見出し画像

【マンガ専科本先出しnote】おもしろいマンガとは何か?

前回に続き、「コルクラボマンガ専科」でお伝えをしている講義の内容をお届けします。今回は、面白いマンガを描くための「情報と感情」「時間を止める技術」「演出」の3つの要素について解説します。

◆そもそもマンガとは何か?

マンガとは、「情報と感情」を「時間を止める技術」を使って、「演出」したもののこと、マンガ専科では定義しています。

マンガの大きな特徴は、コマワリです。「情報と感情」は、小説や映画にも共通していますが、マンガはその中で「時間を止める技術」を使って「情報と感情」を「演出」しているという点が特徴的なのです。

「マンガ」=「情報と感情」を「時間を止める技術」を使い「演出」したもの。

スクリーンショット 0002-07-26 午後0.21.26

では、「情報と感情」とはなんでしょう。

スクリーンショット 0002-07-26 午後0.22.12

ほとんどの新人マンガ家は、一生懸命設定や出来事を作ろうとします。でも、マンガを描いてやりたいことは、「情報を伝えること」ではなく、「感情を伝播させること」です。だから、感情を描かなければいけないのです。

ちなみに、インターネットは感情が伝播しやすいので、マンガとの相性がよいツールです。インターネットには、ネガティブな情報やコメントがたくさん書かれていますが、それは負の感情も伝播しやすいからなのです。悪い感情のイメージが強く印象に残っているだけで、決してそれだけのツールではありません。そのため、マンガとインターネットは親和性が非常に高いものだといえるのです。

ですから、マンガにおいては「どのような感情を描きたいのか」を決めることが重要です。その感情を伝えるための器、道具としてストーリーがあります。
新人マンガ家に必要なのは、ストーリーをこねくり回すことではなく、感情について深く考え、それを捉えることなのです。

◆「時間を止める技術」とは何か?

続いて、「時間を止める技術」についてお伝えします。

この続きをみるには

この続き: 3,393文字 / 画像1枚
記事を購入する

【マンガ専科本先出しnote】おもしろいマンガとは何か?

佐渡島庸平(コルク代表)

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

購入&サポート、いつもありがとうございます!すごく嬉しいです。 サポートいただいた分を使って、僕も他の人のよかった記事にどんどんサポート返しをしています!

その反応が、自己分析のきっかけになります!
23
コルク代表・佐渡島のnoteアカウントです。noteマガジン『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』、noteサークル『コルク佐渡島の文学を語ろう』をやってます。編集者・経営者として感じる日々の気づきや、文学作品の味わい方などを記事にしています。

こちらでもピックアップされています

コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』
コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』
  • ¥800 / 月
  • 初月無料

『宇宙兄弟』『ドラゴン桜』などのマンガ・小説の編集者でありながら、ベンチャー起業の経営者でもあり、3人の息子の父親でもあるコルク代表・佐渡島庸平の思考を「おすそ分け」していくマガジンです。表では書きづらい個人的な話を含め、日々の日記、マンガや小説の編集の裏側、ここだけの対談レポート記事などを公開していきます。 詳しくは:https://www.sady-editor.com/n/ncaf941f64a0d