見出し画像

自分に対してできないことは、他人にもできない

人が成長するのは、自分のブラインド部分に気づき、自らそれを変えようと努力した場合だけだ。

そう考えて、自分のブラインドを探すために、コーチングを受けている。

「自分に対してできないことは、他人にもできない」

すごく当たり前のことをドヤって書いているが、このことが僕にとっては、ブラインド部分で大きな気づきだった。

子育て、新人漫画家の育成で、リラックスさせて伸ばすことが、僕はうまくない。そのことをテーマにコーチングを始めた。様々な研究を読んでいると、褒められる方が、管理されるよりも、成長が早い。

なのに、どうしても厳しく指摘するほうが、成長が早いと僕は思ってしまう。そして、そちらを選択して、行動する。

僕自身が、僕をリラックスさせて伸ばしたことがない!リラックスさせるということが、自分に対してできていないから、他人にもできない。

僕は、自分自身に対して、強みより先に、いつも弱みが目についてしまう。

「まだ甘い」「もっとやれるはず」「もっと上を見ないといけない」「あの経営者と比べると自分なんて甘い」と、自分を追い込む方法で自分を成長させてきた。緊張によって、僕は成長してきた。

ストレングスファインダーなどのツールも使い、自分の強みを認識しているつもりだが、その強みをより活かす意識より、弱みを補完し、なんとか結果を出すという意識の方が強い。

「強みを知っていること」と、「強みを活かすこと」は、全くの別物なのだ。僕には、強みがあるだけで、強みを活かしていない。

厳しく接するということが、僕の個人的な成功体験になっている。成功体験にしがみつくとは、意識していない成功のときに起きてしまうのだろう。僕は、自分に厳しく接するのが、自分の成功体験だなんて思ったことはなかった。

自分で自分をリラックスさせて、うまくいった時のことを思い出そうとしても、何も思い出せない。自分自身に対して、一回もうまくいっていないことが、他人に対して、うまくいくと考えるなんて、傲慢すぎる。

自分をリラックスさせる。それは、自分の強みを自ら誇りに思うこと。自分をリラックスさせる先に、強みを活かすが待ってそうな気がする。

僕は新人漫画家の育成に精力を注いでいる。成功のためのドミノの一枚目は、「自分をリラックスさせる」かもしれない。意識することの矢印を、外ではなく、自分に向けないと、日々努力することができない。

育成は、矢印が他人に向いて、運任せになってしまいがちだが、「自分をリラックスさせる」から始まるのであれば、努力を継続することができる。

---✂---

いつもマガジンを読んでくださり、ありがとうございます!

ここから先のマガジン購読者向けの限定公開部分では、以下の内容を記載しています。

◉公開日記
◉鑑賞した映画やドラマの感想共有
◉購入した書籍の紹介と寸評
◉おたよりへの回答

また、『まぐまぐ』というメールマガジンサービスでも「週刊!編集者・佐渡島の好きのおすそ分け」の配信を始めました。noteで配信している内容が全て読めるメルマガです。初月は無料なので、試し読みしてみたいという方は、登録してみてください!

定期購読いただいている人がいることが、マガジン継続の支えになっています。ありがとうございます!

---✂---

この続きをみるには

この続き:5,908文字
記事を購入する

自分に対してできないことは、他人にもできない

佐渡島庸平/コルク代表

500円

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

購入&サポート、いつもありがとうございます!すごく嬉しいです。 サポートいただいた分を使って、僕も他の人のよかった記事にどんどんサポート返しをしています!

その反応が、自己分析のきっかけになります!
107

佐渡島庸平/コルク代表

2002年に講談社に入社し、週刊モーニング編集部に所属。『バガボンド』(井上雄彦)、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)などの編集を担当する。2012年に講談社を退社し、作家のエージェント会社、コルクを設立。

週刊!編集者・佐渡島の『好きのおすそ分け』

コルク代表・佐渡島が、「コンテンツのDJ」として自分の好きを届けていくマガジンです!編集者や経営者としての日々の気づき、注目しているクリエーターや作品、影響を受けた話などを配信していきます。また、マガジン購読者限定の特別コンテンツとして、有料者限定記事、公開日記、製作途中の...
4つ のマガジンに含まれています

コメント1件

ゲームやユーチューブに関して佐渡島さんも同じように悩んでいるんだなと思いました。
自分も子供が3人いて、6歳の長男に無制限でやらせていたこともあったのですが、そのことで揉めることが増えました。すごく悩みましたが、我が家ではとりあえず完全に禁止してみることにしました。
その後は以前のように、昆虫や宇宙や恐竜へ興味がいき、スマホのことは何も言わなくなりました。家族内も雰囲気がいいです。
ただ、なるべく早くテクノロジーに触させたいとも思っています。
未だに何が正解かは分からないのですが、家族内の雰囲気も含めて、何が本人にとって良い環境なのかを考えていきたいと思いました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。