スクリーンショット_2019-12-31_19

5分の継続で人は変わるのか、自ら実験!

2019年は、初心に戻った年だった。
2020年は、さらに初心に戻る。

2019年は、新人マンガ家たちと「今の時代にあったマンガ」をつくることに注力した。『コルクラボマンガ専科』、『コルクラボ編集専科』といった学校を立ち上げ、講義内容を作る中で、何度も初心に立ち返った。

マンガとは何か、編集とは何かを、繰り返し自問した。

新人マンガ家たちの作品にフィードバックをすると、「絵」について触れざるをえない。なかなか絵が成長しない新人は「自分の絵が下手なのは仕方がない。描き続けていれば、いつかうまくなる」と考えていることが多い。でも、そんな風に思っていると、いつまで経っても上達しない。

新人マンガ家に大事なのは、開き直ることではなくて、「苦手」という思考停止ワードをなくすことだ。「習慣」によって、自分を変えること。絵も「習慣」によって変えられる。

わざわざドラッカーを持ち出す必要はないかもだけど、ドラッカーは習慣について、こんな言葉を残している。

“成果をあげる人とあげない人の差は才能ではない。いくつかの習慣的な姿勢と、基礎的な方法を身につけているかどうかの問題である”

「気合い」でも「努力」でもなく、毎日の「習慣」を組み込む。事前の準備を新人マンガ家のみんなには、できるようになってほしい。

そこで、マンガ家の思考を変えるためにも、僕の編集姿勢を今年は変えようと思う。僕自身が習慣によって、苦手をなくしていく。その様子で、新人マンガ家の意識を変えることを目指す。

今年はさらに初心に戻る。
継続で人は変われることを証明する。

マンガ編集者なのに、「絵はマンガ家の領分で、編集者は絵が描けなくてもいい」と決めつけて、絵を学ぼうとしたことがなかった。

そこで、毎日5分間絵の練習を続ける

コルクラボマンガ専科のイラスト講師に師匠になってもらって、課題を出してもらうことにした。

まずは、フリーハンドで円をキレイに描くことから始める。12月半ばから練習を開始したのだが、なかなか難しい。たかが円ですら、ここまでまともに描けないのかと驚愕した。

画像1

画像2

そして、描いたものをSNSにアップしていく。練習なしで始めた方が衝撃的だったのかもしれないけど、見栄もあり、半月くらい練習して、ちょっとはマシに描けるようになった円から初日はスタート。

2020年の12月31日、僕はどんな絵をTwitterに上げているだろう。そもそも続いているのか? 自分自身でも今年の自分の変化がこれからが楽しみだ。

よりいい編集者になりたい。自分も絵を描くことによって、眼の解像度を上げて、もっといいアドバイスをできるようになりたい。

自分の「いい面」ばかりをSNSに投稿するのではなく、「できない部分」も共有することによって、見ている人は応援してくれることを、身をもって新人マンガ家に見せたい。

新人マンガ家は、完成した原稿じゃないとSNSにアップしてはいけないと思っていることが多い。自分が変わっていく様子をSNSにあげてもいいと思うと、SNSとの付き合い方が楽になる。

僕は今年一年、「#5分の習慣」で毎日ツイッター、インスタに投稿していく。

同じような努力をしている人が多ければ多いほど嬉しいので、このブログを読んで自分も何かしてみようと思った人は、ぜひ、同じハッシュタグで小さい習慣を生活に取り入れていこう。お互いに心が折れかけた時に、助けになる。

***

今週も読んでくれて、ありがとう!

ここから先の有料部分では、「僕の日記」をシェア。僕の思考の原材料を公開していきます。

ちなみに月800円『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』マガジンの購読者になると、毎週水曜日に更新される記事の有料部分が毎回読めたり、その他の記事も全て読めて、随分お得です。

この続きをみるには

この続き: 4,021文字 / 画像1枚
記事を購入する

5分の継続で人は変わるのか、自ら実験!

佐渡島庸平(コルク代表)

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

購入&サポート、いつもありがとうございます!すごく嬉しいです。 サポートいただいた分を使って、僕も他の人のよかった記事にどんどんサポート返しをしています!

ありがとう!コメントももらえると嬉しいです!
235
コルク代表・佐渡島のnoteアカウントです。noteマガジン『コルク佐渡島の好きのおすそ分け』、noteサークル『コルク佐渡島の文学を語ろう』をやってます。編集者・経営者として感じる日々の気づきや、文学作品の味わい方などを記事にしています。

こちらでもピックアップされています

コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』
コルク佐渡島の『好きのおすそわけ』
  • ¥800 / 月
  • 初月無料

『宇宙兄弟』『ドラゴン桜』などのマンガ・小説の編集者でありながら、ベンチャー起業の経営者でもあり、3人の息子の父親でもあるコルク代表・佐渡島庸平の思考を「おすそ分け」していくマガジンです。表では書きづらい個人的な話を含め、日々の日記、マンガや小説の編集の裏側、ここだけの対談レポート記事などを公開していきます。 詳しくは:https://www.sady-editor.com/n/ncaf941f64a0d

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。