジンサービスでも「週刊!編集者・佐渡島の好きのおすそ分け」の配信を始めました。noteで配信している内容が全て読めるメルマガです。初月は無料なので、試し読みしてみたいという方は、登録してみてください!

定期購読いただいている人がいることが、マガジン継続の支えになっています。ありがとうございます!

---✂---

この続きをみるには

この続き:3,810文字
記事を購入する

教師という名の感情労働について

佐渡島庸平(コルク代表)

500円

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

購入&サポート、いつもありがとうございます!すごく嬉しいです。 サポートいただいた分を使って、僕も他の人のよかった記事にどんどんサポート返しをしています!

ありがとう!コメントももらえると嬉しいです!
437
2002年に講談社に入社し、週刊モーニング編集部に所属。『バガボンド』(井上雄彦)、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)などの編集を担当する。2012年に講談社を退社し、作家のエージェント会社、コルクを設立。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。