スクリーンショット_2020-03-04_0.24.27

「つまらない」が実は宝だ!!

編集者は、世間がまだ気づいていない「面白い」を発見する仕事だ。

「面白い」は青い鳥のようなもので、それを追い求めていると見つからない。逆に「つまらない」に着目すると急に見つかる。

「つまらない」は、2通りある。

難しすぎて、わけが分からなくてつまらない。その時は、その難しさをほぐすことができれば面白くなる。

もう一つは、繰り返しなんどもやっていて、飽きてしまってつまらない。その時は、繰り返しやる中で、その人にとっては当たり前だけど、世間が知らない新情報がある。そこにスポットライトを当てると面白くなる。

このことを、僕に気づかせてくれたのは、『ドラゴン桜』の作者の三田さんだ。

講談社に入社して一年目。三田さんは、僕が灘高、東大卒のであることを「東大卒のマンガ編集者にはじめて会った」と珍しがってくれた。そして、雑談のなかで、「東大合格者を100人生み出す学園マンガなんて面白いんじゃないか」と三田さんが口にした。

当時の僕は、そのアイデアに大反対。そんなマンガは誰も読みませんと言い切っていた。なぜなら、早慶より東大に行くほうが簡単で、主人公たちが挑戦するハードルとしては低すぎると思ったからだ。三田さんがずっと描いてきた甲子園球児の方がずっと難しい挑戦をしている。

実際に、灘高では高2までは遊びまくっていて、高3の当初で偏差値40くらいだった人が、1年間の勉強で東大に合格するケースがよくある。東大の入試は、基礎を抑えれば、あとは応用で解ける。だが、早慶の場合は暗記量がものを言うので、過去問対策にしっかりと取り組まないと合格できない。1年弱の勉強で現役合格を目指すなら、早慶よりも東大のほうが簡単というのは、進学校では常識。

それに東大入試って、満点を目指すわけではない。文系だと数学4問のうち、1問も解けてない人でも合格できている。60%取れれば、合格できる。問題をみて分からなくても悲観する必要はない。そのことも進学校では常識だった。

常識をマンガで描いても、つまらないと思ったのだ。

だが、三田さんは、そんな常識は世間では誰も知らないから、マンガで描く価値がある。僕が世間も知っていると勘違いしているだけだと三田さんは言う。全く自信が湧かないまま誕生したのが『ドラゴン桜』だ。

当初、僕は不安だった。でも、蓋を空けてみたら大ヒット。(少し時間はかかったけど)僕にとって、当たり前でつまらないと思っていたものが、世の中にとっては新鮮で面白いと受け入れられることを知った原体験となった。

そして、『ドラゴン桜』の取材では、僕自身が、相手の「つまらない」に着目することで面白いを発見する機会を何度も体験した。

担当編集の僕は、ドラゴン桜で使えそうな勉強法のネタ集めをして、それを三田さんに紹介する役割を担っていた。それで、様々な教育関係者の人に取材をしたのだが、「この勉強法はユニーク」と相手が思っているネタの多くは、特殊事例すぎてマンガには使えないものだった。

でも、取材終わりにポロっとこぼす何気ない一言が面白い。

例えば、遅刻や欠席が少ないクラスは進学実績が良くて、遅刻とか欠席が多いクラスは進学実績が悪いという話。具体的な勉強法の話ばかり聞いてきた僕としては、そもそもの土台として生活習慣を整えることが大事という内容は目から鱗だった。だが、相手はそんなのは当たり前だと思っていて、「その話を詳しく聞きたいです!」と切り込むと、これはどの先生も知ってることだよ。わざわざ自分が話さなくても、と言う態度になる。

このように、相手にとっては当たり前すぎて取材で話す必要がないと感じていることが、新鮮で格好のネタになることは実に多い。

その領域のプロになるとは、経験を重ね成熟していくなかで、新鮮さや初々しさを失っていくことでもある。その結果、どうしても世間と自分が感じる面白さにギャップが生まれてしまう。

だから、今、「自分は面白いことを何も言えない」と思っている人も、世間の人から見たら面白いネタを大量に持っている可能性がある。

当たり前すぎて、自分が面白さを感じなくなってきていることにこそ、自分の「強み」は宿っているのだ。

自分が「つまらない」と感じるものに宝は眠る。

だから、「自分の強みがわからない」と悩んでいる人は、自分がつまらないと思っていることも、他人に話してみたり、noteやSNSで発信することをオススメしたい。

それが、自分の強みを見つける最大の手段となるはずだ。

僕は過去の話はしない、今の自分の考えをアップデートするためにブログを書くと決めていた。けれど、それは強みをうまく活かしていないのではないかと指摘され、今後は、過去の成功体験を今の視点で語り直すことを何度かしていこうと思う!

***

今週も読んでくれて、ありがとう!

今週の内容をyoutubeでも撮ってみた。動画で見るか、ブログで読むか。自分の好きな方で情報を摂取して!試行錯誤していて、まだうまくいってないので、ぜひ応援してください!!

この先の有料部分では、「僕の日記」をシェア。僕の思考の原材料を公開します。

月800円の『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』マガジンの購読者になると、毎週水曜日に更新される記事の有料部分だけでなく、不定期にでる有料記事も含まれるので、金額的には随分お得です。


この続きをみるには

この続き: 3,205文字 / 画像1枚
記事を購入する

「つまらない」が実は宝だ!!

佐渡島庸平(コルク代表)

500円

この記事が参加している募集

私のイチオシ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

購入&サポート、いつもありがとうございます!すごく嬉しいです。 サポートいただいた分を使って、僕も他の人のよかった記事にどんどんサポート返しをしています!

その反応が、自己分析のきっかけになります!
172
コルク代表・佐渡島のnoteアカウントです。noteマガジン『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』、noteサークル『コルク佐渡島の文学を語ろう』をやってます。編集者・経営者として感じる日々の気づきや、文学作品の味わい方などを記事にしています。

この記事が入っているマガジン

コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』
コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』
  • ¥800 / 月
  • 初月無料

『宇宙兄弟』『ドラゴン桜』などのマンガ・小説の編集者でありながら、ベンチャー起業の経営者でもあり、3人の息子の父親でもあるコルク代表・佐渡島庸平の思考を「おすそ分け」していくマガジンです。表では書きづらい個人的な話を含め、日々の日記、マンガや小説の編集の裏側、ここだけの対談レポート記事などを公開していきます。 詳しくは:https://www.sady-editor.com/n/ncaf941f64a0d

コメント (1)
覚えていらっしゃらないかと思いますが、昨年「CancerX」というイベントで一緒に登壇させてもらった医師の西智弘と申します。ご無沙汰しております。
定期購読会員となって毎月読んでいます。今回、有料部分に「観察についての・・・」のお話があったので、参考になればと僕のnote「死ぬ前に感じること」を紹介させてください。
https://note.com/tnishi1/n/nc75098ecb080
僕ら緩和ケア医は「死」をたぶん日本の中で一番日常的に観ている職業です。僕らにとって日常、当たり前、と思っていることでもそれ以外の方にとっては興味深いところってあるんだろうな、と僕も思います。「死ぬ前に感じること」という声も、僕ら医療者のスキルアップのために集めたのですが、それ以外の方にも実は宝になるのかもしれませんね。
佐渡島さんが「観察についての・・・」で、どういった観察を集めていらっしゃるかの詳細が分からないので、当てずっぽうになってしまいますが、「死までの生」の観察記録が何か役に立てばいいなあ、と思ってシェアさせていただきました。これからも記事の配信楽しみにしています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。