スクリーンショット_2019-10-03_14

副業・兼業が可能にする、なめらかなコミュニティ移転

挑戦には覚悟が付き物だった。

僕も起業した時のインタビューでもっとも聞かれた質問は、「どうやって覚悟を決めれたのですか?」だった。

今までの社会の仕組みは、色んなところで清水の舞台から飛び降りるような覚悟が必要とされてきた。起業じゃなくて、転職でも、10年以上勤めているところを変えるとなると、生半可じゃない覚悟が必要だったんじゃないかと思う。

でも、それが徐々に変わりつつあると感じる。

先日、僕が中の人をやっている『ドラゴン桜』のVtuber桜木が、ビズリーチ上で副業・兼業プロデューサーを募集した。すると、僕が想像してたよりもずっと多くの応募がきた。中には、大企業でかなりの役職についている人からの応募もあって、正直驚いた。

社会人としてある程度勤めたことがある人の多くは「会社は学校ではない」と思っている。学校ではないから、「転職した後に、お給料を貰いながら学ぼう」とは思っていない人がほとんどだ。

そうなると、今持っている自分のスキルがすぐに役立つ先への転職しか選択肢になくなるし、実際に役立つかどうかは転職してみないとわからない。だからこそ、転職には大きな覚悟が必要だったし、緊張を伴うものだった。

結果にコミットする気のある責任感の強い人であればあるほど、転職は大変だ。

コンテンツビジネスに興味がある人はたくさんいるけれど、その人が今は違う業界にいる場合、今まで磨いてきたスキルが役立たない可能性もあるし…と転職は踏みとどまってしまう。

けれど、副業・兼業という形ならば、そこまでの覚悟を必要とせずとも自分のスキルを別のコミュニティで試してみられる。

副業・兼業は副収入を増やすための「お小遣い稼ぎ」と捉えられることが多いけれど、そうした側面よりも「自分のスキルを気軽に試せるチャンス」という側面の効果の方が大きい。

ビズリーチでの兼業募集からだけではなく、コルクラボを見ていてもそう感じる。コルクラボでは自分が興味のある様々なプロジェクトを通じて、自分のスキルがこのような場面でも役立つのだと実感して転職する人が結構な数いる。

一緒にプロジェクトをやったメンバー間で、「一緒に働きたいから、うちの社長に会ってみない?」や「こういう案件があるんだけど、仕事としてやってみない?」ということが発生し、自然と誘って、なめらかな副業・転職が起きている。転職先に、自分の人柄、能力をよく知ってくれている人がはじめからいるというのも、メリットだ。

自分のスキルの価値を相対的に理解できると、転職はせずとも、逆に今の本業の良さがわかったり、副業で得た知識やスキルを本業に還元することもできるだろう。サラリーマンとして働いている人たちは、ぜひ一回そういう目で「副業・兼業」を検索してみるといいと思う。

転職先を探すとなると少し緊張するかもしれないけれど、「副業・兼業」は「週末どこに遊びに行こうかな?」くらいの軽い感覚で探せるのではないか。今は、三菱地所で副業の募集をしてるようだ。

最近のスポーツ選手の世界での活躍を見ていると、成功するのに必要なのは、覚悟ではなく、楽しむことなんじゃないかという気がしている。


今週も読んでくれて、ありがとう!

ここから先の有料部分では、「僕の日記」「最近購入した本」「読者からのお便り回答」などをシェア。僕の思考の原材料を公開していきます。

今回の「お便り回答」では、「恋愛に悩んだことがありますか?」という質問を受けて、恋愛に頭を悩ませていた昔のことを思い出し、懐かしい気持ちになった。

ちなみに月800円「編集者・佐渡島の好きのおすそ分け」マガジン購読者になると、毎週水曜日に更新される記事の有料部分が毎回読めたり、その他の記事も全て読めて、随分お得です。

この続きをみるには

この続き:4,153文字/画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
コルク代表・佐渡島が、「コンテンツのDJ」として自分の好きを届けていくマガジンです!編集者や経営者としての日々の気づき、注目しているクリエーターや作品、影響を受けた話などを配信していきます。また、マガジン購読者限定の特別コンテンツとして、有料者限定記事、公開日記、製作途中の作品、登壇したイベントレポートなども公開してます。

コルク代表・佐渡島が、「コンテンツのDJ」として自分の好きを届けていくマガジンです!編集者や経営者としての日々の気づき、注目しているク...

または、記事単体で購入する

副業・兼業が可能にする、なめらかなコミュニティ移転

佐渡島庸平/コルク代表

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

購入&サポート、いつもありがとうございます!すごく嬉しいです。 サポートいただいた分を使って、僕も他の人のよかった記事にどんどんサポート返しをしています!

ありがとう!コメントももらえると嬉しいです!
93

佐渡島庸平/コルク代表

2002年に講談社に入社し、週刊モーニング編集部に所属。『バガボンド』(井上雄彦)、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)などの編集を担当する。2012年に講談社を退社し、作家のエージェント会社、コルクを設立。

週刊!編集者・佐渡島の『好きのおすそ分け』

コルク代表・佐渡島が、「コンテンツのDJ」として自分の好きを届けていくマガジンです!編集者や経営者としての日々の気づき、注目しているクリエーターや作品、影響を受けた話などを配信していきます。また、マガジン購読者限定の特別コンテンツとして、有料者限定記事、公開日記、製作途中の...
2つ のマガジンに含まれています

コメント1件

無事に回復して早く美味しいごはんがたくさん食べられますように!無理せずお大事にしてください😭💐
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。