ある男1

運命に抗う 『ある男』について

「運命」という言葉を検索すると、田山花袋の「運命に従うものを勇者という」言葉に出会った。

 運命に従う人は確かに勇者だ。

『マトリックス』の主人公、トーマスは、ネオとしての運命を受け入れて、救世主として活躍する。

『寄生獣』のシンイチは、ミギーの存在を受け入れて、戦う。 

運命として背負った重責を果たす人はかっこいい。

では、運命に抗う人はどうだろう?

『ガタカ』は、遺伝子操作を受けた適正者と、自然に生まれた不適正者が存在する社会だ。不適正者のヴィンセントは、適正者しかなれない宇宙飛行士になることを目指す。遺伝子という変えられない自分の運命に抗って。限りなく負け戦に近い敵に挑む姿も、またかっこいい。

運命に従う人、運命に抗う人、どちらが勇者と言えるだろう。

このことを『ある男』の打ち合わせを始める前に、平野さんと話し合った。「ハリウッドでは、10年おきくらいに、このヒーロー像が入れ替わっている」ことに平野さんが気づいたのだ。

平野さんは、「自由のこれから」という新書を書いた。

 その中で、ビックデータによるレコメンド機能で、私たちが、選んでいるようにみえて、選ばされているだけの未来がやってくることを指摘している。果たして、これからの時代、私たちは、自由意志を持てるのか?

 そのようなことをそもそも議論していたから、運命に抗い、自由意志で生きようとする男として、ある男=Xが生まれた。

 同時に、里枝は、息子の死という運命を受け入れた女性だ。城戸も、3勝4敗主義という思想を持ち、運命を受け入れたともいえる。

 運命に抗うことと、受け入れること、どちらが勇者なのか?そのことは、『ある男』の大きなテーマの一つだ。

 今回も読んでいただき、ありがとうございます!

この後の有料部分は、日記になります。

ここから先は

1,348字

¥ 300

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が参加している募集

#コンテンツ会議

30,826件

購入&サポート、いつもありがとうございます!すごく嬉しいです。 サポートいただいた分を使って、僕も他の人のよかった記事にどんどんサポート返しをしています!