毎週水曜日、ケイクスの加藤さんと勝負!

コルクは「作家の価値を最大化する」ことを目標として行動している。

10年以上、編集者の経験がある僕には、それでも混乱をきたすことなく仕事ができた。でも、経験値の少ないコルクの若手には、その目標は難しすぎた。仕事Aと仕事B、どちらが作家の価値を最大化できるのか、人によって価値観が違いすぎて、優先順位を決められないのだ。そのせいで、組織としては、非常に非効率な状態になっていた。

そこで、会社のミッションは「心に届ける」。行動指針は、「さらけだす、やりすぎる、まきこむ」とした。それでもやはりわかりにくいところがあると思って、優先順位をもっと明確にするために、数値目標はTwitterのフォロワー数だけにした。

買収騒ぎのあるTwitterをコルクの数値目標にして本当に大丈夫? と思う人もいるかもしれない。他の数値が目標になりえるか色々と検討したが、様々なSNSの特徴を鑑みても、Twitterはドミノの一枚目となりえる。コルクのCTOに就任した萬田@daisakkuと長時間議論して、そう導き出した。(ちなみに僕のTwitterアカウントは@sadycorkなので、まだフォローしていない人はいますぐフォローを!)

そのように目標を決めたのはいいのだけど、Twitterのフォロワー、簡単には増えない。

そこで、ケイクスの加藤さんをまきこむことにした。

加藤さんの会社の社名「Piece of Cake」は、『宇宙兄弟』が由来なぐらい近しい関係なので、何かあると真っ先にまきこんでも問題ない気がどうしてもしてしまう。

ネット上での活動量を増やすことで、Twitterのフォロワーを増やす。

まずは、僕がサンプルとして色々活動してみて、よかったことをクリエイターにも応用していく予定だ。

マンガHONZでは、マンガのレビューを書いているけれども、それ以外のエンターテイメントに触れて湧き上がった感情を僕はどこにもさらしていない。それを毎週水曜日、noteに掲載していく。

加藤さんにも、同じように文章を書いてもらう。それで毎週PVを競い、年間で勝敗を決める。敗者が勝者に食事を奢る。

僕としては、加藤さんをまきこんだうえに、食事までおごってもらうつもりだ。

最後にもう一度言っておきますが、僕のTwitterアカウントは@sadycorkですよー!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

購入&サポート、いつもありがとうございます!すごく嬉しいです。 サポートいただいた分を使って、僕も他の人のよかった記事にどんどんサポート返しをしています!

その反応が、自己分析のきっかけになります!
34
コルク代表・佐渡島のnoteアカウントです。noteマガジン『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』、noteサークル『コルク佐渡島の文学を語ろう』をやってます。編集者・経営者として感じる日々の気づきや、文学作品の味わい方などを記事にしています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。