見出し画像

模倣者は変化できず、本物は変化し続ける

売り切れ

 千葉にユーカリが丘という街がある。

 義理の姉夫婦が住んでいるので、行ったことがある。その時は、ただ郊外の街だとしか思わなかった。よくある平凡な街だと記憶しただけで、ほぼ印象がなかった。

 ユーカリが丘という街は、山万という会社が生み出した街だ。その街のほとんどの土地を山万という一企業が持っている。街の名前も山万がつけた。未来を意識して、カタカナ、ひらがな、漢字を組み合わせたそうだ。

 山万のホームページはこちら。サイトから、山万の先進性は感じれない。http://www.yamaman.co.jp/ 先進的なことをしていると、自分たちの先進性を伝えることには無頓着になるいい例だ。しかし、読み込むと、このサイトにも思想は埋め込まれいる。

 一見すると、普通の街だが、裏側にある思想、街が動いている原理が、他とはまったく違う。

 同じように、渋谷にはカフェマメヒコという喫茶店がある。美味しい、おしゃれな喫茶店。一時期、食べログの点数が高かったが、今はそれも少し高めに戻った。このカフェのオーナー井川さんに僕は魅了されている。山万に興味を持ったのと同じ理由だ。

 一見すると普通の喫茶店だが、ユーカリが丘と同じように裏側にある思想、原理が他の喫茶店とはまったく違う。

 両者から受けた衝撃は、僕の中でまだ十分、思考が発酵していなくて、言語化できていない。

 共通していたのは、コミュニティをつくるために、30年、50年先を見据えて、戦略を練っているところだ。というと、綿密な計画が立てられていて、それに従っている姿を想像するかもしれない。しかし、まったく逆だ。朝令暮改が当たり前。2、3年先のことしか決まっていない。それで、時代に合わせて、最適な形で変化している。

 山万は、いい街をつくる、ということに首尾一貫している。サイトには、「時代に応じて変化していくもの、永遠に変わらないもの」という言葉がある。

 一方、カフェマメヒコは、「あなたの体をつくる」ということからぶれていない。喫茶店の常識に縛られていると、料金や制度がよく変わる、お客を大切にしていないお店にうつるかもしれない。なぜ、劇をやったり、映画をつくっているかの、意味がわからなだろう。でも、すべての行為が、「あなたの体をつくる」というメガネをかけてみると一切、変わっていない。手段だけが、時代と井川さんの得た知識によって変わっていってるだけだ。1年ぶりとかに井川さんと話すと、本質がぶれずに、時代に合わせてあり方を変えていて驚く。

 両者に共通しているのは、変化を恐れていないことだ。本質を捉える努力をしている人は、その努力に自信があるから、手段を変えることを恐れない。逆に、時代が変化しているのに手段が同じで、目的へと近づくのが遅れてしまうことを恐れている。

 本物を模倣する人は、手段を模倣する。手段を模倣した人は、時代に合わせて変えることができない。一度、習慣化した手段を、原理主義的に守ってしまう。

 模倣する人は変われなくて、本質を追い求める人は、変わり続ける。それが、ユーカリが丘に行って僕が気づいたことだ。

 今週の8日は、「We are lonely, but not alone」の発売日。ぜひ、#コミュニティを考える で感想や自分なりのコミュニティ体験を書いてください。読みます。

 ブログの購入&サポートありがとうございます。コルクのビジョンは、「心に届ける」。サポートをしてくれる人がいると、文章がしっかり心に届いたとわかります。PVとは違う、届いた深さがわかるのがうれしい。たった数人でも深く伝わるとうれしいです。ありがとうございます!

 コメントもありがとうございます。細分化は、よくわからなかったという反応も個別にもらったりして、反応が分かれたのが再思考するのに参考になりました。

 有料部分は、日記になります。

この続きをみるには

この続き: 2,024文字
記事を購入する

模倣者は変化できず、本物は変化し続ける

佐渡島庸平(コルク代表)

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

購入&サポート、いつもありがとうございます!すごく嬉しいです。 サポートいただいた分を使って、僕も他の人のよかった記事にどんどんサポート返しをしています!

ありがとう!コメントももらえると嬉しいです!
174
コルク代表・佐渡島のnoteアカウントです。noteマガジン『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』、noteサークル『コルク佐渡島の文学を語ろう』をやってます。編集者・経営者として感じる日々の気づきや、文学作品の味わい方などを記事にしています。

こちらでもピックアップされています

コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』
コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』
  • ¥800 / 月
  • 初月無料

『宇宙兄弟』『ドラゴン桜』などのマンガ・小説の編集者でありながら、ベンチャー起業の経営者でもあり、3人の息子の父親でもあるコルク代表・佐渡島庸平の思考を「おすそ分け」していくマガジンです。表では書きづらい個人的な話を含め、日々の日記、マンガや小説の編集の裏側、ここだけの対談レポート記事などを公開していきます。 詳しくは:https://www.sady-editor.com/n/ncaf941f64a0d

コメント (2)
奥様の手術無事に終わって良かったですね。
奥様が仰っている子育ては楽しいけど無為に時間が過ぎる、という感覚とてもよくわかります。それを旦那さんと共有するのが難しい。何かが起こってはじめてわかったりしますよね。それに気づかれた佐渡島さんの感覚をぜひ世の中の男子たちに伝えていただきたいです。奥様の手術が無事に終わられて良かったです。なんでしょう、少し他人事じゃない感じがしました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。