コルク佐渡島の好きのおすそわけ -深く感じる文学の嗜み方-

68
記事

いつか、この2人が世界を変える。僕が見込んだ才能たちを紹介。【佐渡島の部屋 #01】

現在、僕はマンガの新しい「つくり方」、マンガ家の新しい「あり方」を模索している。 雑誌で連載し、単行本を出すことだけが、マンガ家の全てじゃない...

500

知識は沢山あっても困らない、という誤解

『育成の本質』という本のこの文章を読んだ瞬間、自分の浅はかさに気がついた。 ”教えたくなるのは、知識が中途半端に少ないときだと思います。そうい...

500

締め切りのうまい使い方

締め切りは、創作の女神と言われる。 そして、編集者の重要な仕事の一つとして、締め切りの管理というものがある。作家にどのように締め切りを伝えるか...

500

鍛えるべきは美意識と観察力。 クリエーターとして表現を磨くための「マインドセット」...

編集者として新人マンガ家を担当する時に、必ずぶち当たる壁がある。それは、どうやって「表現力」を上達させるかだ。 どんなに面白いストーリーを考え...

1,200

編集者の仕事をアップグレードする!

この1年間で、僕の編集者観は一変した。 編集者としての振る舞い方も、全く変わった。 そして、今、着実に手応えを感じている。 20代の僕が、今の僕の...

500

自己認識を深める鏡の探し方

誰かのことを、「セコい」とか「ずるい」とか、思ったことがあるだろうか? 僕は、ある。そして、ちょっと時間が経って、実はセコかったり、ずるかった...

500

極端なことを、真剣に考えてみる価値

いい企画は、世の中の見え方をがらっと変える。 新人マンガ家とたくさんの新連載の準備をしているため、いろんな企画を「あーでもない」「こーでもない...

500

コルク佐渡島のコンテンツ履歴 (19.12)

毎週水曜日の記事の有料部分でやっていた「僕が買った本・マンガ」と「僕が観た映画」。今月より「コルク佐渡島のコンテンツ履歴」として、先月の内容を...

500

5分の継続で人は変わるのか、自ら実験!

2019年は、初心に戻った年だった。 2020年は、さらに初心に戻る。 2019年は、新人マンガ家たちと「今の時代にあったマンガ」をつくることに注力した。...

500

『観察力』を鍛える唯一の愚直な方法

一流のクリエーター、経営者は、みなセンスがある。 では、「センス」とは何か? それは「観察力」によって暗記したことを元に下す決定のことではない...

500