恋と嘘1巻_表紙

話題の『ReLIFE』と『恋と噓』をじっくり読んでみた!?

『ReLIFE』1巻 夜宵草 

『恋と嘘』1巻 ムサヲ

最近、マンガアプリが元気だ。

中でも、出版社ではない、IT企業によるcomico、マンガボックスが好調だ。

最近、僕も、ニュース共有サービス「NewsPicks」に記事を寄稿した。

comicoが好調なきっかけをつくったのは『ReLIFE』。いきなりのヒット作で、アニメ化も決まっている。

一方、マンガボックスは、なかなかヒット作がでなくて、ダウンロードは好調ながら、いまいち波に乗り切れていなかった。でも、マンガボックスからも、ついに『恋と嘘』というヒット作がでてきた。

では、果たして『ReLIFE』と『恋と嘘』は、面白いのか?

無料で読めるアプリの読者の嗜好は、有料の雑誌の読者と同じなのだろうか?

仕事柄、どちらの作品も、斜め読みはしていたのだけど、じっくり読むのは今回が初めてだった。正直、どちらも、そこまで期待していなかった(!)。無料にしては面白くて、どちらもうまく話題になってより売れているのだろう、と思っていた。

果たして、どちらも面白かった。伏線の貼り方なども長期連載が初めてとは思えない。

『ReLIFE』 のあらすじは、こんな感じだ。

ある薬を飲むと、体だけが高校生になる。その薬を「リライフ」研究所に渡された27歳のニートの主人公は、高校生を一年間だけやり直す。主人公は、どんな風にやり直すのか?「リライフ」研究所の目的は何か?

一方、『恋と嘘』のあらすじは、こんな感じ。

16歳になると、政府から結婚相手が指名され、人々はその相手と結婚しなければいけない。自由な恋は許されない。うだつがあがらない主人公16歳は、通知が来る前に、密かに恋心を抱いていた女性に気持ちを打ち明ける。予想外にうまくいったけど、通知がきて指名された女性も、すごく美人。いきなりハーレム状態。どうする主人公!?

少年マンガと青年マンガの違いは、何か?

これは、純文学と大衆小説の違いのようなものだと僕は思っている。

あくまでも、僕の中の定義だけど、少年マンガは、設定の面白さとストリーテリングでみせる。一方、青年マンガは、設定ではなく、人間の細かい、心理描写の積み重ねで、物語を紡ぐ。

例えば、僕が編集している『宇宙兄弟』の設定は……

幼少時代、星空を眺めながら約束を交わした兄・六太と弟・日々人。2025年、弟は約束どおり宇宙飛行士となり、月面の第1次長期滞在クルーの一員となっていた。一方、会社をクビになり、無職の兄・六太。弟からの1通のメールで、兄は再び宇宙を目指しはじめる!

『ReLIFE』や『恋と嘘』と比べると、設定の奇抜さがなく、「これ、どんな物語だろう?」と思わせる力は弱い。魅力は人物描写だから、読んでもらって、六太や日々人と接してもらわないと伝わらない。『SLAM DUNK』ですら、数多あるスポーツマンガと比べて何がすごいかは、桜木の魅力に触れて初めて気づける。作品の魅力は、物語の設定ではない。(僕にとって『SLAM DUNK』は少年も読める青年マンガだ)

少年マンガは、設定が重要だから、その設定を受け入れることができないと、作品を楽しむことが難しい。その意味において、『ReLIFE』 と『恋と嘘』の設定を、僕はすぐに受け入れることができた。

『ReLIFE』の場合は、高校へ行った主人公が、筆箱を持っていくのを忘れるシーンがある。そして、大人になって、筆箱を持つ習慣がなくなっていたと気づく。そのシーンを読みながら、僕が高校生に戻っても、おんなじミスを犯しそうだなと思った。そういう細部の感覚にリアリティがあって、世界へと入っていける。

『ReLIFE』夜宵草 (report 9. 習慣の違い)

『恋と噓』は、僕らの世代にとっての『電影少女』の現代版だ。男にすごく都合がいい物語だけど、ついつい読んでしまう(笑)

どちらも、ニートだったり、うだつがあがらなかったりする主人公だ。彼らが夢のように楽しい経験をする。読者を現実逃避させてくれる物語だ。

僕は、基本的に読者に現実を突きつける作品が好きだから、そういう作品の編集をすると思う。普段の僕の好みとは違う作品だけど、2作品ともすごく面白かった!

どちらも無料ですぐに読めるから、読んでみてほしい。


電影少女 全9巻完結(文庫版)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

購入&サポート、いつもありがとうございます!すごく嬉しいです。 サポートいただいた分を使って、僕も他の人のよかった記事にどんどんサポート返しをしています!

その反応が、自己分析のきっかけになります!
13
コルク代表・佐渡島のnoteアカウントです。noteマガジン『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』、noteサークル『コルク佐渡島の文学を語ろう』をやってます。編集者・経営者として感じる日々の気づきや、文学作品の味わい方などを記事にしています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。