スクリーンショット_2020-03-11_8.37.05

メディアが変わると分人が変わる。

短歌と俳句の違いは何か?

どちらも5・7・5のリズムで日本語で表現する。でも、短歌と俳句というメディアの差で、表現する内容は随分と変わる。その差は、やってみるとわかる。やってない人には、そんな差はないように感じる。

コンテンツは、メディアによって変わる。

SNSをしない人には、ブログはブログ、動画は動画だと思う。しかし、実際に触り出すと、設計者の意図以上にメディアは、個性を持ち出す。メディアごとの特性は、触ってみないとわからない。

はてな、アメブロ、Livedoorブログ、noteでは、トンマナがは全く違う。動画でも、インスタとYoutube、ツイッターでは振る舞い方が大きく変わる。

僕自身、noteとYoutubeの毎週更新を1年以上続けてきたが、伝えたいことは同じでも、伝え方は別々になる。文章だと長く感じない説明が、動画だと長く感じてしまう。

noteとYoutubeでは、僕の違う分人が引き出されると言ってもいい。

noteは、自分のためのメディアだ。実際、noteは、多くの人に文章を見せる意思なく、日記を書いている人も多いだろう。コメントも、作者とコメントを書いた人がコミュニケーションするようにはなっていないし、コメントを書いた人同士のコミュニケーションを促進するようになっていない。

なので自然と、感情的な文章よりも、情報的な文章の方が、広がりやすい。noteに文章を書くことで、僕は思考を整理している。日常生活でnoteの感想を言ってくれる人は少ない。整理した思考を載せているので、僕に話しかける人も、思考を整理する必要性を感じさせるのだと思う。

そのnoteの特徴に気づいたのは、Vtuberをやめて、佐渡島庸平本人として、Youtubeを更新しはじめてからだ。このブログのPVと比べて、動画の再生数は少ない。でも、みんな、気軽に話しかけてくる。

Youtubeでは、話している内容だけでなく、僕という人間は伝わっている。声・表情・身振り手振りなど、伝えられる情報量が多いことに加え、画面越しに話しかけるように伝えるので、観ている人に親近感が湧く。視聴者とのコミュニケーションになっている。

noteは自分の「内」に向き合う要素が強いのに対し、Youtubeは「外」に向かってコミュニケーションをする要素が強い。

noteでは、まだ整理されていない自分の考えや感情の言語化に取り組むので、書き終わると疲労する。noteを書き終えた後の僕は、口数が少なくなる。もしかしたら、不機嫌と勘違いされるかもしれない。

逆にYoutubeでは、僕自身が撮影を楽しめたかどうかが最も大切になる。僕自身が楽しいと思っていないと、観ている人も楽しくなれない。撮影のある日は、軽口が多くて、機嫌がいいと思われるかもしれない。

このnoteのタイトルは、「好きのおすそ分け」だけど、より解像度をあげると、noteでは自分の好きを分析して詳しく知り、Youtubeで自分の好きをおすそ分けする。

noteとYoutube、両方で発信すると飽きるかなと懸念していたのだけど、相乗効果があって、時間も別に倍増しなかった。

引き続き、更新を続けるなかで、この気づきがどう変わっていくのかが楽しみだ。

***

今週も読んでくれて、ありがとう!

この先の有料部分では、「僕の日記」をシェア。僕の思考の原材料を公開します。

月800円の『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』マガジンの購読者になると、毎週水曜日に更新される記事の有料部分だけでなく、不定期にでる有料記事も含まれるので、金額的には随分お得です。

この続きをみるには

この続き: 2,614文字 / 画像1枚
記事を購入する

メディアが変わると分人が変わる。

佐渡島庸平(コルク代表)

500円

この記事が参加している募集

noteでよかったこと

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

購入&サポート、いつもありがとうございます!すごく嬉しいです。 サポートいただいた分を使って、僕も他の人のよかった記事にどんどんサポート返しをしています!

その反応が、自己分析のきっかけになります!
108
コルク代表・佐渡島のnoteアカウントです。noteマガジン『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』、noteサークル『コルク佐渡島の文学を語ろう』をやってます。編集者・経営者として感じる日々の気づきや、文学作品の味わい方などを記事にしています。

こちらでもピックアップされています

コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』
コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』
  • ¥800 / 月
  • 初月無料

『宇宙兄弟』『ドラゴン桜』などのマンガ・小説の編集者でありながら、ベンチャー起業の経営者でもあり、3人の息子の父親でもあるコルク代表・佐渡島庸平の思考を「おすそ分け」していくマガジンです。表では書きづらい個人的な話を含め、日々の日記、マンガや小説の編集の裏側、ここだけの対談レポート記事などを公開していきます。 詳しくは:https://www.sady-editor.com/n/ncaf941f64a0d

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。