見出し画像

仕事をするのは、当たり前のことか?

売り切れ

今は、箕輪さんが編集する本を書いている。それに時間を取られていて、毎週のブログを書く時間がない。

ここから1ヶ月は有料部分のみを更新する。

日記と購読している人だけが知っているetc.

この続きをみるには

この続き:6,683文字
記事を購入する

仕事をするのは、当たり前のことか?

佐渡島庸平(コルク代表)

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

購入&サポート、いつもありがとうございます!すごく嬉しいです。 サポートいただいた分を使って、僕も他の人のよかった記事にどんどんサポート返しをしています!

ありがとう!コメントももらえると嬉しいです!
30
コルク代表・佐渡島のnoteアカウントです。noteマガジン『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』、noteサークル『コルク佐渡島の文学を語ろう』をやってます。編集者・経営者として感じる日々の気づきや、文学作品の味わい方などを記事にしています。

コメント3件

「軽さと重さ」の話からの「安心と不安じゃない、安心と自由だ」のくだり、「確かに!!」と思ってすごくひきこまれました! 文章内容自体は今まで自分でも考えたことあることなのですが、筆運びが面白く、ぐいぐい読んでしまいました。

本筋と関係ない余談ですが、最後の一行について。
私は最近、『ネットのせいで、浅くて分かりやすい、共感しやすい文章ばっかりはびこってる。ネット以外の場所でも、皆が深くて遅い文章を読むスタミナが減ってる気がする。むしろネットのせいで文章は不自由になってるなー』と思ってるので、「インターネット=自由」とも限らないよなと思いました(Uberとairbnbだけじゃ納得しなかった))。もちろん本編でもっと詳しく触れられると思いますが、それも含めて楽しみにしています。
おおー!嬉しい。なんという贅沢。
佐渡島さんの頭の中で文章が練られていくプロセスを
ご一緒させてもらえるとは。
めっちゃ得している気分になります。

購読者特権のご好意に甘えて、さくっと3点書きます☺️

1)まず、「ブッキッシュ」で
  私の読む流れが止まり、ググりました(笑)

2)佐渡島さんが紹介される作品や本
  そして「ざっくりまとめると」のまとめ方が
  味があってとても好きです!

3)刺さったフレーズは以下の2つでした。
  ・昔の人は、暇で退屈していた。現代人は、忙しいのに退屈している。
  ・社会的であるために、人間が無理をしている行為が、山のようにある。  
  ここを深堀していくと、面白い視点が
  発見できそうでワクワクしています。

来週も楽しみにしています。お体ご自愛くださいー。
コメントしようと思いつつうまくまとまらずに一週間経ってしまいましたw1コミュニティはネット社会の前にもサークルみたいな形で作られることはあったと思うので、むしろネットによってもっと作りやすくなった、という方がしっくりきます。2コミュニティの問題として捉えられている点とアイデンティティの関係をどう捉えるか、という視点も面白いかと思いました。今までは例えば会社名や学校名がアイデンティティだったり、ママ友たちの間では〇〇君のママとしてのアイデンティティがあったのが、崩れてきているのかなという感覚です。続きがとても楽しみです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。