見出し画像

つまらないのは、対象ではなく、自分自身だ

この木を見て、あなたは何を思うだろう?


僕は、何を思わずに通り過ぎた。その時、僕は、明治神宮の宮司さんと一緒にいた。宮司さんがぽろっと言った。

「木が生えている時は、幹から緑は生まれない。ですが、切り倒されると、このように緑が芽生えてくる。本当に不思議ですよね」

その言葉を聞いて、急に今まではただの切り株だったが、生命の象徴のように感じた。

『インベスターZ』で、面白くない映画の途中で、映画館の席を立てるかどうかで、主人公財前の投資家としての資質を見定めるシーンがある。損切りできるかどうか。「ここまでの時間とお金を使ったのにもったいない」と考え、惰性でつまらない映画を続けてしまう人は投資には向かないことを伝えるエピソードだ。

自分の価値観が明確で、自分が良いと感じるものだけに自分の全ての時間を集中して費やしていく姿は、カッコいい。

同時に、つまらないものの中に、面白さを見つけられる人もカッコいい。いや、こちらの方が、よりカッコいいと僕は思う。

大人になると、自分の価値観が定まってくる。お金や社会的地位を使って、自分の期待通りに物事を動かしたいと思う。身も蓋もない言い方をすると、大人は、自分に都合がいいものをいいものを好きだと思う。

子育てをしていると、子供は思った通りに動いてくれない。不都合なことばかりだ。でも、その子供を愛おしいと思う。一見、全く魅力的でない出来事、オムツを変えるとかも過ぎ去ってしまうと、貴重な経験になる。

つまらないものを、つまらなくしているのは、対象ではなく、自分なのだ。刺激が強いものから、面白さを得ることは誰でもできる。刺激が弱いものの中から、面白いもの、愛おしいものを見つけるのは、観察力がいる。

新人マンガ家と新作を作ることにずっと時間をかけている。マンガ家には、誰もを一瞬で魅了する奇抜なアイディアを考えてほしいとは思ってない。そんなものは、他の作品もすぐに真似て、10年後にはそのアイディアを思いついた人のことなど誰も覚えていない。

マンガ家の才能とは、誰もが見逃す、些細なことの魅力を、誰でも気づけるくらいわかりやすく伝えることだと僕は思っている。

誰もがつまらないと思って、平気で捨ててしまうもののなから、宝物を見つけ出す。それが作家なのだ。


今週も最後まで読んでくれて、ありがとう!

ここから先のマガジン購読者向け部分では、「僕の日記」「購入した本」「観た映像作品」をシェアしていきます。日々の行動やインプットから、僕の思考は生まれているので、その原材料のようなものを公開しています。


この続きをみるには

この続き: 4,276文字
記事を購入する

つまらないのは、対象ではなく、自分自身だ

佐渡島庸平(コルク代表)

500円

この記事が参加している募集

コンテンツ会議

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

購入&サポート、いつもありがとうございます!すごく嬉しいです。 サポートいただいた分を使って、僕も他の人のよかった記事にどんどんサポート返しをしています!

ありがとう!コメントももらえると嬉しいです!
203
コルク代表・佐渡島のnoteアカウントです。noteマガジン『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』、noteサークル『コルク佐渡島の文学を語ろう』をやってます。編集者・経営者として感じる日々の気づきや、文学作品の味わい方などを記事にしています。

こちらでもピックアップされています

コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』
コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』
  • ¥800 / 月
  • 初月無料

『宇宙兄弟』『ドラゴン桜』などのマンガ・小説の編集者でありながら、ベンチャー起業の経営者でもあり、3人の息子の父親でもあるコルク代表・佐渡島庸平の思考を「おすそ分け」していくマガジンです。表では書きづらい個人的な話を含め、日々の日記、マンガや小説の編集の裏側、ここだけの対談レポート記事などを公開していきます。 詳しくは:https://www.sady-editor.com/n/ncaf941f64a0d

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。