見出し画像

現在しか存在しない

 現在しか存在しない。過去も未来も全部、フィクションでしかない。

 アドラー心理学を学ぶ中で、そのような思考法を身につけた。もう起業して5年以上が経つが、まだ「講談社をなぜやめたのですか?」と聞かれることがある。その時に、僕は絶対に同じ答えをしない。その日のその時の気分で答える。自分でも何を答えるのかをその時まで知らない。インタビューが終わった後、なぜ自分はそのような受け答えをしたのか。今の自分の感情の何を反映しているのかと思考する。

 人は、現在だけを生きている。この思考が、子育てをしていると、どんどん確信めいていく。僕は実は、子育てについての連載をしていて、そこに何を書こうかと考えながら、子供を観察している。そうすると、過去の意味が、いとも簡単に崩れ去っていく。過去は、現在から光を当てられる。現在の場所によって、光の当たり方は変わってしまう。

 子供と同じ時間を過ごす。僕から見えている世界は、僕も妻も、3人の息子を公平に接しようと努力をする状態だ。家族で出かけて、みんなで楽しく過ごす。しかし、家に帰る途中で、次男、三男が、先に疲れて、車の中で寝る。僕と妻は、次男と三男を抱きかかえ、長男だけには、起きてもらって、自分で歩いてもらう。すると、長男は寂しさを感じる。楽しかったさっきまでの時間の中に、自分だけかまってもらえない事実を見つけ出し、愛していないから、自分だけずーっとかまわれないのだ、という考えになっていく。過去は、現在の感情を補強する道具としてだけ使われる。

 人が何か、過去の話をする時、しているのは過去の話ではない。過去という鏡に反射させて、現在の感情の何かを、現在に伝えようとしているのだ。過去は、現在を語るための、道具にしかすぎない。

 過去の情報は膨大にある。その膨大すぎる情報は、常に編集され、記憶として貯蔵され、ストーリーとして語られる。未来は、その延長にあるストーリーとして語られるだけだ。

 僕は、編集者として、過去の情報をどのように編集し、未来のイメージをどのように編集するかを、考えている。過去と未来を編集していくことで、現在の自分を変えていき、成長させることができるのではないか。いや、思いきったことをいうと、人を成長させるのは、過去と未来についての、繰り返しの語り直しだけではないか。

 今回の文章は、『君たちはどう生きるか』がヒットして、たくさんのインタビューを受けている羽賀翔一へメッセージでもある。伝わったかな?

 今週も読んでくださり、ありがとうございました。僕のツイッターアカウントは@sadycorkです。フォローをよろしくお願いします。

 いつも購入&サポートしてくださる方、ありがとうございます!よければ、サポートの際に感想もいただければ、刺激になります!

 今週の有料部分は、やめた理由の答え方の変化と日記連載です。

この続きをみるには

この続き:3,382文字
記事を購入する

数量限定で販売中

残り4/ 20

現在しか存在しない

佐渡島庸平/コルク代表

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

購入&サポート、いつもありがとうございます!すごく嬉しいです。 サポートいただいた分を使って、僕も他の人のよかった記事にどんどんサポート返しをしています!

ありがとう!コメントももらえると嬉しいです!
78

佐渡島庸平/コルク代表

2002年に講談社に入社し、週刊モーニング編集部に所属。『バガボンド』(井上雄彦)、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)などの編集を担当する。2012年に講談社を退社し、作家のエージェント会社、コルクを設立。

週刊!編集者・佐渡島の『好きのおすそ分け』

コルク代表・佐渡島が、「コンテンツのDJ」として自分の好きを届けていくマガジンです!編集者や経営者としての日々の気づき、注目しているクリエーターや作品、影響を受けた話などを配信していきます。また、マガジン購読者限定の特別コンテンツとして、有料者限定記事、公開日記、製作途中の...
2つ のマガジンに含まれています

コメント1件

「過去は、現在から光を当てられる。」「過去と未来を編集していくことで、現在の自分を変えていき、成長させることができるのではないか。」この二つの文章の残響が心地よいです♪
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。