見出し画像

人は、人によって磨かれる

言葉によって世界の見え方は変わる。

雨が急に降る。そして、晴れる。空にかかった虹を見るとき、あなたは何をするだろう?

僕は、虹の色を数える。7色に見えると、今日の虹は綺麗だなと思う。インドネシアの人は4色、台湾は3色に見えるそうだ。もうすでにある言葉、概念で世界の見え方が変わる。

だから、僕は、自分にいい言葉、概念をインストールしようといつも思っている。よりいい言葉を見つけたら、既存の言葉を置き換える。使う言葉変えると、世界の解像度が上がる。

このブログを書くことが、まさに、言葉の置き換えを行う作業でもある。

“人は、人によって磨かれる” 

この言葉に僕は惚れた。

『宇宙兄弟』と『FFS(Five Factors & Stress)理論』を組み合わせて、チームビルディングの本を一緒に作ったヒューマンロジック研究所の古野俊幸さんとの対談で、古野さんが語った言葉だ。

僕は、誰かと真剣に衝突しあうことが、成長には欠かせないと思ってきた。

編集者であれば、作家と真剣にぶつかり合う。すると、自分と相手では考え方や見えている景色が違うことに気づく。それを繰り返すことで、お互いの視野が広がっていくのだ。

ただ、これは、お互いを尊重し、相手を理解したいという気持ちがないとはじまらない。自分が絶対に正しいという前提で接してしまうと、単なるマウントの取り合いになってしまう。真剣かつ健全な衝突が求められる。

健全な衝突の重要性は、ビジネスの世界でも説かれている。

様々なヒット商品が生まれた背景が書いてある『突破するデザイン』には、イノベーションを起こすには、信頼できるパートナーとペアを組み、疑問をぶつけ合い、衝突と融合を繰り返すことが重要と書かれている。

「タックマンモデル」というチームができるまでの4つの成長段階を説明するものがある。そこでも、各メンバーの本音の意見をぶつけあう「ストーミング(混乱期)」の重要性が説かれている。

僕は、自分が成長するためにも、会社が成長するためにも、健全な衝突をいかに起こしていくかを常に考えてきた。

だが、「衝突」という言葉には、少し攻撃的なニュアンスが含まれている。どんなに衝突の大切さを説いても、ポジティブに捉えることが難しい言葉だ。

他人と真剣に向き合うことが、自分を成長させる機会となることを伝えるために、どういう言葉で伝えばいいのか?

そんな事を考えていた時に出会ったのが「人は、人によって磨かれる」だ。

ダイヤモンドを研磨し、カットし、永遠の光沢を出すには、同じダイヤモンドで磨くしかない。

人も一緒だ。人は、一人で部屋にこもって、知識を蓄えても成長できない。人に揉まれ、磨かれ、成長する。

成長には衝突が欠かせないという考えより、人は人によって磨かれるという言葉に含まれる考えのほうが、僕が伝えたいことを的確に表している。

僕自身、衝突がしたいわけではない。ただ、お互いを磨いていきたいだけだ。

人は、人によって磨かれる。この言葉を僕は、これから繰り返し使うだろう。

***

今週も読んでくれて、ありがとう!

この先の有料部分では、「僕の日記」をシェア。僕の思考の原材料を公開します。

また、先週末から、フレッシュなうちに日記を届けられるように、有料読者向けに、毎晩その日の出来事を音声で配信する『ラジオ日記』もはじめました。

月800円の『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』マガジンの購読者になると、毎週水曜日に更新される記事の有料部分だけでなく、その他の有料記事も読めるようになるので、金額的には随分お得です。マガジンの詳しい説明はこちらの記事で!


この続きをみるには

この続き: 4,809文字 / 画像2枚
記事を購入する

人は、人によって磨かれる

佐渡島庸平(コルク代表)

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

購入&サポート、いつもありがとうございます!すごく嬉しいです。 サポートいただいた分を使って、僕も他の人のよかった記事にどんどんサポート返しをしています!

その反応が、自己分析のきっかけになります!
78
コルク代表・佐渡島のnoteアカウントです。noteマガジン『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』、noteサークル『コルク佐渡島の文学を語ろう』をやってます。編集者・経営者として感じる日々の気づきや、文学作品の味わい方などを記事にしています。

こちらでもピックアップされています

コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』
コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』
  • ¥800 / 月
  • 初月無料

『宇宙兄弟』『ドラゴン桜』などのマンガ・小説の編集者でありながら、ベンチャー起業の経営者でもあり、3人の息子の父親でもあるコルク代表・佐渡島庸平の思考を「おすそ分け」していくマガジンです。表では書きづらい個人的な話を含め、日々の日記、マンガや小説の編集の裏側、ここだけの対談レポート記事などを公開していきます。 詳しくは:https://www.sady-editor.com/n/ncaf941f64a0d

コメント (3)
チルチルミチル読み終わりました!
青い鳥の世界は自然環境について
問いを投げかけている作品だと感じました。
文学も「衝突」するコンテンツだと僕は思います。
必ず作品の中には理解できないところが含まれ、
怒ったり、泣いたり、笑ったり、感情を作者や作品とぶつけ合って初めて人間が磨かれていきます。
「人」と「人」が出会うとき運命以上の「万有引力」があると思います。
平野啓一郎さんの『本心』連載時から読まずにとっておいてました。やっと発売ですね🍀
一読者として非常に楽しみにしております。
では、また!!
こんばんは。

糠漬けにも通ずるのですが、尖った小石ほど削ろうとせずに撫でよ。

を、思いだしました。
こちらの手が痛み、手間暇かかるのは最初だけで。
撫で続けるからこそカドや酸味が取れていく。

そんな風にも読み取れました。
Netflixの「バーベキューの世界」
https://www.netflix.com/title/80182274?s=i&trkid=13747225

は世界の様々な国で肉を焼く行為がどんな文化になっているか?よく伝わるドキュメンタリーです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。