反応しない、判断しない。『LISTEN』を読んで、改めて感じたこと
見出し画像

反応しない、判断しない。『LISTEN』を読んで、改めて感じたこと

編集者とは、作家の話を聞く仕事でもあり、話を聞き出す仕事でもある。

聞くを意味する言葉には、”hearing”と”listening”がある。hearは自然に聞こえてくるといった受動的な意味合い、listeningは意識して耳を傾けるといった能動的な意味合いで使われる。

編集者として求められるのは”listening”としての「聞く」であり、相手の頭と心の中で何が起きているのかを主体的にわかろうとする「聞く」だ。

ぼくは、聞く力を高めたいと思って、コーチングについて学んだり様々なことをしてきた。NewPicksの番組でMCを担当したのも、MCとは出演者から話を聞き出す役割なので、番組を通じて自分を鍛えられるのではないかと思ってからだ。

そして、「聞く」への学びを深めるのに、いい本と出会った。『LISTEN――知性豊かで創造力がある人になれる』という本だ。

プレゼンのプロやしゃべりの達人に、誰もがなろうとする必要はない。それよりも、「聞く力」を身につけるほうが圧倒的に大切だと、この本は主張している。

話を聞くということは、自分では考えもつかない新しい知識を連れてくる。また、話をじっくり聞ける人間は信頼され、特別な人間関係を育むことできる。聞くとは、人生を豊かにする道なのだ。

一方で、多くの人は聞いているようで、実際は聞くことができていないと、著者はいう。

聞くうえで一番重要なこと。
それは、相手の感情に寄り添うことだ。

人は感情に支配されており、冷静な論理よりも、嫉妬やプライド、恥、欲、恐れ、虚栄心に突き動かされて行動する方が多い。うわべの言葉だけで判断せず、言葉の奥にある感情に耳を傾けることが必要となる。

だが、多くの人は先入観によって、誤った判断をしてしまう。自分の物差しで判断してしまい、相手の感情に寄り添うことができない。本では、いかに多くの人が先入観を持っているかが書かれていて、どんな人でもバイアスからは自由になれないことがよくわかる。

では、バイアスから逃れられないなかで、どうすれば相手の感情に寄り添えるのか。

答えは、判断保留の態度で接すること。

相手の言葉に、すぐに反応しないこと。表面的な言葉だけを見て、判断をくださないこと。一呼吸を入れて、相手が本当は何を伝えたいのか、どんな気持ちなのかを、考えてみること。言葉になっていないところにこそ、耳をすませることが大事だと、本には書かれている。

ぼくの新刊となる『観察力の鍛え方』にも、判断保留の態度で接することが、多くの人が見落としてしまっている美しさやおもしろさに気づき、人生を豊かにすると書いている。

「観る」と「聞く」でアプローチは違うが、『LISTEN』に書かれている内容は、根本のところでシンクロする部分が大きいと感じた。

いま、SNSを眺めていると、バイアスによる罵りあいが目についてしまう。

でも、自分と異なる意見や理解できないものと出会った時こそ、判断保留の態度で、言葉の奥にあるものを察していきたいと、ぼくは思う。

『LISTEN』の内容を、ひとつ紹介する。

 "実は私たちは、自分の信念に確信を持つには、異なる意見をぶつけてもらう必要があります。自信のある人は、自分と違う意見に怒ったりはしませんし、反論するためにオンラインでかんしゃくを起こしたりもしません。

心に余裕がある人は、相手をひとりの人間として知ることもなしに「救いがたいほどのバカだ」とか「悪意を持っている」などと決めつけることはありません。"

ぼくが考えていることが、まさに書かれていると感じた。

・・・

今週も読んでくれて、ありがとう!この先の有料部分では「最近読んだ本の感想」「僕の日記」をシェア。日記には、日々、どんな人と会い、どんな体験をし、そこで何を感じたかを書いています。子育てをするなかで感じた苦労や発見など、かなり個人的な話もあります。

また、月800円の『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』マガジンの購読者になると、毎週水曜日に更新される記事の有料部分だけでなく、その他の有料記事も読めるようになります。

この続きをみるには

この続き: 3,788文字 / 画像2枚
記事を購入する

反応しない、判断しない。『LISTEN』を読んで、改めて感じたこと

佐渡島庸平(コルク代表)

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
佐渡島庸平(コルク代表)

購入&サポート、いつもありがとうございます!すごく嬉しいです。 サポートいただいた分を使って、僕も他の人のよかった記事にどんどんサポート返しをしています!

その反応が、自己分析のきっかけになります!
コルク代表・佐渡島のnoteアカウントです。noteマガジン『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』、noteサークル『コルク佐渡島の文学を語ろう』をやってます。編集者・経営者として感じる日々の気づきや、文学作品の味わい方などを記事にしています。